松本 伊代
Iyo Matsumoto

NEWS
ニュース

2021.12.22

40周年アルバムリリース&新曲「イエスタデイ・ワンス・モア」MV公開!

40周年記念アルバム『トレジャー・ヴォイス』リリース!
筒美京平の未発表曲に湯川れい子が作詞した新曲「イエスタデイ・ワンス・モア」のMV公開!

 1981年10月21日に「センチメンタル・ジャーニー」で歌手デビュー、“花の82年組”の代表的存在として史上最年少(当時)の日本武道館公演を成功させるなど、トップアイドルとして活躍してきた松本伊代。近年は理想の夫婦として注目されるなど、多方面で話題を提供しています。

 その松本伊代がデビュー40周年を記念して、30年ぶりに全曲ニューレコーディングしたアルバム『トレジャー・ヴォイス [40th Anniversary Song Book] Dedicated to Kyohei Tsutsumi』が、本日、12月22日(水)にリリースされました。松本がすべて新録によるアルバムをリリースするのは1991年1月21日に発売された『MARIAGE~もう若くないから』以来で、待望の新作となります。

 また収録曲として、昨年(2020年)10月7日に亡くなった故・筒美京平の未発表のメロディが新曲「イエスタデイ・ワンス・モア」としてレコーディングされたことが発表されていましたが、本日、そのミュージックビデオが配信リリースされました。

・「イエスタデイ・ワンス・モア」MV


 40周年アルバムのタイトル“トレジャー・ヴォイス”は、デビュー曲「センチメンタル・ジャーニー」をはじめ、松本伊代に数々の名曲を提供した筒美京平の言葉にちなんだネーミング。
 筒美は生前、「はっきり言って美声ではないが、実にユニークな響きのある声、ちょっと甘えっぽく、少年的でもある伊代さんの声が私は大好きです。『真夏の出来事』を唄った平山三紀の低くブツブツ切れる様な声、少年時代の郷ひろみの妙に鼻に抜ける声と共に私の好きな三大ヴォイスのひとつです。」(2004年発売『松本伊代BOX』ライナーより抜粋)と松本にメッセージを寄せていました。

 この度リリースされた新曲「イエスタデイ・ワンス・モア」は、1975年頃、当時のビクターのディレクターが筒美から預かった未使用のメロディで、たまたまリリースをする機会を逃していたもの。作詞は、同じく「センチメンタル・ジャーニー」を手がけた湯川れい子が担当しました。
 その湯川は「京平先生の新曲があるなんて、夢のようです。ドキドキしながら聴かせていただいたら、やっぱりただものではないメロディです。実は『センチメンタル・ジャーニー』はドリス・デイ、『ラブ・ミー・テンダー』はエルヴィス・プレスリーの大ヒット・ナンバーでした。そこで今回も、何か歴史に残る洋楽のタイトルを考えて欲しいと言われて、頭に浮かんだのがカーペンターズの大ヒット曲『Yesterday Once More』だったのです。あのカレン・カーペンターの、一度聴いたら忘れられない癒しの声。そして伊代ちゃんの、長い年月を感じさせない甘い魅惑の声」をイメージして書いたとコメントしています。

 その他の収録曲も、すべて筒美京平作品で構成。自身のオリジナル曲からは、「センチメンタル・ジャーニー」、「ラブ・ミー・テンダー」、「虹色のファンタジー」、「ビリーヴ」、「ポニーテイルは結ばない」の5曲をセルフリメイク。演奏はオリジナルの音源を使用し、すべてニューボーカルで録音されました。
 また、筒美への敬意を込めて、「くれないホテル」(オリジナル:西田佐知子)、「真夏の出来事」(オリジナル:平山三紀)、「あなたがいたから僕がいた」(オリジナル:郷ひろみ)、「シンデレラ・ハネムーン」(オリジナル:岩崎宏美)を収録。
 カヴァー4曲と新曲の編曲を担当したのは、4月に国際フォーラムで開催された筒美京平トリビュートコンサートの総指揮を務めた船山基紀。筒美京平メロディを知り尽くしたアレンジャーの力強いサポートにより、松本の“トレジャー・ヴォイス”を活かした仕上がりとなっています。

 同時にリリースされる生産限定盤には、1980年代当時の日本テレビ番組での歌唱シーンを収めたスペシャルDVDが付属(すべて初商品化)。ブックレットには、松本伊代からの最新メッセージに加えて、船山基紀とのスペシャル対談が掲載されます。

<松本伊代コメント>(CDライナーより抜粋)
 早いもので「センチメンタル·ジャーニー」でデビューしてから40年という月日が流れました。
あの頃は「次の曲は出せるだろうか」と不安でいっぱいだった私が、今もこうして活動を続けていられるのは応援してくださったファンの皆さんと、私を支えてくださったスタッフの方たちのおかげ。この場を借りて感謝を申し上げます。
 嬉しいことに、このたび全曲ニューボーカルによる記念のアルバムをお届けできることになりました。それだけでもありがたいのに、歌手・松本伊代を作ってくださった筒美京平先生の未発表曲まで歌わせていただけることになって――。その新曲「イエスタデイ・ワンス・モア」の作詞は、やはりデビュー曲「センチメンタル·ジャーニー」を書いてくださった湯川れい子先生、編曲は京平先生のトリビュートコンサートでお世話になった船山基紀先生!
 日本のポップスを作ってこられたレジェンドの皆さんのお力添えをいただいて、「私ってなんて幸せもの!」と喜びをかみしめています。


*配信情報
『トレジャー・ヴォイス [40th Anniversary Song Book] Dedicated to Kyohei Tsutsumi』
音楽ストリーミングサービスおよびiTunes Store、レコチョク、moraなど主要ダウンロードサービスにて、配信中!
https://jvcmusic.lnk.to/Treasure_Voice

Spotify限定:本人ヴォイス入りプレイリスト
https://open.spotify.com/playlist/4xPXyKACwpKOvRcT1YJxsT?si=d7d06166b69d49cb

SHARE マイアーティスト
メール登録

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

NEWS ニュース

VIDEO ビデオ