プロフィール

内省的なメロディと精密な打ち込みサウンドを志向する“Campanella” として、ダークなエレクトロニカ・ポップ・ユニット“anNina” として、そして「音の魔術師」の異名をとるアレンジャー/ コンポーザーとして、独自の音楽性をひたすらに、頑なに志向してきた鬼才=bermei.inazawa。

中学生の頃から作曲をはじめ、現在活況を呈している同人音楽の草創期から活動を開始。
さまざまなシンガーへオリジナルの楽曲提供を行い、「同人音楽の世界で彼の名を知らぬ者はいない」と言われるほどに厚い支持を獲得。日夜一人で、個人制作による創作の可能性を拡張し続けてきた。語るように構築されたメロディラインと、独自の哲学により編み出されたサウンド・プロダクションの精妙な響き。そして壮大な世界観を想起させる音像の数々。それはCLARK やPrefuse73、Flying Lotus にも比肩する才能と言っても過言ではないだろう。 

またbermei.inazawa が所有する私設スタジオ“studioCampanella” は、数多くの有名コンポーザー、実力派シンガーたちが出入りしてきたことでも知られており、今では彼を中心とした芳醇なピープル・ツリーを形成している。プロアマを問わず彼をフェイバリットに挙げるサウンド・クリエイターは後を絶たず、絶版状態の初期作品の再販を求める声は常に止まない。 

そんな彼の初期を代表するシリーズ・ワークス『Ancient Colors Infinity』をはじめ、彼のキャリアを代表する傑作を1 枚にまとめた、〈BEST 盤〉がリリースされる。めくるめく古の旋律と先鋭的なサウンド・プロダクションの融合、そして美しいサウンド・スケープとの華麗な混交を、ぜひ堪能して欲しい。 そして彼が、〈音の魔術師〉と呼ばれる由縁を本作でじっくりと体感して欲しい。

TEXT:冨田明宏(音楽評論/ ライター)