音楽かいと
Ongaku Kaito

NEWS
ニュース

2021.02.17

高校生最後のEPを発表!

大阪在住の現役高校3年生のシンガーソングライター、トラックメイカー「音楽かいと」が、本日2月17日(水)に高校生最後となる最新EP『君は音楽で泣いた』をリリースし、リードトラック「希望」のミュージックビデオを公開した。

音楽かいとは大阪在住の現役高校3年生で、全ての楽曲を作詞、作曲、トラックメイク、プロデュース、ミックスなど、作品の全てを一人で手掛ける若きポップ・クリエイター。ビクターの「ワン!チャン!!」オーディション2019大阪編のファイナリストに選ばれたのがキッカケで、ビクターエンタテインメント内の新設レーベル「CONNECTUNE」から、昨年、アルバム『僕は音楽に照らされて』でデビュー。人気急上昇中のシンガー三阪咲のシングル「ヒラヒラ」を楽曲提供するなど、早くも各方面から熱い注目を集めている。

本日リリースとなった最新EP『君は音楽で泣いた』は、昨年リリースしたデビューアルバム『僕は音楽に照らされて』の後編にあたり、二つのタイトルをつなげると「僕は音楽に照らされて、君は音楽で泣いた」となる。今作も全曲セルフプロデュースによるもので、<心の葛藤を乗り越えた先にある希望>を歌ったというリード曲「希望」をはじめとした全6曲が収録。本日「希望」のミュージックビデオも公開された。

音楽かいとが通う高校の教員が描いたイラストをベースにアレンジしたジャケットやアーティスト写真は前作同様、若手ながらUNDERCOVERの撮り下ろしや、「betcover!!」の撮影等を担当した青木柊野が手掛け、音楽かいとのトータルな世界観を創り出している。

■EP『君は音楽で泣いた』配信リンク
https://jvcmusic.lnk.to/Ongakukaito_KWODN


■「希望」ミュージックビデオ


■音楽かいと作品解説
「君は音楽で泣いた」は、去年の二月に出した「僕は音楽に照らされて」の後編です。「僕は音楽に照らされて、君は音楽で泣いた。」と今回のEPで文章が完成するようになっています。そして文章が完成したということは、この物語はここで終わりです。

前編の「僕は音楽に照らされて」は音楽を作り始めた中学二年生の楽曲で始まり、後編の「君は音楽で泣いた」は高校三年生の楽曲で終わります。この二作品は僕の青春そのものです。僕の青春に終止符を打つのが、この「君は音楽で泣いた」という作品です。

SHARE マイアーティスト
メール登録

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

NEWS ニュース

VIDEO ビデオ