前田 サラ

SARAH MAEDA

プロフィール

プロテスタント教会の牧師で音楽家の父、音楽好き母の元6人兄弟の長女として育つ。
小学4年生のときに神戸に移りドラムの演奏を始め父の教会で演奏を始める。中学校の吹奏楽部ではクラリネットを担当するが、サックスに憧れサックスを手に入れて翌週の日曜日には教会で演奏を始める。16歳で東京に移り、高校に進学せずアルバイトで家計を助けながらサックスの演奏に専念し、家族とともに教会やストリートでも演奏するようになる。17歳のころから東京のライヴ・ハウスのセッションに積極的に参加し、様々なミュージシャンとの交流を重ねる。
19歳の時、自身のリーダー・バンドを結成しプロとして活動を始める。その頃、教会のイベントで渡米した際に世界的なサックス・プレイヤー、ロン・ブラウンと知り合いサックスのレッスンを受け、帰国後もSkypeを通じてのレッスンを2年間受ける。
また、高円寺環状7号線の歩道で練習中にドラマー、中村達也(ex-BLANKEY JETCITY)に声を掛けられ、the day:中村達也(ds)/KenKen (b)/蔦谷好位置(kbds)/仲井戸麗一(g)にサポート・メンバーとして加入する。