作品詳細

ピアノマンの詩  {詩=うた}

2005.09.16

アルバム / VICL-61741

¥1,905+税

オンラインショップで購入

Victor

ピアノとメロディにこだわるTAROの音楽性を凝縮した1枚!
リクエスト殺到中のデビューシングル「風のわだち」、日比谷花壇オータムフラワーギフト・キャンペーン・ソング「あなたとわたし」、他秀作バラード揃い!!全9曲

01

あなたとわたし

02

今日のよき日に

03

風のわだち

04

君とkissを

05

あの時君は若かった

06

復興(Instrumental)

07

マイコマイコ

08

風のわだち(Simple Piano Version)

09

あなたの背中に〜Tribute To My Father

2005年5月25日にシングル「風のわだち」でデビュー致しましたが、サラリーマンを続けながらということもあり、今年いっぱいかけて、ゆっくりとやっていこうと思っていたところ、色々な媒体や販売店の方々の応援も頂き、思ったよりも早く有線のリクエスト・チャートが13位まで上がってきたりして僕自身、とても嬉しく、またとても有り難く思っています。
そうした中、今回、日比谷花壇さんに僕の楽曲を気に入って頂き、「オータムフラワーギフト・キャンペーン」のイメージ・キャラクターとキャンペーン・ソングのお話を頂いて、僕でいいのかなとビックリしながらも、良いお話なのでお受けさせて頂いて、これに併せて9月16日に初めてのアルバム「ピアノマンの詩(うた)」を発表することに致しました。
今回、日比谷花壇さんが僕をイメージ・キャラクターに選んで頂いたのは、僕がデビュー・キャンペーンで父=ムッシュのザ・スパイダース時代の楽曲「あの時君は若かった」を歌っているところを見てイメージが湧き、シングルを聴いて特にカップリングの「あなたとわたし」を気に入って頂いたからと聞きました。そうした自分の音楽家としての部分を評価して頂いてとても嬉しく思っております。日比谷花壇さん、ありがとうございます。
このようなわけで、ファースト・アルバムには、デビュー・シングル「風のわだち」(の別ヴァージョン)や、その日比谷花壇さんのキャンペーン・ソングに決まった「あなたとわたし」、それに結婚式のことを歌った「今日の良き日に」など、日比谷花壇さんとのタイアップにもふさわしい、僕の自信のある自作曲と、このお話のきっかけにもなってくれた父の「あの時君は若かった」を、父への敬意を込める意味でも収録することに致しました。
音楽的にも、僕自身がこだわる「ピアノ」というものを全面的に打ち出した、ミュージシャン=TAROかまやつの基本的な部分を表現したものになります。是非、色んな方々に聴いて頂ければと思っております。宜しくお願い致します。

最近の作品

風のわだち

12cmシングル

2005.05.25

-0:00