細野 晴臣
Haruomi Hosono

NEWS
ニュース

2021.10.15

細野晴臣関連作品3タイトルがリリース!

伝説のユニット「swing slow」、Vampire Weekendとのスプリット盤、「Sayonara America, Sayonara Nippon」を含む
映画音楽集、3作品が12月22日に発売決定。

まずは、細野晴臣とコシミハルの伝説のユニット「swing slow」として、1996年に唯一発表されたアルバム「swing slow」。発売から約25年の歳月を経て、この度、新たにミックスされた「swing slow (2021 mix)」としてCD/LP/配信でリリース。

次の作品は、「Haruomi Hosono / Vampire Weekend」名義の12インチアナログシングル「Watering a flower 2021」。New YorkのバンドVampire Weekendがグラミー賞を受賞した、アルバム「Father of the Bride」に収録の楽曲「2021」は、2019年の発表当時、細野さんが1984 年に発表した「花に水」収録の楽曲「TALKING」をサンプリングしたことで日米で話題に。細野晴臣「TALKING」とVampire Weekend「2021」が、この度、国境やレーベルの壁を越えて、コラボレーション12inchシングルとしてリリース。
A面に収録される細野晴臣「TALKING」のアナログレコード化は初。さらに、B面に収録されるVampire Weekendの「2021」は、この作品制作が決定したことで録り下された新録バージョン「2021 (2021 Version)」もオリジナル楽曲に加えて収録。
アナログ盤のみで限定発売されるマストバイの作品!

そしてもうひとつの作品は、近年の細野さんの映画音楽作品を網羅した「Music for Films 2020-2021」。2019年公開の細野晴臣ドキュメンタリー映画「NO SMOKING」以降、映画「Malu 夢路」、Netflix映画「彼女」、短編映画「+81FILM (Gravity)」に加え、11月12日に公開となる細野晴臣ライブドキュメンタリー映画「サヨナラ アメリカ」で使用された楽曲作品。全曲が初パッケージ化、および「彼女」「+81FILM (Gravity)」作品は初音源化となります。11月3日に先行配信となる「Sayonara America, Sayonara Nippon」も収録。細野ファン、映画ファンのみならず、ぜひともご期待いただきたい作品です。


【作品概要】
2021年12月22日(水)発売
■swing slow 「swing slow (2021 mix)」

・CD:¥3,300(tax in) / VICL-65640
・アナログ盤:¥5,280yen(tax in) / 12inch 2LP/ VIJL-60268~9
・Download & Streaming
>収録内容はこちら

■Haruomi Hosono / Vampire Weekend 「Watering a flower 2021」

・アナログ盤:¥2,750(tax in) / 12inch 1LP / VIJL-60274
>収録内容はこちら

■細野晴臣 「Music for Films 2020-2021」

・アナログ盤:¥4,180(tax in) / 12inch 1LP / VIJL-60275
・Download & Streaming
>収録内容はこちら

SHARE マイアーティスト
メール登録

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

NEWS ニュース