NEWS

2014.04.22:

EXTREME、メンバーと会えるVIPパッケージ!

EXTREMEが、今年6月のジャパン・ツアーでVIPパッケージを販売します!

EXTREME VIPパッケージのご案内
★ メンバー全員とのミート&グリート
★ プロのカメラマンによる記念写真撮影(お一人様1枚)
★ 直筆サイン入りアーティスト写真
★ 記念ラミネートパス

料金:¥30,000(税込)

実施日
2014年6月8日(日) 昭和女子大学 人見記念講堂
2014年6月9日(月) 渋谷公会堂
2014年6月10日(火) TOKYO DOME CITY HALL
2014年6月12日(木) なんばHatch

※ このVIPパッケージにはコンサート・チケットは含まれておりません。VIPパッケージへの参加には、実施日と同日のコンサート・チケットが別途必要となります。
※ VIPパッケージの実施はコンサート開演前に行なわれます。

詳細はコチラをご覧ください!

photo

2014.04.17:

THE PRETTY RECKLESS、『Revolver Golden Gods Awards』に出演!

テイラー・モムセン率いるTHE PRETTY RECKLESSが、4月23日にLAで開催される米・ロック専門誌『REVOLVER』の式典『REVOLVER GOLDEN GODS AWARDS』に出席し、ライヴ・パフォーマンスを行います!

他にも、GUNS N' ROSES、KORN、JOAN JETT & THE BLACKHEARTS、ザック・ワイルド、A DAY TO REMENBERなども出演します!

なお、この授賞式でTHE PRETTY RECKLESSは、
- Song of the Year
- Most Dedicated Fans(もっとも熱狂的なファンをもつバンド)
のカテゴリーにノミネートされています! 受賞なるか!?

THE PRETTY RECKLESSのアルバム「GOING TO HELL」は、絶賛発売中!


2014.04.10:

AMORPHIS、追加公演決定!東京ではアコースティック・ライヴも!

フィンランドのメランコリック・メタル・バンドAMORPHISが、5月に『LOUD & METAL ATTACK』で来日します。その追加公演が決定しました!

<FINLAND FEST なんば>
5/22(木)大阪 なんばHATCH
OPEN 18:00 / START 19:00
Acts: AMORPHIS / VON HERTZEN BROTHERS

<FINLAND FEST エビス アコースティック・ギグ>
5/23(金)東京 恵比寿LIQUIDROOM
OPEN 18:00 / START 19:00
Acts: AMORPHIS / VON HERTZEN BROTHERS

http://www.creativeman.co.jp/artist/2014/05finlandfest/

なんと、恵比寿LIQUIDROOM公演は、アコースティック・ライヴ! AMORPHISの叙情性が会場から溢れ出します!

photo photo

2014.03.28:

エース・フレーリー、5年ぶりのソロ・アルバムを6月にリリース!

昨年、来日公演を行い、最高のエンターテインメント性を備えたド派手なロックンロール・ショウで日本のファンを改めて魅了した米・ロック・バンドKISS。そのオリジナル・ギタリスト、エース・フレーリーが、ビクター移籍第一弾作品となる5年ぶりのソロ・アルバムを6月25日にリリースします!

タイトルは、「SPACE INVADER」。『スペース・エース』の愛称で親しまれてきたエースだけに、ピッタリの名前です。少なくとも9曲の新曲と、STEVE MILLER BANDの名曲“The Joker”のカバーが収められていて、日本盤にはボーナス・トラックも収録予定!

エースは、“異星からの訪問者”という自身のキャラクターに則り、以下のようにコメントしています。

「地球での生活は俺にとって最高のもので、作ってきた作品の数々は時の試練に耐え、長く愛された。そして今、俺を邪魔するものは何もなく、俺の創造力はかつてないほど精密に調整されている。異星(地球)での成長は俺の感覚を増強し、他の者たちが失敗したであろうところで、俺の成功を可能にしてくれた。最良の時はまだこれからだ!」

エースはギターとヴォーカルを担当。ベーシストは、THE CULTのクリス・ワイズ。ドラマーは、BURNING RAINにも在籍するマット・スターが務めます!


アーティスト: エース・フレーリー/Ace Frehley
アルバム: スペース・インヴェイダー/Space Invader
発売日: 2014年6月25日
品番: VICP-65222
価格: 2,500円+税
備考: 日本盤ボーナス・トラック収録予定

photo

2014.03.26:

ゲイリー・ムーア、4/23発売のライヴ盤に『パリの散歩道』のギター譜が付属!

ゲイリー・ムーアのライヴ盤「LIVE(邦題:ゲイリー・ムーア・ライヴ)」の日本盤は、83年の発売当初、羽生選手で話題の“Parisienne Walkways(邦題:パリの散歩道)”のギター・スコア(楽譜)が付属していました。4月23日に紙ジャケット&K2HD HQCDで再発される同作品には、それを再現して封入しています!

そして、なんと、その“パリの散歩道”のギター・スコアを31年前に採譜された栗原務氏に直接お会いし、その譜面使用の許諾を戴きました!

---プロフィール---
栗原 務(kurihara tsutomu)
Lu7、EUROX、Electric Guitar Quartetといったバンドで活躍するギタリスト。ライターとしても活動し、ギターマガジン誌などでギター奏法に関する原稿を多数執筆。また、音楽制作 会社「CRYSTA」の代表取締役も務めている。
Lu7 website:http://lu7.biz
CRYASTA website:http://crysta.jp
------------------

羽生選手が実際にSPで使用したライヴ・テイク“パリの散歩道”を収録したこの「LIVE(邦題:ゲイリー・ムーア・ライヴ)」、是非GETしてくださいね! 同日には、「G-FORCE」「DIRTY FINGERS」「WHITE KNUCKLES」の紙ジャケット&K2HD HCD再発、そして世界初CD化音源も入った新規ベスト・アルバム「PARISIENNE WALKWAYS - JET TO THE BEST(邦題:パリの散歩道 〜ベスト・ゴールド・ソングス)」も発売!

photo photo

2014.03.26:

TRIPTYKONが、12月にAT THE GATESと英/欧州ツアー!

4月23日に新作「MELANA CHASMATA」を発表する、元CELTIC FROSTのトム・ゲイブリエル・ウォリアー(g,vo)率いるTRIPTYKONが、今年の12月にAT THE GATESの『At War With Reality 2014』と銘打ったツアーのサポートとして欧州を回ることを発表しました。

『At War With Reality 2014』
AT THE GATES
TRIPTYKON
MORBUS CHRON

12/4 London (UK)
12/5 Manchester (UK)
12/6 Glasgow (UK)
12/7 Birmingham (UK)
12/8 Cardiff (UK)
12/10 Essen (D)
12/11 Hamburg (D)
12/12 Eindhoven (NL)
12/13 Leipzig (D)
12/14 Wien (AT)
12/16 Aarau (CH)(*TRIPTYKON co-headline)
12/17 Munich (D)
12/18 Antwerpen (B)
12/19 Cologne (D)
12/20 Berlin (D)

photo photo

2014.03.24:

THE PRETTY RECKLESS、BBC Radio 1でのパフォーマンス動画を公開!

ロック美女、テイラー・モムセン(vo)率いるTHE PRETTY RECKLESSが、英国のBBC Radio 1の『Live Lounge』に出演し、アコースティック・パフォーマンスを披露しました!

その際に、FALL OUT BOYの“My Songs Know What You Did In The Dark (Light Em Up)”のカヴァーをプレイした映像が公開されています! 是非ご覧になってください!

THE PRETTY RECKLESSのニュー・アルバム「GOING TO HELL」は、3月12日にリリースされたばかり!

photo

2014.03.20:

AMORPHIS、『LOUD & METAL ATTACK』で来日決定!

メランコリック・メタルの英雄AMORPHISが5月に来日し、フィンランド出身のバンドがメインに集うフェスティヴァル『LOUD & METAL ATTACK』にヘッドライナーとして出演することが決定しました!

『LOUD & METAL ATTACK』
5月24日(土) 新木場 STUDIO COAST
OPEN 14:00 / START 15:00
TICKET \6,800 (税込 /All Standing / 1 ドリンク代別途)

ACTS:
AMORPHIS
VON HERTZEN BROTHERS
STAM1NA
ARION
THE BLANKO
Jupiter (from Japan)
http://www.creativeman.co.jp/artist/2014/05loud&metalattack/

『LOUD PARK 13』では出演時間もそれほど長くなく、もっと見たいと思った方もいらっしゃるでしょう。今回はヘッドライナーなので、いつもより多くの曲をプレイできるはず! 期待しましょう!

AMORPHISの最新作は、2013年の「CIRCLE」です!

photo photo

2014.03.17:

HELLOWEENのダニー(ds)、ドラミングの本が発売中!

HELLOWEENの凄腕ドラマーであるダニー・ルブレが、昨年、初のドラム・ブックを出版していたことをご存知ですか?

『Dani's Double Bass Drumming』というタイトルのこの本には、彼のツーバスの極意やグルーヴ、フィルのテクニック、プロ・ドラマーとしての心得などがたくさん書かれています。それはメタルのドラミングだけに留まらないとのことです。

英語版もコチラから購入可能ですので、プロを目指している人、ドラムが上達したい人は必読ですよ!

photo

2014.03.14:

ゲイリー・ムーア、世界初CD化音源を含む最新ベスト発売!

2011年2月にこの世を去ったアイルランド出身の不世出のギタリスト、ゲイリー・ムーア。その圧倒的なプレイで今なお世界中に熱狂的ファンが多く存在するゲイリーの、数々の名曲を収めた最新ベスト・アルバム『パリの散歩道 〜ベスト・ゴールド・ソングス(PARISIENNE WALKWAYS - JET TO THE BEST)』の発売が決定しました!

今作における最大の目玉は、「幻の曲」とも呼ばれていた音源を、世界で初めてCDに収録することです。この“Trust Your Lovin'”というタイトルの曲は、1980年代前半にゲイリーがG-FORCEを率いて活動していた際にリリースした7インチシングル「YOU」のB面に収められていた楽曲。1983年のリリース当時にも、ほとんど市場に出回ることのなかったシングル盤だけに、その存在すら知らないファンもいるほどの超貴重音源です。

さらに、フィギュアスケート羽生結弦選手が2012-2013、2013-2014シーズンのショートプログラムで実際に使用したライブテイクの“パリの散歩道(Parisienne Walkways)”も収録。他にも、原爆の悲惨さをうたった名ハード・ロック・ナンバー“Hiroshima”や、感動のバラード“Rest In Peace”など全17曲。全曲に最新のK2HDマスタリングを施されているため、その驚異の高音質にもご注目ください。そしてアルバムのジャケットには、ゲイリーが生前遺したサインをプリント!

また『パリの散歩道 〜ベスト・ゴールド・ソングス』発売日(4/23)と同日、ゲイリーが80年代前半に残した4作品『G-FORCE』、『DIRTY FINGERS』、『LIVE』、そして『WHITE KNUCKLES』が最新マスタリングし、高音質CD、紙ジャケット仕様で再リリース! 『DIRTY FINGERS』と『LIVE(現行タイトル:LIVE AT THE MARQUEE)』は、1983年に発売された日本盤LPのジャケットや付属品を復刻した造りとなります。後者には、当時封入されていた“パリの散歩道”のギタースコア(譜面)も再現し、同梱します!


ゲイリー・ムーア/GARY MOORE
『パリの散歩道 〜ベスト・ゴールド・ソングス/PARISIENNE WALKWAYS – JET TO THE BEST』
2014.4.23発売
価格:2,700円+税
品番:VICP-75135
仕様:K2HDマスタリング+HQCD、ジュエルケース

収録曲
1. YOU
2. ホット・ゴシップ
3. リアリィ・ゴナ・ロック
4. ザ・ウーマンズ・イン・ラヴ
5. アイ・ルック・アット・ユー
6. バック・オン・ザ・ストリーツ(ライヴ)
7. トラスト・ユア・ラヴィン【世界初CD化】
8. ホワイト・ナックルズ/ロッキン・アンド・ローリン
9. シーズ・ガット・ユー(ライヴ)
10. キッドナップト
11. ビコーズ・オブ・ユア・ラヴ
12. 組曲サンセット〜パリの散歩道(ライヴ)
13. ダンシン
14. ニュークリア・アタック
15. ダーティ・フィンガーズ
16. ヒロシマ
17. レスト・イン・ピース

photo

2014.03.06:

MICHAEL MONROE、ドレゲン脱退&リッチ・ジョーンズ加入

MICHAEL MONROEが、ドレゲン(g,vo)の脱退と、GINGER WILDHEARTSのメンバーであり、昨年のMICHAEL MONROEのジャパン・ツアーにもドレゲンの代役として帯同したリッチ・ジョーンズ(g)の加入を発表しました。

以下、バンドからのステイトメント訳文です。


MICHAEL MONROE、新ギタリストを迎える。そしてドレゲンはソロ活動に専念。

ドレゲンのソロ・バンドは、MICHAEL MONROEが4月と5月にフィンランドで行なう5回のショウのオープニング・アクトを務める。その後、MICHAEL MONROE、BACKYARD BABIES、THE HELLACOPTERSでのプレイで知られるこのスウェーデン人ギタリストは、そのまま彼のソロ・キャリアに重点を置く。

ドレゲンはこう語る。
「MICHAEL MONROEでの3年間は最高であり、俺は常に楽しんでいたよ! このバンドが恋しいけれど、俺のソロ・キャリア、そして今後のBACKYARD BABIESのアルバムに注力する時がきたんだ。前作『SENSORY OVERDRIVE』の後、MICHAEL MONROEを更なる次元へと連れていったアルバム『HORNS AND HALOS』において、俺がポジティヴなエネルギー、素晴らしいショウ、リフ、荒々しさ、そして楽曲で貢献できたのなら嬉しい。このバンドは凄い。だから、俺がいなくても大丈夫さ。俺は、俺自身のソロ・バンドとして、4月と5月にMICHAEL MONROEのショウの前座を務める。何て素敵なパッケージだ! 何て凄いショウなんだ! 何て素晴らしいエンディングなんだ!」

そして、マイケル・モンローはこのように付け加える。
「僕のバンドをドレゲンと彼のバンドがサポートすることは、素敵な送別会であり、ファンの皆への特別なおもてなしになるよ」

ドレゲンは、2011年の夏からMICHAEL MONROEのライヴでギタリストとして参加し、最新作「HORNS AND HALOS」でもプレイした。彼の後任は、昨秋の新作リリース・ツアーでもバンドとプレイした英国人ギタリスト、リッチ・ジョーンズ(GINGER WILDHEARTS、THE BLACK HALOS)。

「幸いにも、ドレゲンの代役として素晴らしい仕事をしてきてくれたリッチは、バンドの化学反応にとてもよく順応したし、残りのメンバーは彼を正式メンバーとして歓迎するよ。そして、この物語は続くんだ」と、マイケルは言う。

間もなく行われるいくつかのショウと、フィンランドでの夏のフェスティヴァルとの間、MICHAEL MONROEはイタリアとスペインでもプレイする予定だ。

MICHAEL MONROE
special guest: DREGEN (SWE)
Fri 25.4.2014 Tampere, Pakkahuone
Sat 26.4.2014 Helsinki, Tavastia
Sat 26.4.2014 Helsinki, Tavastia
Wed 30.4.2014 Naantali, Naantalin Kaivohuone
Fri 2.5.2014 Turku-Tukholma, M/S Viking Grace


MICHAEL MONROE、そしてドレゲン、どちらにも輝かしい未来が待っていることを祈ります!

photo

2014.03.06:

GLAMOUR OF THE KILL、英国の巨大フェス出演決定!

英国出身の若手メタル・バンドGALMOUR OF THE KILLが、7月に開催される祖国の巨大ロック・フェス『Sonisphere Festival』に参戦することが決定しました! 3日間のヘッドライナーは、THE PRODIGY、IRON MAIDEN、そしてMETALLICA!

昨年9月にリリースとなったGALMOUR OF THE KILLの2ndアルバム「SAVAGES」は絶賛発売中!

photo photo photo

2014.03.05:

THE PRETTY RECKLESSが、日本のTV番組のオープニング曲に!

テイラー・モムセン率いるTHE PRETTY RECKLESSの“Heaven Knows”が、tvk(テレビ神奈川)の人気音楽番組THE PRETTY RECKLESS『Billboard TOP40』の3月度オープニングテーマに決定しました!

番組は、毎週水曜の午後10:00〜10:55に放送されています! 是非チェックしてみてください!

THE PRETTY RECKLESSのニュー・アルバム「GOING TO HELL」は、3月12日に日本先行発売! ボーナス・トラック3曲追加です! iTunesではさらに1曲のボーナス・トラックを追加し、絶賛予約受付中

photo photo

2014.03.03:

EXTREME、デビュー25周年を祝うジャパン・ツアー決定!

アメリカン・ハード・ロックを代表するバンドEXTREMEが、デビュー25周年を記念したジャパン・ツアーを行ないます!

EXTREME - 25TH ANNIVERSARY JAPAN TOUR

6月8日(日) 東京 昭和女子大学 人見記念講堂 16:30 open/17:00 start
6月9日(月) 東京 渋谷公会堂 18:30 open/19:00 start
6月10日(火) 東京 TOKYO DOME CITY HALL 18:15 open/19:00 start
6月12日(木) 大阪 なんばHatch 18:00 open/19:00 start


EXTREMEの初ライヴ作品「TAKE US ALIVE」のDVDとCD、そして最新スタジオ・アルバム「SAUDADES DE ROCK」は絶賛発売中!

photo

2014.02.28:

DEEP PURPLEを徹底解剖したムック本、発売決定!

DEEP PURPLEを徹底解剖したムック本『ディープ・パープル ハード・ロックの伝道者、紫煙の旅路』が、3月27日に河出書房新社より発行されることが決定しました!

メンバーであるイアン・ギラン、ELPのキース・エマーソン、そして音楽評論家の伊藤政則氏のインタビューを中心に、テーマ別の論考や全スタジオ・アルバムの論評など充実の内容!

4月に控えた来日公演への期待を膨らませるべく、是非手に取ってご覧ください!


***************************************************
KAWADE 夢ムック 文藝別冊
『ディープ・パープル ハード・ロックの伝道者、紫煙の旅路』
3月27日発売/1,200円(税別)/224頁/河出書房新社・刊

【独占インタヴュー】
イアン・ギラン 「ジョンはディープ・パープルの父親だったんだ」
キース・エマーソン 「ディープ・パープルはクラシックとロックを融合し、ロックを“洗練”させたんだ」

【ロング・インタヴュー】
伊藤政則が語る、ディープ・パープル受容史

【エッセイ】
奥田英朗 「リッチーが『ガラクタ』と言った『嵐の使者』を聴き直す」

【テーマ論考】
増田勇一、大鷹俊一、大貫憲章、和久井光司、山崎智之、岩本晃市郎、巽孝之、御法川裕三、常見陽平

【人物論】
ジョン・ロード論 「クラシック的なものとロック的なもの」(小沼純一)
リッチー・ブラックモア論 「ガールフレンドから読み解くブラックモア史」(御法川裕三)

【インタヴュー】
熊谷達也 「あの熱視線を浴びていたら、小説を書こうと思わなかったかもしれない」
適菜収 「D層の研究?」

【論考・歴史と現在】
「THE HISTORY OF DEEP PURPLE」 舩曳将仁
「現メンバーは“選ばれし人材”か」 御法川裕三

【徹底解題レビュー】
Shades Of Deep Purple/紫の世界
The Book Of Taliesyn/ディープ・パープルの華麗なる世界
Deep Purple?V/素晴らしきアート・ロックの世界
In Rock/イン・ロック
Fireball/ファイアボール
Machine Head/マシン・ヘッド
Who Do We Think We Are!/紫の肖像
Burn/紫の炎
Stormbringer/嵐の使者
Come Taste The Band/カム・テイスト・ザ・バンド
Perfect Strangers/パーフェクト・ストレンジャーズ
The House Of Blue Light/ハウス・オブ・ブルー・ライト
Slaves And Masters/スレイヴス・アンド・マスターズ
The Battle Rages On…/紫の聖戦
Purpendicular/紫の証
Abandon/アバンダン
Bananas/バナナス
Rapture Of The Deep/ラプチャー・オブ・ザ・ディープ
Now What?!/ナウ・ホワット?!
+ライヴ盤&映像作品

【関連アルバムセレクト30】
「メンバー絡みで特に聴いておくべき10枚」 舩曳将仁
「“パープル的”を語るために欠かせない70年・80年代の10枚」 舩曳将仁
「時代を貫通するパープルの遺伝子、90年代以降の10枚」 奥村裕司

photo photo

2014.02.28:

THE PRETTY RECKLESS、衝撃セクシーなビデオがGyaO!で無料配信!

テイラー・モムセン率いるTHE PRETTY RECKLESSが、テイラーがヌードを披露した衝撃的ミュージックビデオ“Heaven Knows”を、GyaO!にて無料配信をスタートさせました!!

コチラから視聴可能です! 期間限定ですので、是非チェックしてみてくださいね!

新作「GOING TO HELL」は、3月12日に日本先行発売! ボーナス・トラック3曲収録です!

photo photo

2014.02.26:

ANGRAが、フランスのメタル系音楽賞にノミネート!

ANGRAが、フランスのメタル系音楽賞『Metal Sympho Awards 2014』における3つのカテゴリーにノミネートされました!

- Best international band
- Best international live performance
- Best music video : "Stand Away"

コチラから投票できますので、ANGRAの応援をよろしくお願い致します!

photo photo

2014.02.21:

テイラー・モムセンがTOWER RECORDSフリーペーパーの表紙に!

『ゴシップガール』のジェニー役や、『グリンチ』のシンディ役で有名な米・人気モデル/セレブのテイラー・モムセンが、TOWER RECORDSの洋楽フリーペーパー『YO! GAKU』の表紙を飾ります!

彼女が表紙の『YO! GAKU』は、3月4日からTOWER RECORDS全店で配布開始です!

テイラー率いるロック・バンドTHE PRETTY RECKLESSの新作「GOING TO HELL」は、3月12日に日本先行リリース! 『ゴシップガール』劇中歌の“Kill Me”は日本独占ボーナス・トラックです! お楽しみに!

photo photo

2014.02.17:

羽生選手SP使用の『パリの散歩道』は、34年前のライヴ音源だった!

フィギュアスケート羽生結弦選手が2012〜2013年、2013〜2014年シーズンのショートプログラムで使用し、今話題沸騰中のゲイリー・ムーアの名曲『パリの散歩道』が、実は34年前のライブ音源であったことをご存知でしょうか?

THIN LIZZY等での活躍でも知られるゲイリー・ムーアが、生前コンサートで数多くプレイし、多くのライヴ・アルバムに収録されてきた『パリの散歩道』。その中でも、羽生選手が実際に使用したのは、1980年11月の英・ロンドン「マーキークラブ」公演をレコーディングし、1983年にリリースされた『LIVE AT THE MARQUEE』に収録されているバージョンなのです。

ライヴのたびにその時々のフィーリングを盛り込み、違ったフレーズを奏でるため、同じプレイを聞くことは二度とないとまで言われた孤高の存在ゲイリー・ムーア。羽生選手が使用した『パリの散歩道』における“溜め”やフレージングは、紛れもなく『LIVE AT THE MARQUEE』のそれです。なお、同曲のスタジオ・バージョンは故フィル・ライノットによるボーカルが入ったものですが、『LIVE AT THE MARQUEE』だけが唯一インストゥルメンタル・バージョンを収録している作品で、現DEEP PURPLEのドン・エイリー(key)、元OZZY OSBOURNE、現WHITESNAKEのトミー・アルドリッヂ(ds)がライヴ・レコーディングに参加しています。

このゲイリー・ムーアの『LIVE AT THE MARQUEE』の日本盤は、2010年4月にゲイリーが21年振りの来日を果たした際に紙ジャケット仕様で再リリースしましたが、限定生産商品だったためにすぐに入手困難となったタイトルです。今回、日本全国からの熱い要望にお応えし、ライブ・アルバム『LIVE AT THE MARQUEE』、そして『パリの散歩道』同バージョンや名曲『ヒロシマ』を収録したベスト・アルバム『GARY MOORE BEST』のアンコールプレスを急遽決定しました!

早ければ来週頭にも店頭ならびに各オンラインショップにて取り扱われる予定です。羽生選手の熱演で『パリの散歩道』に興味を持ち、真のバージョンを聞きたい人は、これ機を是非!



商品情報
ゲイリー・ムーア/GARY MOORE
『ゲイリー・ムーア・ベスト/GARY MOORE BEST』
価格:2,400円+税
品番:VICP-60253
仕様:ジュエルケース

ゲイリー・ムーア/GARY MOORE
『ライヴ・アット・ザ・マーキー/LIVE AT THE MARQUEE』
価格:2,667円+税
品番:VICP-70143
仕様:紙ジャケット、SHM-CD

■羽生選手SP使用とほぼ同編集の『パリの散歩道』音源■


2014.02.15:

WITHIN TEMPTATION、祖国ナショナル・チャートで初登場1位!

世界最高峰のゴシック/シンフォニック・メタル・バンドWITHIN TEMPTATIONによる新作「HYDRA」が、祖国オランダのナショナル・チャートで初登場1位を獲得しました!

日本でも22位にランクイン! おめでとう、WITHIN TEMPTATION

#1 オランダ、チェコ
#2 フィンランド、スイス
#4 ドイツ、ポーランド
#5 オーストリア
#6 英国
#9 フランス
#11 ポルトガル
#12 スウェーデン
#16 米国
#17 ノルウェイ
#22 日本
#25 カナダ
#26 オーストラリア
#28 スペイン

photo photo

2014.02.15:

BEHEMOTH、祖国ナショナル・チャートで初登場1位!

エクストリーム・メタル界の巨獣BEHEMOTHの新作「THE SATANIST」が、祖国ポーランドのナショナル・チャートにおいて初登場1位にランクインしました!

また、アメリカ『Billboard TOP 200』でも34位になり、前作「EVANGELION」の55位を21ランクも上回る結果を残す大健闘! 日本でも過去最高の86位にランクイン!

バンドはこうコメントしています。
「このような過激でエクストリームな音楽が世界各国で過去最高位にランクインしたのを知り、胸がいっぱいだ。特に俺たちの祖国ポーランド。マイケル、マーチンをはじめとするMystic Productionの皆、献身と信頼に感謝する!」

おめでとう、BEHEMOTH

BEHEMOTH U.S. Chart Numbers:
Billboard Top 200 - #34
Top Overall Albums - #34
Independent Albums - #6
Current Hard Music - #4
Overall Hard Music - #4
Overall Core Rock - #8
Top Current Rock - #9
iTunes Metal - #3
iTunes Rock - #4
iTunes Top Albums - #24

BEHEMOTH Canadian Chart Numbers:
Top 200 Current Albums - #46
Current Digital Albums - #36
Hard Music Chart - #5
iTunes Metal - #1
iTunes Rock - #2
iTunes Top Albums - #19

photo photo photo

2014.02.13:

VANDENBERG'S MOONKINGS、1stビデオクリップ公開!

伝説的ギタリスト、エイドリアン・ヴァンデンバーグ率いるVANDENBERG'S MOONKINGSが、2月19日リリースのデビュー・アルバム「VANDENBERG'S MOONKINGS」から、1stビデオクリップ“Breathing”を公開しました!

グッとくるロック・バラードですので、是非チェックしてみてください!


2014.02.10:

DEEP PURPLE、『YOUNG GUITAR』の表紙に!

DEEP PURPLEの3人の歴代ギタリストが、2月10日発売の『YOUNG GUITAR』3月号の表紙を飾っています!

リッチー・ブラックモア、トミー・ボーリン、そしてスティーヴ・モーズの再考察、そしてスティーヴの最新インタビューなどを掲載したパープル大特集号!

DEEP PURPLEの来日も近づいてきた中、是非GETしてご覧ください!

4/9(水) 愛知 愛知県芸術劇場 大ホール
4/10(木) 大阪 オリックス劇場
4/12(土) 東京 日本武道館
http://www.udo.co.jp/Artists/DeepPurple/index.html

photo

2014.02.04:

BEHEMOTHのネルガルへ、SIGH川嶋氏がインタビュー!

BEHEMOTHのネルガル(vo,g)に、日本が世界に誇るブラック・メタル・バンド川嶋未来氏がインタビューした貴重な映像が、HMV Onlineにアップされました! 川嶋氏は、2月5日発売のBEHEMOTHの新作『THE SATANIST』のライナーノーツも執筆しています。

コチラからどうぞ!

ネルガルの音楽的ルーツや、テープトレードのことなど本当に興味深いです。

photo

2014.02.03:

BEHEMOTH、海外メタル誌の表紙を制圧中!

BEHEMOTHが、海外のメタル雑誌の表紙を征圧しています! それだけ、新作『THE SATANIST』の評価と期待値が高いということですね。

『THE SATANIST』は、ライヴDVD『LIVE BARBAROSSA』同梱のうえ、日本盤ボーナス・トラック3曲を収録して、2月5日リリース!

photo

2014.01.30:

HARDCORE SUPERSTAR、ライヴ・ビデオクリップを公開!

スウェーデンのロックンロール・バンドHARDCORE SUPERSTARが、2010年発表のアルバム「SPLIT YOUR LIP」に収録されている“Last Call For Alcohol”のライヴ・ビデオクリップを公開しました!


2014.01.30:

BEHEMOTH、新作のメイキング映像プロローグ第4弾公開

BEHEMOTHが、新作「THE SATANIST」のプロローグ映像第4弾にして最終章が公開しました。

何も語らずダーツに興じるネルガル(vo,g)。その的になっているものは…。

BEHEMOTHのアルバム「THE SATANIST」は2月5日に日本発売です。ボーナス・トラック3曲を収録し、ライヴDVD「LIVE BARBAROSSA」を同梱した2枚組での登場です。


2014.01.29:

BEHEMOTH、新曲のリリックビデオ解禁

エクストリーム・メタルの巨獣BEHEMOTHが、間もなく2月5日に発売する新作「THE SATANIST」からの新曲“Ora Pro Nobis Lucifer(邦題:堕天使よ、我らに祈りたまえ)”のリリックビデオを解禁しました! アルバムの4曲目に配置された曲です!


2014.01.29:

WITHIN TEMPTATION、3rdシングルのビデオクリップ解禁!

ニュー・アルバム「HYDRA」をオリコン週間CDランキングで22位に送り込んだ、ヨーロッパ最大のシンフォニック・メタル・バンドWITHIN TEMPTATION。その新作からの3rdシングル“Whole World Is Watching”のミュージックビデオを本日公開になりました!

この“Whole World Is Watching”は、アメリカン・ロックの重鎮SOUL ASYLUMのデイヴ・パーナー(vo)とのデュエットを果たした壮大なバラード。もちろんデイヴはビデオにも出演しています。

シャロンはデイヴとの共演について、このように語っています。
「彼らの名曲“Runaway Train”を初めて聴いた時のことを覚えているわ。私はインドを旅行中でMTV Asiaでそのビデオを観たの。デイヴの声と彼が書く歌詞に私は圧倒されたのよ! インドの雰囲気と合わさったこの曲のインパクトは、私の頭から離れることはなかったわ。そして、私たちが“Whole World Is Watching”を書いたとき、デイヴがデュエット相手の第一希望でね。彼はとても魅力的な声の持ち主で、それを意識したうえで作曲したものなのよ。これは人生における挫折を克服することについて歌っているの。結局、挫折は人を成長させるってね。それらのことが起こるとき、あたかも全世界が自分と一緒にいるように感じる。楽観的であると同時に、ドラマティックな曲なのよ」


2014.01.25:

BEHEMOTH、新作のメイキング映像プロローグ第3弾公開

2月5日発売のBEHEMOTHの新作『THE SATANIST』のプロローグ第3弾が解禁に!


2014.01.25:

WITHIN TEMPTATION、3rdビデオクリップのプレヴュー映像公開!

ついに1月22日に発売となったWITHIN TEMPTATIONの6作目『HYDRA』。オリコンのデイリーランキング(1/21付け)において初登場11位にランクインしたこのアルバムからの3rdビデオクリップ“Whole World Is Watching”の解禁が待たれる中、そのプレヴュー映像が公開になりました!

この曲“Whole World Is Watching”は、アメリカン・ロック・バンドSOUL ASYLUMのデイヴ・パーナー(vo)をデュエットの相手に選びレコーディングされた壮大なバラード。フル映像の公開をお楽しみに!


2014.01.24:

SKID ROW、19年振りの来日決定!

“Youth Gone Wild”や“Slave To The Grind”をはじめ、数々の名曲を世に送り出してきた、あのアメリカンHR/HMの雄SKID ROWの、何と19年振りの来日公演が決定しました! しかも一夜限りのスペシャルなライヴです!

SKID ROW
UNITED WORLD REBELLION TOUR
日程:2014年4月14日(月)
時間:OPEN 18:30 / START 19:30
会場:東京 渋谷 TSUTAYA O-EAST
チケット:1F standing \6,500(入場時ドリンク代 別途\500)
一般発売:2月15日(土)
主催・招聘・企画制作:H.I.P.
(問)H.I.P.(03-3475-9999)

その他詳細はコチラまで! お見逃しなく!

photo

2014.01.21:

テイラー・モムセン率いるTHE PRETTY RECKLESS、新作を3月に発表!

人気モデル/ファッションリーダーのテイラー・モムセンがシンガーとして率いるロック・バンド、THE PRETTY RECKLESS(プリティー・レックレス)が待望の2ndアルバムを3月12日に日本先行でリリースすることが決まりました!

注目のアルバム・タイトルは、『GOING TO HELL』

昨年12月よりすでに配信が開始されている同名楽曲がそのままアルバムの名前になっており、このタイトルについてテイラーはこう語っています。
「私たちメンバーは、それぞれの人生で色んな信じられない出来事を経験してきたから、ひと言でそれを表したかったの。それで、“地獄に堕ちる(Going to Hell)”がピッタリかな、って」

2010年にリリースしたデビュー・アルバム『LIGHT ME UP』が、全世界で35万枚を超えるセールスを記録し、英国ロック・チャートでは初登場1位に輝き、日本でも『サマーソニック2011』で初来日を果たすなど順風満帆な活動を続けていた彼らでしたが、新作の制作段階で大きな災難に見舞われました。2012年9月、ニュージャージーにあるウォーター・ミュージック・スタジオでケイトー・カンドゥワラを再びプロデューサーに迎え、2作目のレコーディングを開始したバンドでしたが、アルバムの大半をレコーディグし終わった頃、東海岸をハリケーン・サンディが襲ったのです。

「アルバムが形になってきていたのに、ハリケーンがスタジオや俺たちの制作したすべてを奪っていった。大量の水に部屋は破壊され、50万ドル分の機材は汚水と泥の中に埋まり、ほとんどすべてを一瞬で失ってしまったんだ」
と、ギタリストのベン・フィリップスは振り返る。

そしてテイラーがこう付け加えました。
「私たちは精神的に打ちのめされたうえ、大規模停電で真っ暗になったニューヨークを見て、言葉を失ったわ。どの道も、暗闇に包まれているのを見て、このタイトルを思いついたの…。とても強烈だった…」

そんな苦境に立たされたTHE PRETTY RECKLESSは、自我を抑えることをせず、アルバム制作に取り組みました。
「境界なんてないという考えで、このアルバムに取り組んだの。何の形式にも囚われず、流行も追わなかった。言いたいことを言っただけ。これが私たちだから」
そうテイラーは結論づけました。

なお、アルバム『GOING TO HELL』のジャケット写真も公開! テイラーが一糸まとわぬセクシーな姿で臨んだデザインは、男女問わず大いに目を引くでしょう!

1月29日より、ヘッドライナーとして北米をサーキット。そして2月28日からは、FALL OUT BOYとのヨーロッパ・ツアーを控えている。THE PRETTY RECKLESSの活動から、目が離せません!

◆アルバム詳細◆
プリティー・レックレス/THE PRETTY RECKLESS
2ndアルバム『ゴーイング・トゥ・ヘル/GOING TO HELL』
発売日:2014年3月12日 日本先行リリース
価格:2,100円+税
品番:VICP-65213

1. フォロウ・ミー・ダウン/Follow Me Down
2. ゴーイング・トゥ・ヘル/Going To Hell
3. ヘヴン・ノウズ/Heaven Knows
4. ハウス・オン・ア・ヒル/House on a Hill
5. スウィート・シングズ/Sweet Things
6. ディア・シスター/Dear Sister
7. アブソリューション/Absolution
8. ブレイム・ミー/Blame Me
9. バーン/Burn
10. ホワイド・ユー・ブリング・ア・ショットガン・トゥ・ザ・パーティ/Why'd You Bring A Shotgun To The Party
11. ファックト・アップ・ワールド/Fucked Up World
12. ウェイティング・フォー・ア・フレンド/Waiting for a Friend
+ボーナス・トラック

photo

2014.01.14:

Cyntia、2月にニュー・アルバム「Limit Break」発表!

1月8日にリリースされたニュー・シングル「閃光ストリングス」がオリコンのデイリーチャート(1月8日付)で初登場6位、iTunesロック・ミュージックビデオでは1位とスマッシュヒットを記録。2014年のブレイクに向け、スタートダッシュを切ったガールズ・バンドCyntia(シンティア)が、ニュー・アルバム「Limit Break」(リミットブレイク)を2月12日にリリースすることを発表しました!

自身3枚目となるオリジナル・アルバム「Limit Break」は、タイトルどおり、メンバーがレコーディングでそれぞれの限界を超えたパフォーマンスをひきだし、彼女たちが追い求める理想形を最大限に具現化した最高傑作。収録曲も多岐にわたり、歌モノ・ハードロックの真骨頂、ギターキッズ垂涎のプレイ、ハードかつドラマティックな展開にCyntiaらしいキャッチーさも加わった、巧みなメロディセンスが全曲に光る作品となっています。

さらに、各CDショップでの購入者特典の内容も発表。ニュービジュアルの入ったクリアファイルが先着購入者特典となっているほか、アルバム購入者封入特典として、抽選で当たるサイン入りポスターの応募券や4月のライブの先行販売など、盛りだくさん。

<Release Information>
Cyntia
NEW ALBUM『Limit Break』
2014年2月12日リリース!

【初回限定盤A】
CD+DVD(ライヴ5曲)
¥3,400+TAX
VIZL-634

【初回限定盤B】
CD+DVD(MV3曲+ライヴ2曲)
¥3,400+TAX
VIZL-635

【通常盤】
CD
¥2,800+TAX
VICL-64104

【収録曲】
1. 閃光ストリングス
2. Ride on time
3. GeAr.
4. カルマ
5. plant
6. Night Flight
7. エレウテリア
8. SSS
9. 孤影悄然(コエイショウゼン)
10. シオン
11. Limit Break

◆アルバム購入者特典決定!
【チェーン別特典】
下記チェーンの店舗/オンラインで2月12日発売のCyntiaニュー・アルバム「Limtit Break」をご予約・ご購入の方に、先着で特製「クリアファイル」をプレゼントいたします。(各チェーンごとに絵柄が異なります。)
特典は無くなり次第終了となります。また、一部店舗では取扱いの無い場合がございますので、ご予約・ご購入の際には各店舗にご確認ください。
【オリジナル・クリアファイル】
■TOWER RECORDS 全国各店/タワーオンライン
■HMV 全国各店/HMV ONLINE
■TSUTAYA RECORDS/TSUTAYA オンラインショッピング
■新星堂全国各店/新星堂オンライン
■ディスクユニオン オリジナル特典
"ディスクユニオン全国各店/ディスクユニオン オンラインショップにて、Cyntia「Limit Break」初回限定盤A(VIZL-634)"初回限定盤B(VIZL-635)を同時購入の方に先着で「クリップクロック」を差し上げます。

<ライブ情報>
★初の東名阪ワンマンLIVEツアー開催!
2014年4月11日(金) [愛知]名古屋APOLLO BASE
OPEN 19:00/START 19:30
2014年4月12日(土)[大阪]阿倍野ROCKTOWN
OPEN 17:30/START 18:00
2014年4月20日(日)[東京]新宿BLAZE
OPEN 17:00/START 18:00
※チケット:2014年3月1日より一斉発売

<ファンミーティング>
★Cyntiaファンミーティング
日時:2014年1月25日(土)
会場:南青山「Future SEVEN」(http://future7.jp/index.html
OPEN:14:00 STARAT:15:00

TICKET:1,800円(税込)※お土産付き
参加人数:限定150名(先着)
※ファンサイト会員の方のみの参加となります。
内容:メンバーと過ごすスペシャルな企画が満載。トークショー&握手会&サイン会&グッズ販売

photo

2014.01.08:

MORBID ANGEL、『KABUTO METAL』で4月来日!

デス・メタルの帝王MORBID ANGELが、今年4月に開催される『KABUTO METAL 2014』にて来日することが決定しました! 2011年9月以来の来日です!

KABUTO METAL 2014(feat. VENOM / MORBID ANGEL ...and more!!)
4月19日(土)大阪:なんばHATCH
4月20日(日)東京:新木場STUDIO COAST
http://www.smash-jpn.com/topics/detail.asp?id=1953&status=1

photo photo

2013.11.08:

REVOLUTION!!! Vol.34、開催決定!

レコード会社のメタル担当ディレクターたちが自らDJ/VJを務めるオフィシャル・リスニング・イベント『REVOLUTION!!!』、第34回目が開催決定! 皆さんのお越しを、心よりお待ちしております!

■REVOLUTION!!! vol.34
日時:2013年12月5日(木)
開場(開店)19:30/イベント・スタート20:00(終了予定22:00)
場所:新宿 歌舞伎町 ロック・バー「FROM DUSK TILL DAWN (フロム・ダスク・ティル・ドーン)」
住所:新宿区歌舞伎町2-27-7 やなぎビル3F
http://ameblo.jp/f-d-t-d/

料金:入場時に1ドリンクをオーダー(ソフトドリンク類 \400〜/酒類 \600〜)
参加レコード会社(※順不同):
トゥルーパー・エンタテインメント
ワーナーミュージック・ジャパン/ロードランナー・レコーズ
ビクターエンタテインメント



なお、この『REVOLUTION!!!』が11月11日(月)に24時間特番でニコ生に登場!

『ヘヴィメタル24時間SP!!レコード会社合同"NET METAL FES"ニコ生REVOLUTION!!!』
放送時間:2013年11月11日(月)21時00分 〜 11月12日(火)21時00分終了予定


2013.11.05:

DEEP PURPLE、来日記念ライヴ・アルバム発売決定!

DEEP PURPLEの2014年4月の来日が先日発表になりましたが、その来日公演を記念して、最新ライヴ・アルバムが12月に発売されることになりました!

その名も、「THE NOW WHAT?! LIVE TAPES」です!

このライヴ・アルバムは、今年5月に発表した通算19作目のスタジオ・アルバム「NOW WHAT?!」を携えてのツアーの音源を収めた作品。欧州ツアーにおけるイタリア、デンマーク、スウェーデン公演のライヴの音源を収録したフル・ライヴ・アルバムで、彼らの代表曲である“Smoke On The Water”をはじめ、“Strange Kind Of Woman”、“Black Night”、“Lazy”、“Perfect Strangers”といった名曲が披露されています。

また、本作はCD2枚組で、ディスク2には、日本では今年6月に配信のみでリリースされた“First Sign Of Madness”というオリジナルの新曲、すでに流通していない前作「RAPTURE OF THE DEEP」ドイツ版の2枚組限定盤から“MTV”と“The Well-Dressed Guitar”、さらには、ディスク1には収録しきれなかった“Space Truckin'”と“Hush”のライヴ音源が収録される予定です。

海外では、ディスク1のライヴ音源のみを収めたアナログ盤で発売となりますが、CDで発売となるのは日本のみ。現在DEEP PURPLEが所属する世界各国のレコード会社からも「CDで出したい」というリクエストがバンド側にあったそうですが、DEEP PURPLEにとって最も特別で大切な国である日本だけがそのリリースを許されました。しかも、シリアル・ナンバーの入った3,000枚限定の生産が予定されており、世界中のパープル・マニア垂涎のアイテムとなることは間違いありません!


DEEP PURPLE
「THE NOW WHAT?! LIVE TAPES」
発売日:2013年12月18日
品番:VICP-70192〜3
価格:3,360円(税込)
仕様:2枚組、ダブル紙ジャケット、高音質SHM-CD、シリアル・ナンバー入り3,000枚生産限定(予定)

DEEP PURPLE来日公演
2014年4月9日(水) 愛知 愛知県芸術劇場 大ホール
2014年4月10日(木) 大阪 オリックス劇場
2014年4月12日(土) 東京 日本武道館
総合お問合せ:ウドー音楽事務所

photo

2013.10.28:

DEEP PURPLE、日本武道館公演を含むジャパン・ツアー決定!

英国が誇るハード・ロック界最大の巨星DEEP PURPLEの来日公演がついに決定しました!

1972年の衝撃の初来日から頂点に君臨し続けるハード・ロック史上最強のバンドDEEP PURPLE! 18年振りの日本武道館公演を含む、名古屋、大阪、東京の3都市をまわるジャパン・ツアーです!

DEEP PURPLE来日公演
2014
4/9(水) 愛知 愛知県芸術劇場 大ホール 18:30 open/19:00 start
4/10(木) 大阪 オリックス劇場 18:15 open/19:00 start
4/12(土) 東京 日本武道館 16:00 open/17:00 start

今年発売となった通算19作目のスタジオ・アルバム「NOW WHAT?!」も絶賛発売中です! まだチェックされていない方は来日前にゼヒ!

photo photo

2013.09.20:

DOPE、新曲ティーザー公開!

アメリカのゴス・ロッカーズDOPEが、ついに動く! 2014年3月発売予定の新作「BLOOD MONEY」から、新曲“Drug Music”のティーザーを公開!



エドセル・ドープ(vo,g)率いるこのDOPE、結成は97年で、後にSTATIC-XやMURDERDOLLSに参加するトリップ・アイゼン(b)が在籍していたことでも知られるバンドです。見た目の毒々しさも手伝って、日本のゴス/ショック・ロック・ファンからも支持されてきました。過去2度の来日がその人気を裏付けています。

09年の通算5作目「NO REGRETS」リリース後は、BLACK LABEL SOCIETYやSEVENDUSTと一緒にツアーしたり、メンバーのヴァイラス(g)は、DISTURBEDのデイヴィッド・ドレイマン(vo)のプロジェクトDEVICEに参加したりしていましたが、ついに2014年、ニュー・アルバムを発表します。

エドセル・ドープはこう語ります。
「DOPEらしいサウンドだ。でも、レヴェルは上がっている。2014年のDOPEってことだね。アルバム毎に、ケミストリーは変わり、バンドも変わり、サウンドは増幅する。俺はこの結果に心から満足しているよ。ヘヴィで、鋭く、パンクで、ムカつき、怒りに満ちていて、エレクトロニックで、ノイジーで、メロディックで、メタルなサウンドだ。『NO REGRETS』の延長線上にあると同時に、どことなくデビュー作『FELONS & REVOLUTIONARIES』の雰囲気もある。紛れもないDOPEの音だ。それに、他のDOPEの作品同様、大音量でかけたり、ハイスピードで車をブッ飛ばすのに最適だ。今年中に、もっと多くのティーザーを公開するつもりだよ」

なお、ラインナップに変更があり、トリップ・トリベッツ(b)とエンジェル(ds)が抜け、今作から新たにニック・ディブズ(g)と、元DIRGE WITHINのシンガーだったジャームズ・ジェンスク(b)、そして元MUSHROOMHEADのダン“ダブズ”フォックス(ds)を迎えています! DOPEのニュー・アルバム「BLOOD MONEY」をお楽しみに!

photo

2013.07.24:

LOUD PARK 13、出演ラインナップ第2弾発表! ANGRA参戦!

10月19日(土)と20日(日)に開催されるメタルの祭典『LOUD PARK 13』。先日、出演アーティストの第1弾が発表になりましたが、第2弾も解禁! ブラジルの至宝ANGRAが参戦決定です!

※第2弾は赤文字表示
STONE TEMPLE PILOTS with Chester Bennington
KING DIAMOND
YNGWIE MALMSTEEN
EUROPE
STRATOVARIUS
ANGRA
LAST IN LINE
TRIVIUM
SPIRITUAL BEGGARS
BEHEMOTH
THERION
AMORPHIS
LORDI
DEVIN TOWNSEND PROJECT
BRING ME THE HORIZON
Crossfaith
MOKOMA
ENFORCER
BREAKING ARROWS
LOST SOCIETY
...and more!!

photo