ストラトヴァリウス
STRATOVARIUS

NEWS
ニュース

2012.12.05

新作「NEMESIS」のアートワーク&収録曲を公開!

STRATOVARIUSが、ニュー・アルバム「NEMESIS」のアートワークとトラックリストを公開しました! 通常版には11曲、スペシャル・エディションには13曲、そして両エディションに日本盤ボーナス・トラックが1曲追加されて、2013年2月20日に日本先行発売です!

STRATOVARIUS
「NEMESIS」
2013年2月20日日本先行発売
1. Abandon
2. Unbreakable
3. Stand My Ground
4. Halcyon Days
5. Fantasy
6. Out Of The Fog
7. Castles In The Air
8. Dragons
9. Kill It With Fire(日本盤ボーナス・トラック)
10. One Must Fall
11. If The Story Is Over
12. Nemesis
※スペシャル・エディションは、さらに2曲ボーナス・トラック追加。


彼らのサウンドを形成する「メロディアス」、「パワフル」、「フレッシュ」、「テクニカル」、「緻密」という要素をすべて孕んでいるという本作のプロデュースとミックスは、ギタリストであるマティアス・クピアイネン自らが手掛け、マスタリングはバンドの長年の友人である、NIGHTWISHやAMORPHIS、CHILDREN OF BODOMの作品のマスリングも手掛けたミカ・ユッシラが担当します。

「NEMESIS」は、彼らがソングライターとしてどれだけ成熟したかが明白に表れています。また、バンドは作曲とレコーディングにいつも以上に集中しました。ティモ・コティペルトは、祖国フィンランドの田舎のコテージに3週間篭って、ヴォーカル録りを行ないました。

マティアス・クピアイネンはこう語ります。
「僕は4カ月間スタジオで過ごし、あらゆる細部に注意を配ったんだ。無事に終わってホッとしているよ。そのサウンドと曲には満足している」

ティモ・コティペルトはそれに同意し、このように付け加えます。
「今作の制作は以前よりは苦労しなかった。それに必要なだけ時間を割いたからね。一生懸命取り組んだんだ。ファンの皆が気に入ってくれるといいね」

新作にはすべてが詰まっていて、典型的なメロディックでパワフルなSTRATOVARIUSサウンドの“Abandon”や、アグレッシヴでエネルギッシュな“Stand My Ground”など、本作は素晴らしき往年のメロディック・パワー・メタルがミックスした新たなスタイルを提示しています。

今日STRATOVARIUSの音楽的アプローチは、これまでよりも広がり、豊かになっていて、“Fantasy”という曲はABBA風とも形容できるキャッチーなポップ・チューンであるにもかかわらず、往年のSTRATOVARIUSのメタル・サウンドによりパワフルになっています。

“Out Of The Fog”は、盲目的に戦争に向かうことを強いられた若者についての歌詞で、フォークの要素を含んでいます。アルバムにおける唯一のバラード“If The Story Is Over”は、フル・バンドを使い構築し、少女聖歌隊の歌により締め括られる壮大なアレンジを施したとても情緒的な曲です。
タイトル・トラック“Nemesis”は、パワフルなツーバスを伴った中世のメロディと近年のキャッチーでポップなメロディが反復する典型的なSTRATOVARIUSの曲です。

ティモ・コティペルトは曰く、
「アルバムのタイトル・トラックは、善悪のどちらが相応しいかを人間一人ひとりに伝える宣教師のことを描いた『NEMESIS』の物語に現代風な手法を取り入れている。素晴らしいリフ、クールなメロディ、そして壮大な往年のSTRATOVARIUSタイプのサビがあるんだ」

優しいピアノの音色によるイントロとヘヴィなリフのコントラストを纏った非常にメロディックな曲でリード・トラックの“Unbreakable”を中心に、すべての曲は回ります。この“Unbreakable”は、限定版EPとして海外では2013年1月25日にリリースされます。(日本では配信予定)

SHARE

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

NEWS ニュース

VIDEO ビデオ

「マイ・エターナル・ドリーム」MV
アルバム『エターナル』5曲先行試聴ムービー