ヒステリックパニック

HYSTERIC PANIC

PROFILE プロフィール

2012年名古屋にて結成、2013年、夏、現在のメンバー編成となりバンド初の公式音源となる1st EP 「4U」をリリース。タワーレコード限定でリリースされたこのシングルは、まったく無名の新人バンドとしては異例の大ヒットを記録。結成したばかりのローカル・バンドは、ラウドながらもそのポップでキャッチーな音楽性とコーラス・ハーモニーを活かしたトリプル・ヴォーカルという物珍しさもあり、地元名古屋を中心にいろいろなバンドとツアーを廻るようになり、ラウド・シーンで一躍全国区となる。
2014年夏に発売した1st Mini Album「センチメンタル・サーカス」は自主リリースながらオリコンインディーズチャート1位を獲得。東京、大阪でのイベントにも引っ張りだことなり、ヒスパニ旋風を巻き起こす。そして、インディーズながらCOUNTDOWN JAPAN 14/15にも出演し、入場規制となりTwitterのトレンド入りを果たす。

4月1日にビクター新レーベルBLACK SHEEP RECORDSよりシングル「うそつき。」でメジャー・デビュー。
その後も大型フェスを経験し、7月に初フル・アルバム『オトナとオモチャ』を発売。全国30本のツアーを敢行。ツアーファイナルでは地元、名古屋ダイアモンドホールをSOLD OUTさせ破竹の勢いを見せる。更に2016年4月にセカンド・シングル「シンデレラ・シンドローム」を発売。それに伴う東名阪初ワンマン・ツアーも全公演SOLD OUTさせ、満を持してのセカンド・アルバム『ノイジー・マイノリティー』をリリース。アルバムに伴う全国ツアーから東名阪仙でのワンマン・ツアー「秋の竹城」も大成功。明けて1月4日、2017年初ライブを初めて地元ZEPP NAGOYAでイベントを開催。6月にはライブで盛り上がる楽曲を詰め込んだミニ・アルバム『LIVE A LIVE』を発売。全国27本にわたるツアーを行う。2018年1月4日には初のZEPP NAGOYAワンマン公演を成功させるなど今、名古屋を代表するバンドとなっている。

超絶ハイトーン×凶悪スクリーム×極上コーラスのトリプル・ヴォーカルが織りなす唯一無二のハーモニーは中毒性抜群。ラウド、エモ、ハードコア、メタル、J-POP、ジャンルの垣根を気軽に飛び超えながら、音を紡ぐ、ヒステリックパニック、通称「ヒスパニ」が新たに生みだす、これが最新式の「エクストリーム」な「J-POP」。

SHARE マイアーティスト
メール登録

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

NEWS ニュース

VIDEO ビデオ