プロフィール

2歳からピアノを始め、6歳からNHK東京放送児童合唱団に所属。
音楽家である久石譲を父に持ち幼少時から音楽活動を続ける。
4歳の時には、映画『風の谷のナウシカ』の劇中歌、「ナウシカ・レクイエム」を歌い、人々に大きな印象を残している。

合唱団卒団後、コーラス・グループ「リトルキャロル」を立ち上げ、ソロ活動の傍ら現在も合唱を続けるとともに、コンサート企画、編曲、指導など、全体的なプロデュースを行っている。

2005年韓国興行収入第1位となった韓国映画『トンマッコルへようこそ』では、テーマ曲のヴォーカルを務めた。
自身でも作曲、ライヴ活動を積極的に行い、2006年、ワンダーランドレコードより「さくらが咲いたよ」をiTunesほか音楽配信サイトにてリリース。

2007年、日産スカイラインCM曲にて久石譲との合作「I will be」で作詞・歌を担当。


2008年、宮崎駿監督の最新作『崖の上のポニョ』のイメージ・アルバム収録の「ひまわりの家の輪舞曲」のヴォーカル、そして本編にもヴォイスで参加。
さらに、8月、日本武道館で開催された「崖の上のポニョ公開記念 久石譲 in 武道館〜宮崎アニメと共に歩んだ25年間〜」にゲスト・ヴォーカリストとして出演。
また、12月より日産スカイラインCM曲のリニューアル・ヴァージョンにも歌唱参加。

2009年、4月13日よりサントリー天然水のCM曲の歌唱を担当。DJ、DAISHI DANCE(ダイシ・ダンス)のアルバムで、
35万枚の大ヒットとなった『the ジブリ set』の「君をのせて」を歌う。以後、クラブのイベントにも多数参加。

2010年12月にはファースト・アルバム『麻衣』をビクターエンタテインメントより発売。

アルバム制作は、スウェーデン、プラハで行われた。同年から2年間、アルバム『麻衣』の中の「大きな木」がキョーリン製薬グループのCMソングとして採用される。
また中部電力のCM楽曲「DREAM LAND」を作詞、作曲、歌唱(ノルウェーにてレコーディング)。

2011年7月に全世界で公開された映画『ハリーポッターと死の秘宝 Part 2』のオープニングにソロ・ヴォーカルとして参加。
同年12月4日より放送されるNHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』第3部の主題歌「Stand
Alone」を担当。
作詞提供活動も行っており、山形県酒田第一中学校の校歌の作詞、不二家創業100周年記念で作られた「ペコちゃんの歌」の作詞を担当。

2012年、ニューヨーク国連本部の職員で結成された国連合唱団の日本ツアー「平和と慰霊のコンサート」のソロ・ヴォーカリストとして、広島、長崎、沖縄を回る。
同年12月、長野県中野市にて、地元の合唱団と共演し、「晋平・辰之メモリアル 麻衣ソロコンサート」を行う。
大阪城ホールで毎年行われている「母に感謝のコンサート」に2010年より3年連続出演。


2013年3月には東日本大震災で被害を受けた宮城県東松原市、牡鹿郡女川町を訪問し、無料童謡コンサートを開催。
現在も童謡の魅力、歌が持つ力を広めるため、精力的に活動中。