PROFILE プロフィール

BIG HORNS BEE:
金子 隆博 (TAKAHIRO KANEKO) : Tenor Sax、Flute、All Instruments & Programming
織田 浩司 (KOJI ORITA) : Sax、Flute、Clarinet
河合 わかば (WAKABA KAWAI) : Trombone
佐々木 史郎 (SHIRO SASAKI) : Trumpet, Flugelhorn
小林 太 (FUTOSHI KOBAYASHI) : Trumpet, Flugelhorn

<Band Profile>
 アマチュア時代の米米CLUBとのセッションより活動をスタート。自主製作でミニアルバム『COREGA』を発表。1991年ソニーレコードよりアルバム『BHB1』でメジャーデビュー。1st albumは、インストゥルメンタルでは、異例の10万枚の売上を記録。その後、米米CLUBの活動と平行して、'93年9月に『BHB2』、'94年9月に『BHB3』をリリース。'96年7月初のシングルとなる“DEAD OR ALIVE”を発売。続いて9月には、シーラEをはじめ多彩なゲストを迎えての4TH アルバム『FOR YOU』をリリース。その間にも鹿島アントラーズの選手入場のテーマ、B.B.KINGのライブアルバムへの参加、P-FUNKのバーニーウォーレルにフィーチャリングされる形でのツアー参加、米倉利紀、ともさかりえ他多数アーティストとのセッション等、メジャーシーンの中にあっても常に正攻法ではない、“ゲリラ的”な活動を続けてきた。米米CLUB解散以降、グループとしての活動をレコーディングセッション及びライブサポートに絞っていたが、1999年自己のライブを再開。Flash KANEKOのレーベル『フラッシュライトレコード』より『FUZZ JAZZ QUARTET feat. BIG HORNS BEE』としてアルバム『HEAD ROOM』を発表。ジャズをベーシックにしたダンサブルな世界を提示。2001年03月、DEEP PURPLE日本公演に参加。同年、STARDUST REVUEと全国TOURを敢行、赤坂BLITZでの公演は、ライブ録音され、「STARDUST REVUEmeets BIG HORNS BEE NO BALLAD」として、発表されている。11月には、Three's Co.(沼澤尚dr, 浅野祥之g,松原秀樹b)とのコラボレートミニアルバム『Three's Co.& BIG HORNS BEE』を限定リリース。NHKホールでの「GROOVE DYNASTY」で即日完売となり、話題となる。現在は、個々のアーティスト活動に加え、BHBとして数々アーティストのレコーディングセッションや、ライブに参加。活動の幅をますます広げている。

official homepage : http://www.g-kids.net

SHARE

VICTOR’S INFORMATION
ビクターエンタテインメント情報

NEW RELEASE ニューリリース

TOPICS トピックス

PLAYLIST プレイリスト

SNS ビクターエンタテインメント公式SNS

Xアカウント
Facebookアカウント
  • LINE
  • LINE

VIDEO ビデオ


サザンオールスターズ

ジャンヌ・ダルクによろしく(TBS系スポーツ2024テーマ曲)


木村拓哉

Stay Safe(Music Video Short ver.)