PROFILE プロフィール

2000年2月発売CDシングル「シャイン」でデビュー。同年リリースの「月光」がロングヒットを記録。1stアルバム『インソムニア』がオリコンチャート初登場第1位、ミリオンセールスを記録、その後『日本ゴールドディスク大賞/ロックアルバムオブジイヤー』を受賞。2001年発売CDシングル「眩暈」で第43回日本レコード大賞作詞賞を受賞。

2016年に至るまで、22枚のシングル(配信のみ1曲)6枚のオリジナルアルバムを制作し、(ベスト盤/カバー盤を除く)TVドラマ・劇場版「TRICK」の主題歌をはじめ、映画・ゲーム・ドラマ・CMなど多方面に楽曲が起用される。バンド名義の活動を挟み、2015年には初の楽曲提供を行い、花岡なつみへ『夏の罪』 (ドラマ『エイジハラスメント』主題歌)を楽曲提供した。

2016年11月、メジャーリリースとしては約5年ぶりとなるシングル「good bye my love」を、さらに2017年2月には6年ぶりとなるニューアルバム「シンドローム」をリリース。4月の川崎 CLUB CITTA’ を皮切りに、東京 中野サンプラザホールでのツアーファイナル、Zepp DiverCity (TOKYO)での追加公演まで、全10か所を周る15年ぶりとなるツアーを開催。6 月には初のライブアルバム「Tiny Screams」、10月にはライブDVD/Blu-ray「ENDLESS LESSON」をリリース。2018年6月には大阪Zepp Namba、東京Zepp Tokyoで「UNDER BABIES」を開催し、両日ともにソールドアウト、8月には追加公演も開催。さらに8月にニューシングル「ヒナギク」をリリース。約15年ぶりとなるドラマ主題歌として、カップリング曲「Twilight Dreams」がFODオリジナルドラマ「ポルノグラファー」主題歌に決定した。

2019年2月には、シリーズ続編となるFODオリジナルドラマ「ポルノグラファー~インディゴの気分~」へ「End of the world」を書き下ろし、2作連続のドラマ主題歌へ抜擢された。3月にはTOKYO DOME CITY HALL、NHK大阪ホールで12月に開催したツアー「BEEKEEPER」の模様を収録したライブDVD/Blu-ray「HUSH HUSH LOUD」をリリース。

2020年2月9日にデビュー20周年を迎え、最強のオールタイムベスト「REQUIEM AND SILENCE」を2月20日にリリース。

2020年11月25日に3年ぶり8枚目となるオリジナルアルバム「HYSTERIA」をリリースした。

SHARE マイアーティスト
メール登録

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

NEWS ニュース

VIDEO ビデオ