1. トップページ
  2. アーティスト | 邦楽
  3. 黒沢 明とロス・プリモス

ムード・コーラス人気ナンバー1グループ、
黒沢明とロス・プリモス、全盛期の魅力!!

ビクター移籍記念作「ヘッド・ライト」が大ヒット!
(作詞:橋本 淳、作曲・編曲:筒美京平)
数々のムード歌謡の傑作はじめ、
ビクター在籍10年間のロス・プリモスの世界を完全網羅!
クラウン時代のヒット曲もセルフカバー・バージョンで収録。

  1. 01

    ヘッド・ライト

  2. 02

    夜霧のインペリアル・ロード

  3. 03

    たそがれの東京

  4. 04

    せめてお名前を

  5. 05

    あたしの彼氏 {彼氏=ひと}

  6. 06

    夜のブルース

  7. 07

    女みずいろ

  8. 08

    くるま・おんな・ぶるーす

  9. 09

    この恋だけは

  10. 10

    銀座物語

  11. 11

    うたがわないで

  12. 12

    悲しみは雨のように

  13. 13

    アカシヤ並木に雨が降る

  14. 14

    想い出の女 {女=ひと}

  15. 15

    恋のラストブルース

  16. 16

    女のブルース

  17. 17

    銀座ブルース

  18. 18

    城ケ崎ブルース

  19. 19

    君からお行きよ

  20. 20

    生命のブルース

黒沢明とロス・プリモス
~全盛時ビクター・イヤーズのヒット曲集

 昭和40年代の歌謡曲の大きなジャンルをになったムード歌謡、その中でも一番の人気を誇ったのが「黒沢明とロス・プリモス」である。
 1961年(昭和36年)にラテン・バンドとして結成、のちに創立間もない日本クラウンからレコード・デビュー、一年後「ラブユー東京」の大ヒットで彼らの音楽がテレビ、ラジオ、有線から洪水のように流れ出た。都会の夜を歌っているものがほとんどなのに、皮肉にも地方都市の盛り場から火がついたヒットが多い。歌詞は酒場の女性の心情を歌ったもので、これがまた森聖二のさびのある甘い声にあったのだろう。またロス・プリモスはラテン・バンドの出自なので、放送以外のステージでは全員が楽器を持って演奏していたのも他のコーラス・グループにはない特徴だった。森が自分の歌のあとの間奏でフルートに持ち変える姿は、なんとも言えず、かっこよかった。
 わずかの期間にヒットの記録を重ねてコーラス・グループの頂点にたった1969年(昭和44年)の夏にビクターに電撃移籍。マヒナスターズを東芝に奪われたビクターはロス・プリモスのために素晴らしい作家陣を用意、クラウン時代とはまた違うテイストの新しいヒット作品を生み出した。やがて高度経済成長が終わり、大箱のキャバレーや、ナイトクラブが都会から姿を消すと同時に、あれほど時代を席巻したムード歌謡も勢いをなくしてしまうが、ロス・プリモスの全盛期の魅力が、ここに網羅されていることは間違いない。
 本CDに収録されたビクター・イヤーズの彼らの活躍ぶりは、昭和40年代のムード歌謡の隆盛そのものである。
(解説:高橋正人)


DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

SHARE

VICTOR’S INFORMATION
ビクターエンタテインメント情報

NEW RELEASE ニューリリース

TOPICS トピックス

PLAYLIST プレイリスト

SNS ビクターエンタテインメント公式SNS

Twitterアカウント
Facebookアカウント
  • LINE
  • LIVE
  • LINE

VIDEO ビデオ


サザンオールスターズ

壮年JUMP(Full ver.)


星野源

アイデア【Music Video】