東京セレソンデラックス

TOKYO SELECCION DELUXE

プロフィール

★東京セレソンデラックス:
1997年、主宰宅間孝行が「東京セレソン」を旗揚げ。
2001年、「東京セレソンデラックス」にバージョンアップ。サタケミキオが作・演出を手掛け
主宰の宅間孝行を始めとする選りすぐりのメンバーで送り出してきた22作品には、愛すべき
キャラクターが多数登場し、親しみやすいストーリーを展開。笑って笑って最後にホロッと
くるような熱い芝居と、どこか懐かしく心温まる世界に、涙を拭きながら劇場を後にする人々は
数知れず。脚本・演出・役者それぞれに高い評価を受けており、口コミで来場者は急増。
2007年春「あいあい傘」では初の大阪公演を果たし好評。また2007年夏「歌姫」では8500人
2008年夏「夕」ではついに一万人を越え、12600人を動員する。
2006年10月期にはテレビ大阪の開局25周年記念番組として深夜に30分12本の連続ドラマ
「魁!セレソンDX」(テレビ大阪・テレビ東京・テレビ愛知・テレビせとうち・TVQ九州放送)が
放送されるなど、その活動は幅・深さを広げ勢いを増す。
2007年10月期にはTBS金曜22時の枠で劇団のオリジナル作品「歌姫」がTBSにて連続ドラマ化し
サタケミキオは全話脚本と7話の監督を手掛けセレソンメンバーがレギュラー出演もはたす。
2008年6月、ドラマ「歌姫」は第2回ギャラクシー賞・マイベストTV賞グランプリを受賞した。
東京セレソンデラックスの名前が全国に響き渡るのも時間の問題・・・!?


★宅間孝行:
1970年7月17日、東京出身。本名:宅間孝行 
97年、劇団「東京セレソン」を旗揚げする。当初は主宰・役者の二役を務めていたが、01年「東京セレソンデラックス」と改名するのを機に、主宰・作家・演出・役者として活動するようになる。
作家・演出の際はサタケミキオ名義で活動し、近年では劇団以外での脚本も多く手掛け「花より男子」シリーズのドラマ・映画の脚本なども手掛けた。2008年夏公開の映画「同窓会」では初監督・脚本・主演を務め、演劇、テレビを超えて映画界にも進出した。
ちなみに、サタケミキオという名前は「東京セレソン」の第一作目「今夜だけ、キャバレーで」の宅間が演じた役名が脚本・演出家のサタケミキオ役であった事から、この名前が引用された。
(2009年より作家・演出に関してもサタケミキオ改め宅間孝行として活動を始める。)
また俳優以外にもこんな事も出来ちゃうぞ!とばかりにCX「映画の達人〜Filmania〜」、
TBSラジオ「サタケミキオと宅間孝行」ではMCを務めてみたりしている。もちろん本業の役者業は第一として、2009年にはNHK連続テレビ小説「つばさ」ではレギュラー出演も控えている。
他出演作としては、NHK「新選組」、「瞳」、TBS「タイガー&ドラゴン」、NTN「おせん」、
CX「今週、妻が浮気します」、「鹿男あをによし」、「セレブと貧乏太郎」など数多く出演している。