ビクターエンタテインメントについて
会社概要
事業内容
プレスリリース
採用情報
Victor Entertainment
Company Information

ビクターエンタテインメントは、1928年に日本ビクター株式会社(現・株式会社JVCケンウッド)の音楽事業部門としてレコード生産を開始しました。1972年にレコード会社として分離独立して以来、一貫してビクターグループ(現・JVCケンウッドグループ)のエンタテインメント事業の中核を担う総合ソフト会社として、音楽ソフトの企画・制作・販売を中心に幅広く事業を展開して参りました。その長い歴史の中では、時代の変遷と共に音楽そのものだけでなく、人々の音楽の楽しみ方も変化して来ています。しかし、人々が音楽に「夢」や「感動」を求め、豊かな生活をおくりたいと思う気持ちは何時の時代も変わりません。
私達は、夢や感動を創造し、有機的な人との繋がりによって、人々を音楽で幸せにすることを私達の使命として、また経営理念として常に念頭に置きながら、従業員一丸となり努力とチャレンジを続けています。



ニッパー

ビクターマークの由来 〜ニッパーについて〜
ビクターマークの原画は、1889年にイギリスの画家フランシス・バラウドによって画かれました。
フランシスの兄マーク・H・バラウドは「ニッパー」と呼ぶ非常に賢いフォックス・テリアをかわいがっていましたが、彼が世を去ったため、彼の息子とともにニッパーをひきとりフランシスが育てました。たまたま家にあった蓄音器で、かつて吹き込まれていた兄の声を聞かせたところ、ニッパーはラッパの前でけげんそうに耳を傾けて、なつかしい主人の声に聞き入っているようでした。
そのニッパーの姿に心を打たれたフランシスは早速筆をとって一枚の絵を描き上げました。
その時の蓄音器は録音・再生ができるシリンダー式でしたが、その後円盤式に画き変えられました。そして、「His Master's Voice」とタイトルをつけたのです。

亡き主人の声を懐かしそうに聞いているニッパーの可憐な姿は、円盤式蓄音器の発明者ベルリナーを感動させ、彼はこの名画をそのまま商標として1900年に登録しました。それ以来この由緒あるマークは最高の技術と品質の象徴としてみなさまから深く信頼され、愛されています。

Copyright (c) JVCKENWOOD Victor Entertainment Corp. All rights reserved.