Nulbarich
Nulbarich

NEWS
ニュース

2021.12.16

5周年第一弾シングル「It’s All For Us」リリース決定!

Nulbarichが、新曲「It’s All For Us」を12月22日に配信リリースすることを発表。また、ジャケット写真に加え、最新のロゴとアーティスト写真を公開した。

「It’s All For Us」は11月に完走した5周年アニバーサリーツアー「Nulbarich The Fifth Dimension TOUR 2021 」内でサプライズ発表された楽曲。開放感に満ち溢れたスタジアムロックを彷彿させる「It’s All For Us」は、タイトル通り“全ては僕達のために”とこれまでの5年間に起きた事&出会った人との繋がり、またこれから進んでいく果てしない未来についてをバンドなりの言葉で綴った一曲。

コロナ禍で当たり前だと思っていたライブという表現の場を失い、「人とのつながり」の大切さに気付いたからこそできた楽曲について、JQ(Vo.)は「僕の気持ち。それを理解や共感を求めて曲を創る事自体僕の脳みそにない。ただ、出来上がりを真っ先に聞いて欲しい人はいる。」とコメントしている。
なお、リリースに先駆け本日12月16日(木)18:00放送のFM802「EVENING TAP」にて初オンエアされるので、新曲の全貌が気になる方は是非オンエアをチェックしてほしい。

また新曲リリースの発表と合わせて、最新のアートワークが公開された。ジャケット写真とロゴは、Nulbarichとは初タッグとなるアニメーション作家の山田遼志が、アーティスト写真はアートディレクター大楠孝太朗がそれぞれ手がけている。双方に、バンドのお馴染みのキャラクター “ナルバリ君”が新デザインで登場。それぞれ様々な表情を持つキャラクターが複数描かれており、それらに込められた意味を紐解く楽しさも感じられる作品となっている。

5周年目に突入した彼らがリリースする「It’s All For Us」は新しい始まりを感じさせる作品になっており、2022年も歩みを止めず新たな挑戦をし続けるNulbarichに注目してほしい。

■JQ
僕の気持ち。それを理解や共感を求めて曲を創る事自体僕の脳みそにない。ただ、出来上がりを真っ先に聞いて欲しい人はいる。だからこそ直接まず聴いてもらいたくてLiveで歌うっていうね。まぁ、そういう事です。いつもありがとうv

山田遼志 / Ryoji Yamada
https://mimoid.inc/
2013年多摩美術大学大学院美術研究科博士前期課程デザイン専攻グラフィックデザイン研究領域修了。2018年文化庁新進芸術家海外研修員として、ドイツへ留学。帰国後株式会社mimoid 立ち上げに参加。短編作品群はアヌシー国際アニメーション映画祭をはじめとし、国内外の映画祭で数多くのノミネートと受賞を重ねている。King Gnu、millennium parade、SIRUP など のミュージックビデオ制作をはじめクライアントワークも精力的に行っている。

大楠孝太朗 / Kotaro Okusu
アートディレクター。
2014年、デザインスタジオ「MIRROR」設立。
https://mirror-site.org/
https://www.instagram.com/kotarookusu/

■オンエア情報
12月16日(木)18:00~21:00
FM802 「EVENING TAP」
https://funky802.com/et/

■最新リリース情報
Digital Single
「It’s All For Us」

発売日:2021年12月22日(水)
『It’s All For Us』はストリーミングサービスおよびiTunes Store、レコチョク、moraなど主要ダウンロードサービスにて12月22日より配信スタート!
※音楽ストリーミングサービス:Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Music Unlimited、AWA、KKBOX、Rakuten Music、RecMusic、Spotify、YouTube Music

SHARE マイアーティスト
メール登録

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

NEWS ニュース

VIDEO ビデオ