冨田ラボ
Tomita Lab

NEWS
ニュース

2022.04.05

約3年ぶりとなるオリジナルアルバム『7+』のリリースが決定!

今年6月29日、約3年ぶりとなるオリジナルアルバム『7+』をリリースすることが決定しました。

待望のリリースとなるアルバムには、冨田ラボの20周年を彩る20名の豪華アーティストが参加。既発の5曲でコラボしてきたアーティストに加え、新たに細野晴臣(作詞は堀込高樹 from KIRINJI)、AAAMYYY、そして声優で歌手としての活動も行う早見沙織(作詞は坂本真綾)らをボーカルに迎えた新曲や、5名のアーティスト(吉田沙良 from モノンクル、AAAMYYY、磯野くん from YONA YONA WEEKENDERS、TENDRE、Ryohu from KANDYTOWN)が一堂に会した楽曲など全14曲(仮)が収録される予定。

昨年2月にリリースされた10分超えの壮大なインスト曲「MIXTAPE」以降継続的にリリースを重ねてきた「MAP for LOVE」(総勢10名の豪華アーティスト参加)、「夜汽車 feat. BASI & kojikoji」、「さあ話そう feat. 藤巻亮太」、「須臾の島 feat. ぷにぷに電機」の5曲の配信Sgももちろん収録されるが、「MIXTAPE」の一部セルフサンプリングに合唱団が、「MAP for LOVE」には生のストリングスが加わり、「さあ話そう feat. 藤巻亮太」もアルバム用にスクリュード・ヴァージョンとなり、配信とは異なった新しい音源となっています。

『7+』というタイトルには通算7枚目であることに加え、7という数字自体が持つ特別な意味が込められ、また"+"はその"7"でも説明しきれない本作を象徴している。

また、「20th ANNIVERSARY EDITION」と銘打たれた初回盤には、CDの他にBlu-rayとブックレットを付属。Blu-rayには他に参加アーティストたちとのレコーディング時のドキュメント映像や、本作の作曲と編曲など制作のポイントを冨田自身が解説した「作編曲SHOW」が、ブックレットには日々の制作をまとめたレコーディングダイアリーや、トッププロデューサーとして活躍するに至るまでの道のりを紐解くインタビューと年表が収録。

▼ティザー映像

https://youtu.be/jY3cSd5VGYQ


【作品情報】
冨田ラボ「7+」
2022年6月29日(水)リリース
通常盤:VICL-65658 / 3,300円(税込)
初回盤:VIZL-2005 / 7,700円(税込)

<参加アーティスト>(五十音順)
磯野くん(YONA YONA WEEKENDERS)、AAAMYYY、kojikoji、坂本真綾、角田隆太(モノンクル)、TENDRE、長岡亮介(ペトロールズ)、長塚健斗(WONK)、naz、bird、BASI、早見沙織、藤巻亮太、藤原さくら、ぷにぷに電機、細野晴臣、堀込高樹(KIRINJI)、堀込泰行、吉田沙良(モノンクル)、Ryohu(KANDYTOWN)

SHARE

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

NEWS ニュース