四星球
su-xing-cyu

NEWS
ニュース

2018.05.15

「鋼鉄の段ボーラーまさゆき e.p.」発売記念ツアー「モリスターバッシュ2018」:Live レポート(1)

「鋼鉄の段ボーラーまさゆき e.p.」発売記念ツアー「モリスターバッシュ2018」ライブレポート
日時:2018年5月10日(土) 
会場:高松オリーブホール

Live レポート2>>
Live Photo>>


「ネタが無い」ことが「ネタ」になる!?
怒涛の曲数で貫いたコミックバンドの生き様


四星球のライブにおける段ボール小道具を一手に担うメンバー・まさやん(Gt.)への賛歌とも言える『鋼鉄の段ボーラーまさゆき e.p.』のリリース後、月1回ペースで毎回テーマの異なるワンマンツアーを敢行中の四星球。

今ツアーも残すは2本となった5月10日。
この日の会場は四国で結成し、四国に育てられた彼らにとっては「どホーム」と言っても過言ではない香川県高松オリーブホール。
そしてワンマンタイトルは『モリスターバッシュ2018』…「リ」を「ン」に変えれば、彼らにも馴染みの深い四国が誇るあの夏フェスが浮かぶタイトル。

何ならば…昨年の本家オフィシャルグッズにて四星球がコラボしたTシャツはフロントにデカデカと「モリスターバッシュ」と書いてある四星球Dr.モリス作のモノだったことを記憶している人も少なくないかもしれない。

今ツアーではお馴染みの光景となってきた会場内外に展示される「まさやんの作品」も、今回は『MONSTER baSH』関連のモノもあれば、フロアに入れば完全に手書きで書かれた看板が設置された「茶堂」ステージもある。
※「茶堂」…モンバスではアコースティックをメインに緩やかな風が吹き抜ける真夏のオアシス的な名物ステージのひとつ。
四星球は全ステージ制覇を叶えるべく2016年に登場し、アコースティックの概念を超えたステージを展開した。

そんな「オヒザモト」すぎる場で、なじみ深すぎる名を拝借して行われたこの日。
レポートとして書くには書けないことが多すぎて困っているのが事実だが、伝えられる範囲を探りながらお伝えしたい(笑)。


<平成のコミックバンドが担う役割>
ザッと始まりからを振り返ると。
定刻から約10分が経過した時、無音の中で四星球の4人が全員黒スーツ、髪もピッチリさせたスタイルでステージに粛々と登場。
四星球メンバーである「まさやん(Gt.)」がDUKE社員であり、四星球スタッフとして10年以上に渡り彼らの側で支え続けてきた男性スタッフに対し、感謝なのか愛ゆえなのか…ある行動を起こしてしまい、そのことが報道されたがため謝罪会見を行う…とのこと。

…もちろん架空のオハナシであり、今宵の茶番の設定だということを忘れずにいてもらいたい(笑)。

神妙な顔を崩さずに淡々と謝罪を続けるメンバー。
当事者であり憔悴しきっているまさやんが振り絞るように答えた一言も…どこかで聞き覚えがある気がしないでもないが…4人の名優たちは今宵のストーリーの配役に徹しているため、その姿の一つ一つが見事な謝罪っぷり。

その姿や言葉の一つ一つに笑いが止まらないフロア。

彼らの謝罪内容をまとめると、
①先に書いたDUKE社員である男性は今夜も気丈にスタッフを務めている
②だからこそ、その人を特定するのはやめてほしい
※完全に名前を出していたため、特定は簡単に出来る(笑)
③こんなことをメンバーがした以上、不謹慎なライブは出来ない
④更にはDUKE社員でもあるスタッフとの問題のため、DUKE主催であり、すでに11年連続での出演が発表されている『MONSTER baSH 2018』への出演も危ぶまれている
⑤DUKEと話し合った結果、今日、この場所で四星球が他では成し遂げたことが無いライブを行えば通常通り出演を許可してもらえることになった
⑥そんな中で不謹慎なライブは出来ないからネタはやらない
⑦その上で今まで成し遂げていないライブとして曲だけ30曲のライブを行う
⑧それでもボケたくなってしまうため、気丈にスタッフを務める当事者のDUKE社員に電流装置を託す
⑨メンバー4人は電流装置を身に着けてライブを行うので、気に食わない時は電流を流してほしい

…という……茶番の始まりを淡々と告げていく。
昔…約10年ほど前だろうか。
北島康雄(シンガー)が「平成のクレイジーキャッツ、ドリフターズ…そんな存在になりたい」と言ったことを思い出した。
先に書いたコミックバンドの先人たちは、その時々の世相を反映してネタにして、笑いに変え、世の中に少しの光を与えた人たちだから。
彼からその言葉を聞いたとき、何だか妙に納得したことを鮮やかに覚えている。

この茶番の始まりを目にしたとき、その言葉が当時の北島の口調までもリアルに思い出すほどに浮かび、今宵の茶番に胸が躍る感覚を抑えきれなかった。


<どうする?どうなる?ネタ無しワンマン!?>
とはいえ、恐らく「ネタ無しで30曲」といった言葉に二言は無いはずで。
彼らはどう魅せるのか……絶対に何か仕掛けがあると分かっていながらも、そのワードでワクワクさせてくるのは流石の技である(笑)。

粛々とした謝罪会見の最後。
ステージ上にてメンバーが掲げたのはフェスではお馴染みのビジョン。
そう、アーティスト写真とバンド名がドンと出るアレ。
それを段ボールで表現したものを意気揚々と掲げ、
昨年の『MONSTER baSH』にて四星球が担当した登場ジングルが鳴り、未知すぎるネタなし30曲(予定)のワンマンが始まった。

最初に繰り出したのは今ツアーには欠かせない「鋼鉄の段ボーラーまさゆき」。重々しいスーツ姿のまま前半は演奏を終えたものの、「慣れないスーツで動けていない、下さえなければ何とかなる!」と北島が発した途端、両サイドのU太(Ba.)とまさやん(Gt.)はステージ上でブリーフ・法被の彼らの正装に生着替えをし、北島は上半身スーツでブリーフ姿のナカナカな姿に変身。
…それでも、その姿がおかしく感じないほどの熱量でその後も数曲をやり切る姿には潔さと誇りすら感じたほどだ。

すでに通常よりも汗みどろのペースが早いように思えるほど4人が汗を滴らせながら3曲目に演奏されたのは「MOONSTAR daSH」。
言わずもがな、本家への敬意をこめまくっている彼らの大切な曲のひとつ。

「ファンファーレを歌ってください!」と叫ぶ北島の声に誘われて、ステージの顔を一つずつじっくりとみると、何だかいつもよりも笑顔が多い気がするし、表情の一つ一つが柔らかい気がした。
30曲のワンマンをやろうとしている人の殺気ではなく、自分たちも未知の領域が始まったこと、この空間へのワクワク感、その場への安心感…なんだか今宵は凄いことになるんじゃないか…と、その顔で感じさせられた。


<「四国で観る四星球は格別やな」って言わせたい?>
ちょっとした茶番(…というにはフロアとフロア外とステージをリンクさせまくった見事な仕掛け)を経て、北島が口を開く。
「分かってるんですよ、四国で観る四星球は格別やな、って帰りに言いたくて来てるんでしょ?僕らも言ってほしくて、言いたくてやってるんです」と告げて「ギンヤンマ」へ。
思いっきり飛ばして動いたU太の汗が肉眼で分かるくらいにバンバン飛び散り、北島は曲中で「始まるためのオリーブホールでございますー!!!!」と叫べば、まさやんも動きでソレに応えて、初期衝動でしかない光景が目の前に広がる。

このままバンバン曲をコレデモカ!とやっていくのか!?と思わせたのに、この後は…彼らだからやれる茶番曲のお時間。
ネタナシなので、ネタではなく、言うなればネタ曲メドレー(笑)。

配信でリリースもしているため、ご存知の方も多い「時間がないときのRIVER(10-FEET)」から始まり、「作業が捗るKILLING ME(SiM)」、「俺んとこ来ないときのOne Night Carnival(氣志團)」、「N∀OKIがいないときの金色グラフティー(ROTTENGRAFFTY)」、「swimたいやきくん(04 Limited Sazabys)」、自身の曲から「クラーク博士と僕は突然に」と、これまでに各地のフェスを中心に(勝手に)お届けしてきた「四星球コラボシリーズ」を展開。

この曲たちをもって演奏楽曲は13曲をカウント。
コラボ楽曲シリーズの後は本家(!?)「クラーク博士と僕」へ。
序盤を歌い、フロアの人々に支えられて立つ北島が言う。
「今のトコ、ネタナシ!分かる?今やったのは曲やからセーフでしょ?今のトコ、ネタナシ!!!!」と、ネタナシを続けているコトを興奮気味に話す。
続けて、この曲はモンバスでは毎年歌ってきたコト、イコール10年連続で出て歌った曲だからモンバスで一番歌われた曲だということを話してから、まるで友達や戦友に話すような信頼しきっている顔でこう告げた。
「全国で戦っているつもり」だと。
「でも四国でやるときは(ご褒美のように感じて)甘えているかもしれない」と。
「けど(今年は)、3~5月毎月高松でやってるから、今日は攻めるために来ました!!!!」と、北島が臨戦態勢に入りU太が一声「来いや!」と叫び、まさやんが思いっきり飛び、モリスが勇ましい顔になる。

ここまで言われて応えない四国ではないのは誰もがわかること。
その後のステージとフロアの応酬たるや!
相思相愛ってのはこんな光景を言うのだと信じたくなる景色だった。


Live レポート2>>
Live Photo>>

SHARE マイアーティスト
メール登録

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

NEWS ニュース

VIDEO ビデオ