ジョヴァンカ
GIOVANCA

サブウェイ・サイレンス SUBWAY SILENCE

2008.09.17
アルバム / VICP-64297
¥2,400+税
Victor

都会的でありながら、ほんわかと暖かく胸をキュンとさせる珠玉のポップ・ミュージック。オランダの鬼才、ベニー・シングスが見出した新世代のディーヴァ、ジョヴァンカ!

プロデュース:ベニー・シングス

  1. 01

    オン・マイ・ウェイ ON MY WAY

  2. 02

    ジョイライド JOYRIDE

  3. 03

    ヒプノタイズ・ユー HYPNOTIZE YOU

  4. 04

    ア・マター・オブ・ファクツ A MATTER OF FACTS

  5. 05

    メランコリック・ユー MELANCHOLIC YOU

  6. 06

    ピュア・ブリス PURE BLISS

  7. 07

    ムーヴィング・ミー MOVING ME

  8. 08

    ユー・キャン・ドゥ・イット YOU CAN DO IT

  9. 09

    フリー FREE

  10. 10

    トゥ・ザ・ムーン TO THE MOON

  11. 11

    ステイ・トゥギャザー STAY TOGETHER

  12. 12

    ユー・アゲイン YOU AGAIN

  13. 13

    ヒア・トゥ・ステイ(フィーチャリング・ベニー・シングス) HERE TO STAY (feat. BENNY SINGS)

  14. 14

    ビューティフル BEAUTIFUL

  15. 15

    アイ・リメンバー I REMEMBER

すべての女の子を元気にさせるメロウでスウィートなポップソング、「On My Way」がヒット中のジョヴァンカ。ヤエル・ナイムやファイストなど、スムースで心地よい音を奏でる女性アーティストが人気の中、才能あるアーティストを続々排出中のオランダから次世代のビッグ・ディーヴァが誕生。10代からヨーロッパのトップ・ファッションの世界でモデルとして活躍してきたスタイリッシュな容姿に、ミニー・リパートンのような透き通ったヴォイス。天は二物を与えたのか?そんなジョヴァンカをプロデュースするのが、ヨーロッパで話題沸騰中の最重要プロデューサー、ベニー・シングス。ベニーのポップ・センスとジョヴァンカのキュートな歌声がマッチした、デビュー・アルバムにして奇跡のアルバムが完成。日本盤のために特別に録音された、ベニーとのデュエット曲を含む3曲をボーナス・トラックとして収録。

SHARE

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー