NEWS

2018.04.09:

TRAUMER、新作を5月に発売

ビクターのお客様相談センターへのコンタクトがきっかけで日本デビューを果たした、ギルエルメ・ヒロセ(vo)率いるブラジル出身のメロディック・パワー・メタル・バンドTRAUMERが、前作「AVALON」以来2年ぶりとなる通算3枚目のスタジオ・アルバム「HISTORY」を5月9日(水)にリリースします!

90年代、HELLOWEEN、GAMMA RAY、ANGRA、STRATOVARIUSらを中心に日本のメタル・ファンを虜にしたメロディック・パワー・メタル、通称「ピュア・メタル」のメロディと疾走感を伴った楽曲を収めた2nd「AVALON」で話題となったTRAUMER。今作「HISTORY」はそのメロディの充実度をさらに高めた作品となっています。

マスタリングは、NIGHTWISH、STRATOVARIUS、そして日本のLOVEBITESの作品なども手掛けるフィンランドはFinnvox Studiosのミカ・ユッシラが前作に引き続き担当。北欧メロディック・パワー・メタル界におけるマスタリングの名手が、このTRAUMERのピュア・メタル・サウンドを、さらに強力なものへと導いた。

そして、サポートし続けてくれた未踏の地=日本のファンへ贈る楽曲“The Land Of Rising Sun”も収録!こちらもご注目ください!

photo photo

2018.02.21:

LOVEBITES、ドイツ「WACKEN OPEN AIR」出演決定

8月2日(木)から4日(土)の3日間にわたり、ドイツ北部のシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州で開催される、約8万人動員の世界最大級メタル・フェスティバルWACKEN OPEN AIRへの、LOVEBITESの出演が決定しました。

1990年から毎年開催されており、今年で29回目を迎えるWACKEN OPEN AIR。日本人女性ミュージシャンだけで構成されたメタル・バンドの出演は、LOVEBITESが初となります。

mihoは、こうコメントを寄せています。
「LOVEBITES結成当初からの目標のひとつであった『WACKEN OPEN AIR』への出演が早々に実現し、メンバー一同驚きと喜びでいっぱいです。日本人女性だけで構成されたメタル・バンドの出演はヴァッケンの長い歴史で初なので、その最初のバンドとして全力を尽くします。ドイツで世界中のメタル・ヘッズを前にプレイすることが待ちきれない!」

彼女たちが、JUDAS PRIESTやHELLOWEEN、ARCH ENEMY、CHILDREN OF BODOM、NIGHTWISHら世界的なバンドも多数出演し、約8万人のメタル・ヘッズが集結するWACKEN OPEN AIRにて、日本代表としてどのようなパフォーマンスを披露するのか、ぜひご注目を!

photo

2018.02.13:

ANTHEM主催「HEADSTRONG FES.18」にLOVEBITES参戦決定

日本のヘヴィ・メタルの重鎮ANTHEMが主催するHEADSTRONG FES.18に、LOVEBITESの参戦が決定しました。

CLUB CITTA’ 30th Anniversary SPECIAL
ANTHEM HEADSTRONG FES.18

【出演】
ANTHEM
SABBRABELLS(高橋喜一/松川純一郎/佐野博之/宮尾敬一/関口文一)
LOVEBITES
-OPENING ACT-
THE MAN(小野正利/YUHKI/島紀史/柴田直人/田丸勇)

2018年
7月8日(日) 【川崎】CLUB CITTA’ OPEN 15:00 / START 16:00
7月14日(土) 【名古屋】Electric Lady Land OPEN 15:00 / START 16:00
7月16日(月・祝) 【大阪】BIGCAT OPEN 15:00 / START 16:00

photo

2018.01.30:

ブライアン・セッツァー・オーケストラ東京公演に、布袋寅泰氏が緊急参戦!

只今ジャパン・ツアー真っ最中のTHE BRIAN SETZER ORCHESTRA。なんと2018年1月31日(水)の東京公演に、日本を代表するギタリスト「布袋寅泰」氏の出演が緊急決定!

かねてから親交があり、ライヴでも共演してきた2人ですが、今回はブライアンからロンドンにいる布袋寅泰に連絡をし、実に11年ぶりとなるステージの共演が東京ドームシティホールで実現することになりました。

日米の盟友同士が火花を散らす、豪華ギター・バトル競演をお見逃しなく!

THE BRIAN SETZER ORCHESTRA ジャパン・ツアー


2018.01.19:

ANGRA、11月に来日決定

ブラジルの至宝ANGRAが、2018年11月に来日することが決定しました! 注目の最新アルバム『ØMNI』を引っ提げての、3年ぶりの来日です!

2018年
11月5日(月) 愛知 名古屋 DIAMOND HALL
11月6日(火) 大阪 BIGCAT
11月7日(水) 東京 渋谷 TSUTATA O-EAST
11月8日(木) 東京 渋谷 TSUTATA O-EAST
https://www.creativeman.co.jp/event/angra18/

photo

2017.12.13:

HELLOWEEN、再追加公演決定!

7人編成のHELLOWEENによるツアーPUMPKINS UNITED、来年3月のZEPP TOKYOでの2公演に加え、追加公演のEXシアター六本木公演もSOLD OUT!! それに伴い、2018年3月27日(火)東京・ZEPP DIVERCITY TOKYOでの再追加公演が急遽決定!

ジャパン・ツアーの最終日です!お見逃しなく!

2018年3月27日(火)ZEPP DIVERCITY TOKYO
OPEN 18:00 / START 19:00
TICKETS 1Fスタンディング ¥9,800/2F指定 ¥12,000(各税込/1ドリンク代別途必要)
チケット発売日:2018年1月13日(土)〜
<問>クリエイティブマン (TEL: 03-3499-6669)

photo

2017.12.13:

TURISAS、5年ぶりの来日決定

フィンランドのバトル・メタラーズTURISASが、SUOMI FEAST 2018のヘッドライナーとして実に5年ぶりに来日することが決定しました。

2018年
5/24(木)大阪 心斎橋SOMA
5/25(金)名古屋 Holiday NEXT
5/26(土)東京 新宿BLAZE

photo

2017.12.10:

英『METAL HAMMER』誌にLOVEBITESのインタビュー掲載

12月7日発行の英・メタル専門誌『METAL HAMMER』(issue304)に、LOVEBITESのベーシストmihoのインタビューが掲載されています。表紙はMACHINE HEADのロブ・フリンです。日本からのご購入はコチラから。

photo photo

2017.12.05:

ANGRA、通算9作目のアルバム発売決定!

ブラジルの至宝ANGRAの、通算9作目のスタジオ・アルバム『ØMNI』が、2018年2月16日(金)発売決定です! 新曲“Travelers Of Time”のリリック・ビデオも公開となりました!




以下、バンドからのステイトメントの訳文です。

2018年、ANGRAの歴史においてまた別の時代が始まる。結成から26年が経った今なお、さらなるモチベーションの高さと強さ提示する。度々の不安定な軌道さえ、ラファエル・ビッテンコート(ギター)が結成し、フェリッペ・アンドレオーリ(ベース)、ファビオ・リオーネ(ヴォーカル)、マルセロ・バルボーザ(ギター)、ブルーノ・ヴァウヴェルデ(ドラムス)からなる5人組の焦点、決意、そしてインスピレーションを揺るがすことはできなかった。『ØMNI』は、ANGRAの通算9枚目のスタジオ・アルバムであり、数ヶ月にわたる努力の結晶である。

本作は、前作『SECRET GARDEN』同様、スウェーデンにてプロデューサーのイェンス・ボグレンとともにレコーディングされ、3年前の素晴らしきケミストリーが再び生み出されている。そのサウンドは、コンテンポラリーでありながらオーガニックな側面を持ち、各楽器のニュアンスとダイナミクスを尊重している。ブラジルのバイーア地方のパーカッションからヨーロッパのオーケストラ・アレンジに至るまで、多くのミュージシャンたちがこのプロセスに携わり、これらは本作にそれぞれ異なる重要な質感を与えている。

魂とアイデンティティを備えた音楽にとって、かつてなく不毛で不利な環境であるにもかかわらず、バンドは完全に異なる11曲のトラックを集めることに成功した。それと同時に、結合したストーリーを語り、ANGRAを世界的にしたすべてのスタイルやニュアンスを探り歩いた。とても固く結ばれたラインナップは、人間的にも音楽的にも創造性に溢れ、間違いなくバンドの最高傑作のひとつに収められた楽曲に、活気をもたらす必要不可欠な燃料であった。

ANGRAは、クラシックとヘヴィ・メタルを融合させた非常に強力なブラジリアン・スタイルをトレードマークとして持ち、プログレッシヴ・ロック、スラッシュ・メタル、ラテン・ミュージック、ジェントなど様々な要素を孕んだフォーミュラであり、現代風と親しみやすさを併せ持つサウンドを創造する。

『ØMNI』はストーリーを持ち、さまざまな場所で同時に起こるSF短編小説のようだ。構想の中核は、「2046年、人間の知覚と認知を変える人工知能システムが創造される」、というアイディアに基づく。このシステムは、現在と未来の人間との間の意識的コミュニケーションを可能にするからである。タイム・トラヴェラー、穴居人、戦士、その他のキャラクターたちが、このストーリーを語る。

また、このアルバムは、過去の傑作である『HOLY LAND』、『REBIRTH』、そして『TEMPLE OF SHADOWS』のコンセプトを、ラテン語で“あらゆるもの(everything)”を意味するメイン・システム『ØMNI』に結びつけることを目的とする。あたかも以前に起こったことのすべてがバンドの今日に進化したかのように。その結果、『ØMNI』はANGRAの歴史を祝いつつ、このバンドが生きる素晴らしき瞬間へと繋げるのだ。

カヴァー・アートワークは、解剖学、コンピューター・サイエンス、数学、宇宙学、神聖幾何学、象徴主義、宗教主義のような科学的概念と哲学的概念を融合することに人生を捧げる独創的な米国人アーティスト、ダニエル・マーティン・ディアスの手によって描かれた。デザイナーのグスターヴ・サゼスは、この類のオーガニック・アート作品を、アルバム全体のヴィジュアル・コンセプトに統合する役割を担った。

『ØMNI』は、バンドの歴史だけでなく、ブラジリアン・メタルとその世界的認知にとっても確実にマイルストーンになるだろう。




日本盤は、DVD付き限定盤も発売予定です。お楽しみに!

ANGRA
『ØMNI / オムニ』
2018年2月16日(金)発売
限定盤:DVD付 / SHM-CD仕様 / VIZP-156 / ¥3,500+税
通常盤:VICP-65481 / ¥2,500+税

TRACKLIST
1. Light Of Transcendence
2. Travelers Of Time
3. Black Widow’s Web
4. Insania
5. The Bottom Of My Soul
6. War Horns
7. Caveman
8. Magic Mirror
9. Always More
10. OMNI - Silence Inside
11. OMNI - Infinite Nothing

photo

2017.03.06:

LINE LIVE特番『メタル専門学校』復活! LOVEBITESのmihoがゲスト出演!

昨年9月に配信し、老若男女のハード・ロック/ヘヴィ・メタル・ファンから好評を博したビクターエンタテインメントのLINE LIVE特番『音漏れ注意!ビクターメタル専門学校!』が半年ぶりに復活!

前回に引き続きMCは、ビクターの音楽情報番組『6時のラジオ』で数々のミュージシャンとの軽妙なトークで人気を集めるダニエル小林。そこに、同社のハード・ロック/ヘヴィ・メタル系コミュニティ「VICTOR ROCKS」の運営に携わるディレクターの杉山が絡みます。さらに、ビクター洋楽部から5月24日にデビューすることを先日発表したガールズ・メタル・バンドLOVEBITESのベーシストmihoも“教育実習生”として参加し、ミュージック・ビデオを見ながら秘話や小ネタを織り交ぜた授業を繰り広げます!

その内容は、マイケル・キスクとカイ・ハンセンが限定復帰するHELLOWEENの未商品化の来日ライヴ映像や、「最後のアルバム」と噂される新作を発表間近のDEEP PURPLE、今年新作発売が予定されているEUROPEを始め、新旧のバンドの映像が盛り沢山!

さらに、番組中に紹介されたアーティスト/楽曲を中心としたLINE MUSICプレイリストも番組終了後に公開予定です。メタルを聴き始めたばかりの「新入生」から、すでにドップリ浸かっている「在校生」、そしてメタルを聴かなくなった「卒業生」も必見です!

番組名:音漏れ注意!ビクターメタル専門学校!
配信時間:2017年3月16日(木)21:00〜 ※アーカイブの予定はございません。予めご了承ください。

【視聴方法】
視聴URLにアクセスしてください。
視聴URL:https://live.line.me/channels/520/upcoming/1462656

※視聴にはLINE LIVEアプリが必要です。以下よりダウンロードできます。その後、ビクターエンタテインメントのアカウントをフォローください。
iPhone: https://lin.ee/goCPbh2/dtzb/ta
Android: https://lin.ee/4C8u0Ln/dtzb/ta

photo photo

2016.11.14:

HELLOWEENに、K・ハンセン&M・キスクが電撃復帰!総勢7人でワールド・ツアー!

HELLOWEENニュースレター

「30周年記念本『HELLBOOK』の製作で、初めて俺たちが達成してきたことを実感した。同時に、これまで俺たちのストーリーがほとんど語られてなかったとも思った」
― マイケル・ヴァイカート

ストップ! 括目せよ。

全世界のHELLOWEENファンにとっての大事件である。皆は、それを長年信じ、そして願い続けてきた ― ついにその時が。2017年秋、マイケル・キスクとカイ・ハンセンは再びHELLOWEENとステージを共にし、伝説的なオリジナル・ラインナップが甦る。これはガセネタではない。ヴァイカート、キスク、ハンセン、グロスコフは、往年のHELLOWEENの楽曲をライヴでプレイし、ジョイント・ツアーを行なうのである。大ニュースだ、素晴らしい。しかし、落ち着いてほしい。それだけではない! PUMPKINS UNITEDの旗のもと、すべてのパンプキンたちが集結。アンディとキスクがヴォーカルを、カイとヴァイキーとサシャがギターを、そしてマーカスとダニがリズム・セクションを務めるのだ。

PUMPKINS UNITED WORLD TOUR 2017/2018:GOOD. AS. IT. GETS.(意味:最高に素晴らしい)


着想

疑うべくもなく、HELLOWEENはドイツでもっともリスペクトされる世界的メタル・バンドのひとつであり、ジャーマン・メロディック・スピード・メタルの創始者であると考えられている。同ジャンルのゴッドファーザーとして、彼らは世界でもっとも影響力のあるメタル・バンドのひとつへと成長した。栄光のキャリアは1984年から始まり、ブラジルの『ROCK IN RIO』、日本の『LOUD PARK』、50万人の前でヘッドラインを務めたポーランドの『WOODSTOCK』など、数多のメタル・フェスティヴァルに出演してきた。また、数えきれないほどのヘッドライン・ツアーや、IRON MAIDENやBLACK SABBATH、DIO、SLAYER、OZZY OSBOURNEらと大規模なツアーを行ない、ボルネオ島、インドネシア、ブラジルのマナウスといったエキゾチックな土地や、標高3,200mを超える世界最標高の首都ラパス(ボリヴィア)でもプレイした。また、1988年のドニントンでのフェスティヴァル『MONSTERS OF ROCK』における10万人の前での華々しいショウは、ANTHRAX、EXODUSと米国をまわったMTV HEADBANGER’S BALL TOUR同様、語り継がれている。メロディック・スピード・メタルの傑作「KEEPER OF THE SEVEN KEYS(守護神伝)」の第1章と2章を含め、これまでバンドは15枚のスタジオ・アルバムと3枚のライヴ・アルバムをリリースしてきた。総セールスは800万枚を超え、14のゴールド・ディスクと、6つのプラチナム・ディスクを獲得。30年にわたりHELLOWEENは、極上のリフと素晴らしい楽曲、耳から離れないメロディでファンを魅了してきた。そして2015年、その世界的キャリアの30年間を『HELLBOOK』をもって正式に祝福。それが、このPUMPKINS UNITEDのアイディアが生まれた瞬間である。この「アニヴァーサリー・バイブル(記念聖書)」は、カイたちとのツアーだけでなく、バンドが次なる章に進むべきであると彼らに気付かせた。キスクはこう語る。
「UNISONICとしてHELLOWEENの曲を歌うことは完全に回想だったけれど、オリジナル・ラインナップとアンディとでロックすることは、とてつもなく特別なものになるだろう。時は満ちた!」
キスク、ハンセン、ヴァイカート、グロスコフの間に生じる化学反応は非凡であり、常にそれを望んできたあなた達のためのリヴァイヴァルである。今、完全なるキャストと強烈な興奮をもって巨大なイヴェントが実現する!


詳細

このスーパー・ツアーにおいて最初に決定した日程は、2017年10月28日のブラジルはサンパウロ公演であり、パンプキンたちは、南米、ヨーロッパ、アジア、北米の選ばれた都市へと向かう。いくつかの極秘サプライズもあるこの究極の重大案件は、30年間のHELLOWEENのレパートリーをフルスピードで駆け抜けるが如く、彼らの名曲で構成された約3時間となるだろう。
「『HELLISH ROCK』のパート1と2で、すでに俺たちは素晴らしい時間を過ごしてきたけれど、今回はそれが倍になる」
そうカイ・ハンセンが語ると、マーカス・グロスコフはこう付け加える。
「長いことプレイしていなかった曲やプレイしたことのない曲も確実に演奏するだろう」

オリジナル・ラインナップは、非常に感情的になるであろうこの世界規模のパーティを、HELLOWEENの全アルバムを持ち、このツアーのチケット確保に奔走してくれたあなたと祝福したいと思っている。なぜなら、このスペシャルなワールド・ツアーは、再結成ではなく、あくまで恐らく今回限りの事であるからだ。アンディが我々の鋼鉄心をこう伝える。
「ミヒ(キスク)時代と俺の時代の曲を、ステージ上で彼と一緒に歌うことを心底楽しみにしているよ。絶対に特別なものになるだろう」

息つく暇もないほどの興奮の情報は以上。さあ、深呼吸だ。

photo