マスタークラフト

MSTRKRFT

PROFILE プロフィール

<L. to R.>
ジェシー・F・キーラ― / Jesse F Keeler
AL-P


アルバム「YOU’RE A WOMAN, I’M A MACHINE」1枚を残して解散、伝説となったカナダ出身のロック・デュオ=DEATH FROM ABOVE 1979(以下、DFA1979)。そのブレインであったジェシー・F・キーラー (bass guitar)が、同作のプロデューサーAL-Pとスタートさせたエレクトロ・ユニットがMSTRKRFT(マスタークラフトと発音)である。DFA1979でロックンロールとディスコのエネルギーを融合させたそのスタイルを、MSTRKRFTでは“ダンサブルな”スタイルで作っていくこととなる。

ジェシーはこう語る。
「自分たちが今やっていることが一体何なのか俺たちにはわからない。でもダンサブルなものだってことだけは確かだ。俺たちはある日NYでアーマンド・ヴァン・ヘルデンとつるんでて、曲作りについて話してたんだ。で、アーマンドが『曲にそういうビートがある限り問題ないし、オーディエンスにアピールする』って言ったんだ。俺たちはアプローチの仕方が違うと思う。なぜなら俺たちはルーツとして必ずしもダンスのバックグラウンドを持ってるわけじゃないし、常に『この楽曲を、自分ならこうしたっていうものにどうすればできるか』って考えてるからね。自分たちが納得し、そして自分たちの名前で世に出しても問題ないって思えるくらい自分たちの持てるものを、十分投入できたって感じられるまで突き詰めてやるんだ」

エレクトロ・バブルよりも1年早い2006年に、カナダのLAST GANG RECORDSよりリリースされたMSTRKRFTのデビュー・アルバム「THE LOOKS」は、リリース後、ゆっくりと、しかし熱狂をもって世界中で認知されていった。COACHELLA、V-FESTIVAL、BONAROO、日本ではSUMMER SONIC 07等々、世界中のフェスティヴァルで大絶賛を受けた。
そのSUMMER SONIC 07で来日した際には、渋谷WOMBでもプレイ。ほぼ満員となったフロアがMSTRKRFTのビートにうちのめされることになった。さらには、JUSTICEの楽曲“D.A.N.C.E”のリミックスが話題となった。その他にジョン・レジェンド、YEAH YEAH YEAHS、THE GOSSIP、THE KILLS、カイリー・ミノーグ、POLYSICS等々のリミックスを行い、浜崎あゆみの楽曲をもリミックスを手がけた。2008年にはOBEYよりZ-TRIPとのスプリット・ミックスCDをリリース。

「THE LOOKS」は、DFA1979の他にCRYSTAL CASTLESも輩出したLAST GANGからのリリースだったが、2ndアルバム「FIST OF GOD」は、スティーヴ・アオキのDIM MAK RECORDSへと移籍して、2009年にリリースとなった。前作がほぼ全編インスト曲だったのに対し、「FIST OF GOD」では多数のラッパー/ヴォーカリストをフィーチャーしたよりキャッチーなアルバムが完成。アメリカでのリリース後、4月中旬にはCOACHELLAに出演。SAHARAテントのヘッドライナーを努め、ジョン・レジェンドがそのステージに飛び入りで登場した。

2011年、解散していたDFA1979が再始動。世界中のファンを驚かせた。DFA1979が2ndアルバム「THE PHYSICAL WORLD」を2014年に発表し、ツアーを行なうなどの活動と並行して、ジェシーは、AL-PとともにMSTRKRFTとして3rdアルバム「OPERATOR」を2016年に発表する。彼らのデビュー作「THE LOOKS」をリリースしたLAST GANG RECORDSに復帰しての第1弾である。

SHARE

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

VIDEO ビデオ