FRIED PRIDE
FRIED PRIDE

ミュージックリーム

2006.06.21
アルバム/ VICJ-61356
¥2,857+税
Victor

Fried Pride待望のニューアルバムは、6枚目にして初の日本語に挑戦!
JAZZ/ROCK/POPというカテゴリーを遥かに超越した“フラプラ流POPアルバム”完成!

  1. 01

    君の瞳に恋してる  CAN'T TAKE MY EYES OF YOU

  2. 02

    リバーサイド・ホテル

  3. 03

    接吻KISS

  4. 04

    Nightbirds  ナイトバーズ

  5. 05

    Words With Wings  ワーズ・ウィズ・ウィングス

  6. 06

    Get Down To Me

  7. 07

    Midas Touch

  8. 08

    永遠に

  9. 09

    Higher Ground

  10. 10

    La La Means I Love You

<カッコ>内はオリジナル・アーティスト名

Produced by Fried Pride
<パーソネル> Shiho(Vo)、Akio Yokota (g) 
--
●2005年夏、JAZZの聖地New York Blue Noteでの彼らのLiveパフォーマンスは音楽に厳しい地元のJazz Fanを魅了、世界でもTopクラスの実力を証明して見せた。ジャンルを超えたフライド・プライドの次なる目標は彼らならではの上質なPOP作品を紡ぎだすこと。今回は初の日本語にも挑戦!

●既に数箇所のLiveで披露し絶賛を浴びた“永遠に”(ゴスペラーズ)の他、更に3曲をユニークなアプローチでレコーディング、見事にフラプラ流POPに消化フライド・プライドに新たな魅力が加わった。

●前作『two, too』で、Vo&Gという原点に回帰した、フライド・プライド、今作も最小ユニットならではの独自な音世界を構築、改めて2人の才能を思い知らされる。

●収録曲 
1)君の瞳に恋してる(Boys Town Gang)
1982年、ディスコブーム時代にメガヒットした、まさに昭和デイスコの代表曲。TVドラマ主題歌やCMソングにも使われ、数多くアーティストがカヴァーしている。ここでは、ラテン・フレィヴァーに溢れたダンサブルなギター・アレンジでパーカッションも大活躍。

2)リバーサイド・ホテル(井上陽水)
1982年にドラマ主題歌としてシングルヒット。井上陽水の代表曲として、現在まで様々なアーティストがカヴァーしている。Fried Prideヴァージョンは、JAZZテイストとShihoのエモーショナルなヴォーカルで聞かせる。

3)接吻 KISS(Original Love)
当時、元祖渋谷系アーティストとして話題となったオリジナルラブの、1993年にドラマ主題歌としてヒットした作品。この曲は当時からカラオケで良く歌われ、現在でも特に30代の人気曲として健在とのこと。Shihoの圧倒的なヴォーカルと巧みなコーラスが満喫出来る。

4)Nightbirds(Shakatak)
UKジャズ・ファンク/フュージョン界の大御所グループ“シャカタク”の、1982年に大ヒットした作品。日本では当時、サーファーのマストBGMとして蔓延した。Fried Prideヴァージョンは、16ビートのリズミカルなギターと、それに絡むShihoのスキャットがGood。

5)Words With Wings(Fried Pride オリジナル曲)
作曲は横田、作詞はお馴染みの福田美環子。リズミックな曲調にラップも取り入れるなど、今までに無いアプローチを見せ、新境地を開いた。

6)Get Down To Me(Fried prideオリジナル曲)
横田の超絶ギータテクが炸裂するオリジナル。アッパーな曲調とパワフルなShihoのヴォーカルも聞き応え充分。これも、作曲:横田、作詞:福田美環子のコンビによる。

7)Midas Touch(山下達郎)
2005年1月に両A面として発売されたシングル曲で、ドラマ主題歌として使われた。ここではオリジナルの匂いを残しながらも、Fried Pride流のJazzyなアプローチで纏め上げ、楽曲の良さを充分に引き出している。

8)永遠に(The Gospellers)
2000年にシングルとして発売され大ヒット。ゴスペラーズのブレイクのきっかけとなった曲。Fried Prideヴァージョンは、情感に溢れたShihoのヴォーカルを生かしたシンプルなアレンジで、バラードの名品に仕上がっている。

9)Higher Ground(Stevie Wonder)
1973年に発売された作品。この曲はレッド・ホット・チリ・ペッパーズをはじめ、数多くのミュージシャンによってカヴァーされているが、ここにもうひとつブルージーに纏め上げたFried Prideヴァージョンが加わった。 

10)La La Means I Love You (The Jacson Five)
1968年のソウルシーンのトップアーティスト“デルフォニックス”のヒット曲。他に、Swing Out Sisters でも知られている。Shihoのスムースでメロウなヴォーカルが素敵に楽曲の素晴らしさを表現している。

SHARE マイアーティスト
メール登録

VICTOR’S INFORMATION
ビクターエンタテインメント情報

NEW RELEASE ニューリリース

TOPICS トピックス

PLAYLIST プレイリスト

SNS ビクターエンタテインメント公式SNS

Twitterアカウント
Facebookアカウント
  • LINE
  • LIVE
  • LINE

VIDEO ビデオ


サザンオールスターズ

壮年JUMP(Full ver.)


サンボマスター

輝きだして走ってく MUSIC VIDEO