コンセプション
CONCEPTION

ステイト・オブ・ディセプション STATE OF DECEPTION

2020.04.22
アルバム / VICP-65563
¥2,600+税
Victor

この概念が再び世界を包む
ロイ・カーンとトゥーレ・オストゥビーを擁するノルウェーのプログレッシヴ・メタル・レジェンド
23年ぶりのフル・アルバムで、遂にシーン再降臨!

  1. 01

    イン:ディセプション IN:DECEPTION

  2. 02

    オブ・レイヴン・アンド・ピッグズ OF RAVEN AND PIGS

  3. 03

    ウェイワードリィ・ブロークン WAYWARDLY BROKEN

  4. 04

    ノー・リワインド NO REWIND

  5. 05

    ザ・マンション THE MANSION

  6. 06

    バイ・ザ・ブルーズ BY THE BLUES

  7. 07

    エニィボディ・アウト・ゼア ANYBODY OUT THERE

  8. 08

    シー・ドラグーン SHE DRAGOON

  9. 09

    フェザー・ムーヴズ〔リマスタード〕 FEATHER MOVES [REMASTERED]

超実力派シンガー=ロイ・カーンと、名ギタリストにしてバンドの頭脳=トゥーレ・オストゥビー(g)を擁するノルウェーのプログレッシヴ・メタルのレジェンドCONCEPTIONが、23年ぶりのフル・アルバム『STATE OF DECEPTION』をリリースする。

■不動のラインナップで再結成
2018年CONCEPTIONは、ロイ・カーン、トゥーレ・オストゥビー、インガル・アムリアン(b)、アルヴ・ハイムドル(ds)という、キーボーディストこそ不在ではあるが、1991年のデビューから解散した1998年まで不動であった4人で再結成。シングル『RE:CONCEPTION』と、EP『MY DARK SYMPHONY』をリリースしている。もちろん本作『STATE OF DECEPTION』も同じラインナップだ。
リード・シンガーのロイ・カーンはこう語る。
「ファンからの応援は、必然的に俺たちに新しいアルバムのレコーディングに突き動かした。これをリリースしなければ、彼らは暴動を起こしたことだろう! しかし、俺たちは曲の数々に非常に誇りにもっている。実際、本作は俺がこれまで関わった作品の中で最高のものだと思う」

■ファンによるクラウドファンディングで制作
「ファンと直接的関係を築きたい」というバンドの希望を反映して、このアルバムはファンから資金援助を受けて作られている。さらに、『STATE OF DECEPTION』は完全に自主制作されており、WITHIN TEMPTATION、EUROPE、RAMMSTEINなどとの仕事で有名なステファン・グラウマンの素晴らしいミックス・スキルの恩恵を受けている。交響的なメロドラマからロック・リフのユートピアに至るまで、バンドのトレードマークであるプログレッシヴ・サウンドを完璧に捉えた内容だ。
ギタリストのトゥーレ・オストゥビーがさらに詳しく説明する。
「この新しいアルバムの制作は、これまで以上にバンドの心と魂を深く掘り下げ、感情的で刺激的なプロセスだった。その結果はダイナミックで強烈で、2020年のCONCEPTIONの状態をキャプチャーできたように感じるよ!」

■AMARANTHEのエリーゼ参加
5曲目“The Mansion”には、AMARANTHEの女性シンガー、エリーゼ・リードが参加。ロイの温かくも力強いヴォーカルに、優しさ溢れるエリーゼのヴォーカルが重なり、呼応する。

SHARE

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー