長山 洋子
Yoko Nagayama

じょっぱり よされ/恋・三味線

2018.06.27
シングルカセット/ VISL-37399
¥1,204+税
Victor

  1. A
    01

    じょっぱり よされ

  2. A
    02

    恋・三味線

  3. B
    01

    じょっぱり よされ~オリジナルカラオケ~

  4. B
    02

    恋・三味線~オリジナルカラオケ~

~長山洋子 迫力の立ち弾き三味線~
昨年デビュー35周年に向けて発売した“別れ上手”はアイドルでデビューした長山洋子だからこそ歌える≪POP歌謡≫を位置づけた曲。今作は演歌歌手、長山洋子を代表する≪立ち弾き三味線≫曲を発表。また今回は三味線の魅力を伝えるべく2曲の両A面として“じょっぱり よされ”と“恋・三味線”が収録されている。女心の両端の2曲で長山洋子が見事に演じ歌う作品になっている。


じょっぱり よされ・・・
久々に力強い津軽三味線のビートに載せて、瀬戸際に追い詰められた、女心の叫びを唄に。罪な恋と分かっていながら、世間や、雪・風・波・三味線の音・全てのものから、止しなさいと、どんなになじられようが、この愛を命を掛けても、もう迷わない。屈しない一途に意地を通す、じょっぱり女の恋の歌。
※「じょっぱり」とはこの歌では、津軽の女、一途さ、強さ、意地、等を表現しています。
※「よされ」とはこの歌では、三味線の音色、風、波、雪等の擬声化として、また津軽の認識性として表現しています。また、止しなさい的な意味も有りです。(よされ節の世を去れと言う解釈もあるが、そのよされ節とは関係ありません)

恋・三味線・・・
メジャーキーで明るい曲になっているが、夢を追いかける男に尽くし、騙されても、とにかく一緒にいさえすればそれでいいという健気な女性の心を、カラオケ三味線大衆演歌を唄ってます。女心も楽曲イメージもともに“じょっぱり よされ”とは両端の曲になっていて、合わせて今回の≪立ち弾き三味線≫の長山洋子を披露する。

SHARE マイアーティスト
メール登録

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

NEWS ニュース

RSS
RSS

VIDEO ビデオ