手嶌 葵

NEWS
ニュース

2019.02.15

映画「轢き逃げ -最高の最悪な日-」手嶌葵が歌うテーマソング「こころをこめて」解禁!

水谷豊 監督第2作『轢き逃げ -最高の最悪な日-』テーマソング「こころをこめて」&予告編解禁!

ある地方都市で起きた交通事故。一人の女性が命を落とし、轢き逃げ事件へと変わる。加害者、被害者だけでなく、平穏な日常から否応なく事件に巻き込まれる人々。それぞれの人生が複雑に絡み合い、それぞれの抱える心情、隠された思いが浮き彫りになっていく。だが、本当の「真相」はまだ深い闇の中にあった・・・。初監督作品「TAP -THE LAST SHOW-」における圧巻のタップダンス映像と確かな演出で、監督としての第一歩を踏み出した水谷豊。2作目は一転、他人には見せる事のない“人間の心の奥底”に深く切り込みます。

今回、自ら初めて脚本をつとめた水谷監督が、執筆段階で構想を抱いていたのが、観た人が映画館を出るときに前向きな気持ちになってほしい、そのためには優しく包むような女性の声で最後を締めてほしい、ということ。その思いを受けた制作陣から名前が挙がったのが、映画『ゲド戦記』挿入歌「テルーの唄」でデビュー、その後も数々の主題歌やCMソングを通し、その唯一無二の歌声で多くの人を魅了してきた手嶌葵。透き通る声を持つ女性という監督のイメージとも合致し、即決。すぐにオファーをし、水谷豊監督と手嶌葵の初タッグが実現致しました。



あがってきたデモ音源の中から監督を含めた制作陣で話し合い、今回の楽曲に決定。その後、歌詞がつけられ、レコーディングで手嶌が命を吹き込むことで、水谷監督が作品を通して描きたいと話す“人間の心の奥底”に寄り添う、テーマソング「こころをこめて」(楽曲リリースは未定)が誕生しました。轢き逃げ事件を起こした秀一の親友で、自身も助手席にいた輝が、学生時代聞き続けた思い出の曲という設定。劇中では事故を起こしたあと、秀一の部屋で2人が聞く劇中歌として使用され、そしてエンディングでも物語の余韻とともに映画を締め括る存在として非常に大きな役割を担っています。


<手嶌葵コメント>
水谷さんの作品は多く拝見しているので、お話を頂いた時には非常に嬉しく思いました。
人間、友情、愛情について、そしてその時々で、自分の正義感がどう動くのか、観ている中でも、観終ったあとでもいろいろなことが浮かぶ映画でした。その中の凄く印象的なシーンでテーマソングを使って頂いて、嬉しいですし、とても幸せな思い出の中で、佇んでいるような、漂っているような素敵な詞の内容やメロディなので、映画を観て下さっている方に少しでも寄り添えるようにシンプルに歌うことを心がけたつもりです。水谷監督とは初号試写の時に初めてお会いしましたが、とてもやわらかな雰囲気をお持ちで、素敵な監督さんとご一緒できたのだと、とてもありがたく思いました。
様々な方に楽しんで頂ける作品だと思います。いろいろなことを考えながら、感じながら、ご覧いただけると嬉しいです。

<水谷監督コメント>
テーマソングには女性の声がいいと決めていて、プロデューサーに希望を出したところ、一番最初に候補としてあがってきたのが手嶌葵さんでした。彼女の透き通る歌声を聞いて迷うことなく、この声だ、と感じました。
楽曲作りに関しては、特にストーリーに寄せてもらう必要は無く、1点だけ、どこか母性が現れる優しさが欲しい、とお願いをしました。
轢き逃げ事件をきっかけとする物語ではあるものの、最後は未来に向かって前を向いていきたい、そう思っていましたが、この素晴らしい歌声と楽曲が、すべてが終わった後、映画の締めくくりとして流れることで、その思いを叶えてくれました。




【作品概要】


『轢き逃げ -最高の最悪な日-』

出演:中山麻聖 石田法嗣 小林涼子 毎熊克哉 / 水谷豊 檀ふみ 岸部一徳
監督・脚本:水谷豊  撮影監督:会田正裕  音楽:佐藤準
テーマソング:手嶌葵「こころをこめて」(ビクターエンタテインメント)
映画公式サイト http://www.hikinige-movie.com/

SHARE マイアーティスト
メール登録

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

NEWS ニュース

VIDEO ビデオ