PROFILE プロフィール

<L. to R.>
ジンクス / Jinxx (g, violin)
クリスチャン・コーマ / Christian “CC” Coma (ds)
アンディ・シックス / Andy Six (vo)
ジェイク・ピッツ / Jake Pitts (g)
アシュレイ・パーディ / Ashley Purdy (b)


2006年、アメリカはオハイオ州シンシナティにて結成。現在はカリフォルニア州LAのハリウッドに拠点を置いている。バンド名は、中心人物であるアンディ・シックス(vo)が強い興味を持っていたローマ・カトリック教会と、それが想起させるダークなイメージに由来する。カトリックでは、正式に修道女として認められると、人生の主たる喜びを自ら放棄し神に仕える証として、それまでの白いヴェールではなく黒いヴェールを身に付けて、神と契りを交わし文字通り式を挙げるのだ。

結成から数年の間に、バンドは数回のメンバー・チェンジを経験しながら、2枚のEPをアメリカとヨーロッパのみでリリースしている。1st EPは「SEX & HOLLYWOOD」というタイトルで、“A Devil For Me”、“All My Hate”、“Sex & Hollywood”の全3曲を収録し、2007年8月に発表。当時のメンバーは、アンディ・シックス他、ネイト・シップ(g)、クリス・スチュアート(g)、ボビー “Badass” トーマス(b)、マイク・スタンパー(ds)。2008年6月にリリースされた2nd EP「NEVER GIVE IN」には、“The Gunsling”、“The Mortician’s Daughter”、“We Stitch These Wounds”、“Knives And Pens”の4曲が収録されており、“Knives And Pens”のビデオクリップは2009年6月からYouTube上で公開されており、2010年9月現在までの間に、1,500万回を超えるプレヴュー数を誇っている。そのクリップが彼らにとってのターニング・ポイントになり、全米のキッズにその名が知られるようになった。なお、2nd EPのレコーディング・メンバーは、アンディ他、2008年に加入したクリス・ハリウッド(g, b)と、同じく08年加入のサンドラ・アルヴァレンガ(ds)の3人だ。

2009年7月25日、アシュレイ・パーディ(b)が加入し、新しいデモ制作を計画中であると発表。そして同年9月に、米国のStandby Recordsと契約を交わす。その後、クリス・ハリウッドが脱退し、元THE DREAMINGのジンクス(g)が加入した。その2ヶ月後の09年11月には、リード・ギタリストとしてジェイク・ピッツ(g)を迎え入れる。アンディ、ジンクス、ジェイク、アシュレイ、サンドラ、この5人のラインナップが固まったバンドは、09年12月に初の米国ツアーを敢行。

2010年2月から、カリフォルニア州ヴァン・ナイズにある『Clear Lake Audio』にて、プロデューサーのブラスコとフル・アルバムのレコーディングに入る。レコーディング後の4月には、I AM GHOSTと『The Dead By Dawn Tour』を行う。完成したデビュー・アルバム「WE STITCH THESE WOUNDS」は、7月20日に北米でリリースされた。そしてバンドは、ちょうどアルバム発売日を跨ぐように7月頭から8月中旬にわたり、VAMPIRES EVERYWHERE!、MODERN DAY ESCAPEとHOT TOPIC主宰『The Secret Ceremony Tour』を実行。

ところが2010年9月4日、紅一点のサンドラが脱退を表明。(その後、一緒にツアーを回ったレーベルメイトのMODERN DAY ESCAPEに加入) それに伴い、CCことクリスチャン・コーマ(ds)の加入を発表する。そして新ラインナップとなったバンドは、AIDENのフロントマン、ウィル・フランシスのソロ・プロジェクトであるWILLIAM CONTROLとMOTIONLESS IN WHITEを引き連れ、10月頭から翌11月頭にかけて『Entertainment Or Death Tour』と銘打った全米ツアーを行う。

SHARE

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー