ADAM at
ADAM at

NEWS
ニュース

2022.06.15

10th アニヴァーサリー・アルバム『OUTLAST』本日発売!

活動10周年を記念したアニヴァーサリー・スタジオ・アルバム『OUTLAST』を本日発表した。

すでに先行配信されているピアノ・インストとヘヴィ・ロックを融合させた新機軸「Syoi syoi」や、アルバム・タイトル曲でもあり、ラテン調のピアノ・フレーズと、骨太なバンド・サウンドから一転し、流麗なピアノのメロディが絡み合う、「ラテンとメタル」が融合した新感覚ピアノ・インストとなっている「OUTLAST」など、ライヴでの盛り上がりが必至なステージ・アンセムをはじめ、これぞADAM atサウンドと言うべき流麗なピアノのメロディが美しい楽曲や、しっとりとピアノを聴かせる麗しい楽曲などレンジの広い全10曲が収録。また今作は初回限定盤と通常盤の2形態として発売され、初回限定盤には今年1月に地元浜松で行われた初のホール公演“「Daylight Release Tour 2021 - 2022」 at HAMAMATSU ACT CITY 2022.1.15”の模様が5曲収録。ADAM atのもう一つの魅力=ステージトークの模様もたっぷりと収録されている。

また本作の特筆すべき点はゲスト・アーティストをむかえた2曲。
1曲はUKを代表する世界的ロック・バンドFEEDERのグラント・ニコラス(Vo/Gt)をヴォーカリストとしてむかえた楽曲「Happy Place feat. Grant Nicholas」。かねてよりFEEDERのファンだったADAM atが、グラントとのコラボレイションでジャンルや国境を越えた感動的な楽曲を創り出している。本日よりMVも公開となっている。

「Happy Place feat. Grant Nicholas」Official Music Video


もう1曲は以前より親交がある、2001年より日本のロック・シーンで活躍するバンド=FRONTIER BACKYARDがヴォーカル&ドラムで参加。他、ライヴ・ステージでもADAM atサウンドを支える
JABBERLOOP/POLYPLUSの永田雄樹(B)、橋本孝太(Gt)、MAYSON’s PARTYのやのっく(Ds)、SYU(Gt)が参加。またKousuke Takahashiとkuma(Blue Light Call)が、それぞれ「Take me there」と「22時 feat. FRONTIER BACKYARD」のアレンジを担当し、新たなADAM atサウンドを作り出している。

今作でも宝島社より発売されている、小説から漫画化された人気作品『猫と竜』シリーズとコラボを実施。佐々木泉氏描きおろしイラストによるアートワークのほか、作品の登場キャラクターである“shirotae”と“kurobane”と名付けられた楽曲が収録されるなど、前作以上に強力なコラボレイションとなっている。
下記、佐々木泉氏(漫画)、アマラ氏(原作)、大熊まい氏(キャラクター原案)からのコメントも到着。

「その曲たちは楽しくて優しくて、
聴けば森の猫(ケット・シー)たちは踊り出すし、
私は心のささくれを溶かされるようで気持ち良いのです。
また新しい曲を聴けるのが嬉しい!
たくさんの人に届きますように。 佐々木泉」

「物語世界の空気を、音楽で作り出す。
そういうことが出来るんだ、ということを、教えて頂きました。
ピアノの音色で描き出された世界観を、多くの方に感じで頂きたい。
そして、「猫と竜」が、それを楽しむお手伝いになれば、と思います。 アマラ」

「ADAM at様×『猫と竜」のコラボ第2弾がご決定とのこと
『猫と竜」のデザイン・イラスト制作を携わらせて頂いてきた身として
大変喜ばしく思います。
ADAM at様と『猫と竜」、それぞれの素敵な世界観が織りなす
心地よくわくわくするようなコラボレイションを
前回に引き続き、皆様に心行くまでご堪能頂ければ幸いです。 大熊まい」

SHARE マイアーティスト
メール登録

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

NEWS ニュース

VIDEO ビデオ