斉藤由貴
Yuki Saito

NEWS
ニュース

2020.12.21

2月21日リリースセルフカバーアルバム、タイトルが『水響曲』に決定、アートワーク、収録曲順も公開!

来年2021年のデビュー記念日である2月21日(日)にリリースする、デビュー35周年記念セルフカバーアルバムのタイトルが決定し、ジャケット写真・アーティスト写真のアートワーク、そしてアルバム収録詳細も同時に発表された。


【アーティスト写真】

本日発表されたタイトルは『水響曲』。このタイトルに込めた思いについて、斉藤由貴は「私にとって大切な『水』という字と、武部聡志さんが大切にする『響』という字。そこに武部さんと私を結びつけた、『曲』を寄り添わせ、この美しいタイトルが出来上がりました。思いついた時、ああ、これだ、と感じる事ができました。」とコメントに寄せている。
そして同時に初回限定盤/通常盤、2種類のジャケット写真と、新アーティスト写真も公開された。カメラマンに伊藤彰紀、アートデレクターに関口修男を迎えて制作されたモノクロ(通常盤)とカラー(初回限定盤)2種類のジャケットは、デビューから35年を経ても変わらぬ凛とした透明感を残しつつも、現在の斉藤由貴の新たな表情を捉えた、今までのイメージをアップデートさせるシックでクラシカルなビジュアルとなっている。


【初回限定盤ジャケット写真】


【通常盤ジャケット写真】

デビュー曲から11作連続でシングルの編曲を手掛けた武部聡志氏のプロデュースにより、全曲ピアノを軸としたアコースティックな編成でリアレンジを施し、数々の名曲たちを現代に蘇らせたこのセルフカバーアルバムの収録内容詳細も公開された。すでに収録曲名は発表されていたが、デビューシングル「卒業」からリリースされた順番で収録されることとなった。

1. 卒業 (1stシングル/1985年)
2. 白い炎 (2ndシングル/1985年)
3. AXIA~かなしいことり~ (1stアルバム『AXIA』収録曲/1985年)
4. 初戀 (3rdシングル/1985年)
5. 情熱 (4thシングル/1985年)
6. 悲しみよ こんにちは (5thシングル/1985年)
7. 青空のかけら (7thシングル/1986年)
8. MAY (8thシングル/1986年)
9. 砂の城 (9thシングル/1987年)、
10. 「さよなら」 (10thシングル/1987年)

また初回限定盤の特典ディスクには、セルフカバーと同一楽曲のリリース当時のオリジナルバージョンを収録。全曲オリジナルマスターから新たにリマスタリングが施されたCD2枚組仕様となっている。歌唱やアレンジの聴き比べも楽しめる、まさに35年の時を経て、現在と過去を同時に堪能できるメモリアルな作品になっている。

さらに主要eコマースにて、12月25日(金)18時よりの期間で、初回限定盤または通常盤をご予約いただいた方に全員に、デビュー35周年記念ライブ「THANKSGIVING」にて収録した、セルフカバーアルバムには未収録となる「予感」(3rdアルバム『チャイム』収録曲/1986年)、「夢の中へ」(13thシングル/1989年)、「なぜ」(16thシングル/1994年)の計3曲のライブ音源を収録した非売品の『YUKI SAITO 2020 SPECIAL LIVE CD』をプレゼントする、期間限定スペシャル先行予約キャンペーンを開催中。締め切りの期日が迫っていますので、急いでご予約してこのレアな特典CDをゲットください。
【スペシャル先行予約キャンペーン詳細】https://www.jvcmusic.co.jp/-/News/A026698.html

SHARE

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

NEWS ニュース