PROFILE プロフィール

(L. to R.)
ジェイムズ・フカイ / James Fukai (g)
ジェイソン・シングルトン / Jason Singleton (ds)
ケヴィン・パーマー / Kevin Palmer (vo, g)


97年に米国アラバマ州モンゴメリーにて、ケヴィン・パーマー(vo, g)、ジェイソン・シングルトン(ds)、日系人のジェイムズ・フカイ(g)、そしてジョシュ・モーツ(b)による4人組ロック・バンドとして結成。当初、41 DOWNなるバンド名で活動していた彼らは、01年にGeffen Recordsとの契約を結ぶことに成功。それを機にバンド名をTRUST COMPANYと変える。改名の理由は、SUM 41との混同を避けるため。

02年にシングル「DOWNFALL」がラジオ局やMTV2でヘヴィ・ローテーションとなり、KORNやPUDDLE OF MUDDらとの『Warped Tour 2002』で人気を高める。その結果、同02年に発表されたデビュー作「THE LONELY POSITION OF NEUTRAL」はビルボード総合チャート11位に登場。その後の2ndシングル「RUNNING FROM ME」のヒットを追い風に、アルバムは北米だけで50万枚を超えるセールスを記録し、ゴールド・ディスクに認定された。そして、PAPA ROACHと30 SECONDS TO MARSとツアー。『Pop Sux Tour』では、KORN、DISTURBEDとツアーを行った。

03年、『Ozzfest』出演が決定していたが、レーベルからの指示により2ndアルバムを制作するため、出演を断念。その最中、04年にジョシュが脱退、ウォーカー・ウォーレン(b)が加入。そして、予定より10ヶ月ほど遅れるも、05年3月、ついに2ndアルバム「TRUE PARALLELS」を発表。ビルボード総合チャート32位にランクインし、セールスも20万枚を超える。

05年、バンドとしての活動を休止し、メンバーそれぞれがサイド・プロジェクトでの活動にフォーカスすることを発表。ケヴィンは、オリジナル・ベーシストのジョシュとともに、AMITY LANEというバンドを結成し、06年10月にデビュー・アルバム「THE SOUND OF REGRET」をリリースしている。ジェイソンは、地元モンゴメリーのいくつかのバンドでドラムをプレイ。ジェイムズは、かつて在籍していたHEMATOVOREというバンドを復活させた。

07年8月11日、オリジナル・メンバー4人で再始動をアナウンスし、ライヴやツアーを行う。08年3月、新曲“Waking Up”と“Stumbling”を自身のMySpace上にて公開。が、またもジョシュが08年に脱退。エリック・サルターなるベーシストが加入するが、わずか1年でエリックもバンドを去り、それからはパーマネントのベーシストを加入させず、ウェス・ジェイムズ・コッブ(Wes James Cobb)なるベーシストがライヴのみヘルプで参加している。

2010年、3人となったバンドは、通算3作目となるアルバムの制作に着手。2010年10月に、ニュー・アルバムからの新曲“Heart In My Hands”をiTunesにてリリース。2011年2月に、「DREAMING IN BLACK AND WHITE」を発表する。

SHARE

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー