プロフィール

岩田雅之 MASAYUKI IWATA 1960年9月12日 愛知生まれ O型

14才の時にギターを手にしたことがきっかけで曲作りをはじめる。当時、日本はフォーク全盛の時代。和声的に乏しい日本の音楽に物足りなさを感じ、カーペンターズ、ビートルズ、エルトン・ジョンなどのポップス系アーティストを聴くようになった。

高校生の頃にCTI、KUDUなどのジャズ・ソウル系をよく聴き、それが現在の作風にも大きく影響していると思う。

87年にPAZZという3人のユニットを結成し、CBS/SONYよりアルバム、「BANANA FISH」を発表。以降シングル2枚、4曲入りミニアルバム1枚をリリースしたのち解散。フジパシフィック音楽出版と作曲家契約を交わし、COCO、ribon、郷ひろみ、宮沢りえ、小比類巻かほる等に楽曲を提供。

94年頃に同出版社を離れたのちも少年隊、SMAP、KinKi Kids、MAXなどの作曲・編曲を手がけ、また米倉利紀、中西圭三などのコーラスアレンジも手がけた。

95年9月にソロシングルとして映画「君を忘れない」主題歌「Nobody loves me like my baby」を発表。

代表曲はSMAP「俺達に明日はある」「働く人々」「週末ヘヴン」、MAX「I'LL BE WITH YOU」、COCO「はんぶん不思議」、ribon「サイレントサマー」など。

PAZZ解散以降は作編曲家として活動してきたわけだが、本人の意識のなかには常に“自分が歌う”ということがあった。それが今回実現に至ったわけである。