“TAHITI80のDNA”ともいえる煌びやかなメロディとうねるグルーヴが織りなすサンシャイン・ポップ!

  1. 01

    レット・ミー・ビー・ユア・ストーリー LET ME BE YOUR STORY

  2. 02

    ナチュラル・リアクション NATURAL REACTION

  3. 03

    サウンド・ミュージアム SOUND MUSEUM

  4. 04

    マイ・グルーヴ MY GROOVE

  5. 05

    ワンダーボーイ WONDERBOY

  6. 06

    ハーツ HURTS

  7. 07

    トゥ・エニワン TO ANYONE

  8. 08

    ストラング STRUNG

  9. 09

    ターニング・ポイント TURNING POINT

  10. 10

    ジョーカーズ JOKERS

  11. 11

    ジュエル JEWEL

  12. 12

    エターニティ ETERNITY

  13. 13

    トゥ・エニワン〔トワイライト・ヴァージョン〕 TO ANYONE [TWILIGHT VERSION]

サンシャイン・ポップとビート、これはマージー・ビートとかビッグ・ビートみたいにいくつかの音楽ジャンルに集約したものといえる。つまりTAHITI80のDNAだ。
グザヴィエ・ボワイエ


■2014年に発表した通算6作目となるアルバム『BALLROOM』以来約4年ぶりとなる最新アルバム。

■収録曲全てがヒット・シングルとして成立するようなアルバム―――、今作はそんなコンセプトをさらに深化させた1枚で、エネルギーや活力、直感性に溢れた多様な楽曲が並ぶ。そのような様々なタイプの楽曲が並ぶものの、どの楽曲もTAHITI80らしいポジティブでポップな要素と独特なグルーヴで溢れている。

■プロデュースはTAHITI80とともに、盟友アンディ・チェイス、ミックス・エンジニアにエリオット・スミス等を手がけたトニー・ラッシュが参加している。

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

VIDEO ビデオ

SHARE マイアーティスト
メール登録