Cube Juice

Cube Juice

宅録での音楽活動を始め、ギター主体であった音楽性が徐々にエレクトロ・ミュージックも取り入れ、制作の幅を広げて行く。2002年4月、ビクターよりシングル「HEAD LONG」でデビュー。シングル2枚、アルバム3枚を発表。日々楽曲制作に明け暮れる一方、BUCK-TICKの楽曲のマニピュレート、星野英彦のソロプロジェクト「dropz」への参加、Dragon Ashのツアーオープニングアクトなどの活動を経て、Kis-My-Ft2、V6、遊助などの楽曲提供やゲーム音楽の楽曲制作をしている。