松田 優作
Yusaku Matsuda

NEWS
ニュース

2021.03.08

大物映画監督と伝説の担当ディレクターの対談が実現 YouTubeにてプレミア公開決定!

3月10日に松田優作ベストアルバム『YUSAKU MATSUDA 1978ー1987 MEMORIAL EDITION』のリリースを記念して、トレーラー映像の公開やタワーレコードの“NO MUSIC NO LIFE”意見広告のポスターに登場など、松田優作に纏わるに話題が続く中、新たに松田優作と関係性が深かった二人のレジェンドの対談がYouTubeにてプレミア公開されることが発表された。

松田優作とプライベートでも交遊があり、今作に初映像化として収録されている盟友だけで開催された追悼シークレットライブや昨年リリースされたDVD「松田優作・メモリアル・ライブ」の演出を務めた、映画監督崔洋一氏と、松田優作の所属レコード会社であったビクターの担当ディレクターであり、数多くののミュージシャンを育成してきた高垣健氏を迎え、“音楽人 松田優作”について二人だからこそ語ることの出来る内容満載の対談となっている。司会は今回のCDの企画協力者であり、松田優作関連のCD復刻も多数手掛ける音楽ライターの高島幹雄氏。これまであまり語られてこなかった松田優作の音楽の魅力を十二分に掘り下げる特別プログラム。是非ご視聴頂きたい。



松田優作『YUSAKU MATSUDA 1978ー1987 MEMORIAL EDITION』発売記念YouTube Special Talk
「音楽人 松田優作」を語る 崔洋一×高垣健 前編Part.1

【3月9日(火) 20:00よりYouTubeにてプレミア公開】 全4話 ※期間限定公開 4月8日(木)まで


□ビクターチャンネル https://youtu.be/i3fELfYbUZo
□東映ビデオチャンネル https://youtu.be/tDJBdZ2Rcgs


崔洋一(さいよういち)
1949年7月6日生まれ。78年に松田優作主演の『最も危険な遊戯』のチーフ助監督を務める。83年に内田裕也主演『十階のモスキート』で映画監督デビュー。以後、数多くの作品を世に送り出し、『月はどっちに出ている』(93年)、『血と骨』(04年)は数々の映画賞を受賞。松田優作がイメージ・キャラクターを務め、一世風靡した『焼酎貴族トライアングル』のTV CMの演出を担当。

高垣健(たかがきたけし)
1948年12月5日生まれ。ビクターエンタテインメントOB。71年日本ビクター(現 JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)入社。75年ロック・レーベル『フライングドッグ』立上げに参加。77年『インビテーション』レーベルに配属。92年レーベル『スピードスターレコーズ』設立。03年常務取締役。これまでの担当アーチストは、泉谷しげる、UA、A.R.B.、くるり、Cocco、斉藤和義、サザンオールスターズ、シーナ&ロケッツ、PANTA、プラスチックス、松田優作など多数。

SHARE

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

NEWS ニュース

VIDEO ビデオ