シーナ&ロケッツ

SHEENA & THE ROKKETS

プロフィール

シーナ(VO.Tam /福岡県北九州市出身)
鮎川 誠(VO.G/福岡県久留米市出身)
奈良 敏博(Bass/福岡県福岡市出身)
川嶋一秀(Drums/福岡県福岡市出身)


2012年で結成35年を迎え、常に時代の中で革新的な存在であり、その活動のブレのなさにおいても日本のロックシーンで抜群の信頼感、存在感を誇る。
1978年、鮎川誠、シーナを中心に結成。

鮎川が以前やっていたバンド・サンハウスで培ったブルースロックへのリスペクトを基盤に、YMOチームとの邂逅から生まれたニューウェイブ・テクノサウンド、そしてパンク・ロック・ブルース・サイケデリックを全て包み込んだロックンロール、また彼らのソリッドなスタイルは、後の「めんたい ロック」の基盤となり、デビュー早々から多くのアーティスト・ミュージシャンらに影響を与え続けている。

また、海外の同志へ向けての活動も、時代の先を行くものである。エルビス・コステロやラモーンズ、ウィルコ・ジョンソンとも共演,アルバムを共作、アメリカのA&Mレコード、フランスのスカイドッグ・レコードなど海外でも数多くのアナログ・CDをリリース。国内外を含め、これまでに通算35枚のアルバム・16枚のシングルを発表。

結成34周年を迎えた2011年には、サンハウス時代の盟友でありオリジナルメンバーである奈良敏博(B)が再集。結成時のメンバー川嶋一秀(Dr)と共に精力的にライブ・ツアーを行う、という点においても、ロケッツは奇跡的な存在である。デビュー時には音楽的にも社会的にも尖った若者中心だったライブ会場も現在はステージから発されるLOVE&PEACEなバイブレーションを体感するファミリーにまで世代を越えて広がっている。