PROFILE プロフィール

1946年生まれ。オクラホマ出身。グラミー賞史上、作曲部門、作詞部門、編曲部門の3部門において受賞を飾った唯一のアーティスト。
牧師の父を持ち、幼い頃から教会での伴奏のほか、ギターやアコーディオンの手ほどきを受け、1950年代の半ば頃から作曲を始めるようになる。                                                                     彼が始めて購入したレコードは、14歳のときで、後に楽曲を提供することになるグレンキャンベルの"Turn around, Look at me"であった。
その後大学を中退し、モータウンとの作詞・作曲契約を結び、シュープリームスの「My christmas tree」で初仕事を経験。その後、ジョニー・リヴァースと出会い“By The Time I Get To Phoenix,”を提供し、トップ10入りを果たした。この成功を機にザ・フィフス・ディメンションのソングライターとして起用され、"Up, up and Away"などの大ヒットが生まれる。                      こうして作曲家の道を歩み始めたが、70年代に入ると作詞やプロデュースでも活躍。
これまでに楽曲・詞を提供したアーティストはフランク・シナトラ、エルヴィス・プレスリー、グレン・キャンベルの他、フィフス・ディメンション、アート・ガーファンクルからREMまで世代もジャンルも超え、様々なアーティストに及んでいる。1968年にリチャード・ハリスに提供した「マッカーサー・パーク」は全米2位を獲得、その後1978年にはドナ・サマーがディスコ・サウンドでカヴァーし見事全米1位を獲得。近年もジェームス・テイラー、トニー・ベネットからアージ・オーヴァー・キル他、変わらずジャンルレスなアーティストに楽曲や詞を提供し続けている。
米国の著作権管理団体であるBMIによれば、彼の代表曲の一つである “By The Time I Get To Phoenix,”は1940年から1990年までの50年間で最も演奏された楽曲の3位と認定されている。
現在、「National Academy of Popular Music」のメンバーであり、「Songwriter’s Hall of Fame」、「the Nashville Songwriter’s Hall of Fame」等で殿堂入りを果たしている。

SHARE

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー