プロフィール

1982年に阿部洋介(g.)、安井義博(b.)、丹下真也(ds.)、伊藤千豊(vo.)の4人により名古屋で結成。'86年に伊藤が脱退、橋本直樹が加入し、最初のラインナップが固まる。'87年自主レーベルよりミニ・アルバム『OUTRAGE』でデビュー。『驚異の18歳バンド現る。』と称され'88年アルバム『BLACK CLOUDS』でメジャー・デビュー。89年2nd『BLIND TO REALITY』 '90年3rd『THE GREAT BLUE』をリリース。この頃からファンの中では“OUTRAGE別格論”が登場。91年4th『THE FINAL DAY』をリリース。OUTRAGEの代表的なアルバムとなったこの作品は海外でも話題となり、ツアー・ファイナル、川崎クラブチッタ公演にはKERRANG!を始めとする世界中のプレス、マネージメント、レコード業界関係者が集まり大きな話題となり、92年PANTERAの初来日公演のサポートも務める。'93年レコード会社を移籍し5th『SPIT』をリリース。'95年6th『LIFE UNTIL DEAF』をリリース。スラッシュ・コア、へヴィ・ミュージックなどすべてを内包したそのサウンドで、当時盛り上がりを見せていたコア・シーンからもリスペクトを受ける。97年7th『WHO WE ARE』をリリース。そしてツアーを終えた'98年、ヴォーカル橋本が脱退。バンドは自身のレーベル30min Recordsを立ち上げ、'00年後任ヴォーカルを迎えずに残った安部、安井、丹下の3ピースによる活動を選択。'02年8thアルバムとなる『24-7』をリリース。04年にはビクターより『CAUSE FOR PAUSE』をリリースし、バンドは日本全国を回るロードに出た。そしてデビュー20周年となる2007年、デビュー20周年を記念して橋本直樹を迎えたラインナップという奇跡の再会を果たし活動をスタートさせる。そして2007年、デビュー20周年を記念して橋本直樹を迎えたラインナップで期間限定での活動をスタートさせて、9月2日はクラブチッタをソールドアウトさせ、10月のラウドパークでも大絶賛を得た。その期間限定活動は2007年日本のメタル・シーンの中で大きなニュースのひとつとなった。そして2008年橋本直樹の完全復帰がアナウンスされた。

その9月2日のクラブチッタ公演と11月のツアー・ドキュメントは「THE YEARS OF RAGE」というCD+DVD数量限定セットしてリリースされ、橋本完全復帰がアナウンスされた後の「AWAKENING」と題されたSHIBUYA BOXX3日間公演では『THE FINAL DAY』完全再現、『LIFE UNTIL DEAF』完全再現、バンド史上最長ライヴ&リクエスト・ライヴというユニークな公演が行われバンドは今一度自分達の足元を見つめなおすこととなった。その両アルバム完全再現は2008年6月に『AWAKENING 2008』と題された数量限定2CDとしてリリースされた。