PROFILE プロフィール

Yoko Miwa / 三輪洋子 ジャズ・ピアニスト、作曲家
兵庫県神戸市出身。4歳からクラシック・ピアノを学び、89年大阪音楽大学ピアノ科へ入学。この時期、ジャズに興味を持ち小曽根真の父、小曽根実(ハモンドオルガン奏者、ピアニスト)に師事し、後に小曽根真に師事することにもなる。音大卒業後は小曽根ミュージックスクールや他音楽教室での講師を勤めながら、関西地域でライブ活動を行う。 94年にジャズ理論を学ぶためバークリー音楽大学との提携校である甲陽音楽院へ入学する。
96年にはバークリー音楽大学の奨学金オーディションを受けトップ成績で合格する。翌年97年にバークリー音楽大学へ入学し、ジョアン・ブラッキーン、レイ・サンティシ等からパフォーマンスの他、作曲、アレンジ等を学ぶ。
卒業後の99年には、バークリー・スタッフに加わり、ボーカル部門の伴奏者として活動し、グラミー・シンガー、ケビン・マホガニーがボストン在住の際には、彼の専属ピアニストとして活躍する。ワシントンDCのケネディー・センターで行われた名誉ある<メリー・ルー・ウイリアムス・ウイメン・イン・ジャズ・フェスティバル>にも選抜出演する。 2009年にはフィラデルフィア・ミュージアム・オブ・アートでのコンサート・シリーズ<ジャズ・アフターファイブ>の演奏者に抜擢される。
2000年に結成されたYoko Miwa Trioは、ボストンのトップ・ジャズクラブ、”Ryles Jazz Club”や “Les Zygomates” で10年近くに亘り演奏する。2009年から世界のトップ・ジャズ・ミュージシャン達が出演する”Scullers Jazz Club”やブルーノートが経営する”Regattabar” にも定期的に出演し、毎公演ソールド・アウトとなるほどボストンで好評を博す。
2011年6月、新聞”Boston Phoenix” のミュージック投票では”Best Jazz Artist” の2位にランクされる。その年の9月には、ニューヨーク、リンカーン・センターの”Dizzy's Club Coca-Cola” に於いてジャズ・ピアニスト、マリアン・マクパートランドの93歳を祝う公開放送番組<コカ・コーラ、ジェネレーション・イン・ジャズフェスティヴァル>でも演奏し、マリアン・マクパートランド、マルグリュー・ミラー、ケニー・バロン、ビル・シャーラップ等の大御所ピアニスト達と同じステージに立ち、スタンディング・オベイションを受ける。
2011年の9月にはバークリー音楽大学のピアノ科の助教授に任命される。これは秋吉敏子以来、約40年ぶりに日本人女性がピアノ科のProfessor に選ばれたという歴史的にも名誉あるポジションである。尚、日本人が同大学で教鞭を執るのは彼女で4人目となる。
2011年、10月にはYoko Miwa Trio の5thアルバム ”Live at Scullers Jazz Club" がアメリカで発売され数多くの批評家達からの絶賛、注目を浴びている。
2012年、5月には昨年2位だったボストンの新聞”Boston Phoenix”ミュージック投票で1位”Best Jazz act of the year”を獲得。

SHARE

VICTOR’S INFORMATION
ビクターエンタテインメント情報

NEW RELEASE ニューリリース

TOPICS トピックス

PLAYLIST プレイリスト

SNS ビクターエンタテインメント公式SNS

Twitterアカウント
Facebookアカウント
  • LINE
  • LIVE
  • LINE

VIDEO ビデオ


桑田佳祐

「SMILE~晴れ渡る空のように~」民放公式スペシャルムービー (民放共同企画“一緒にやろう”応援ソング)


サンボマスター

忘れないで 忘れないで