PROFILE プロフィール

橋 幸夫 プロフィール
1943年、東京都荒川区で呉服屋の9人兄弟の末っ子として誕生。 中学2年より歌を作曲家・遠藤実師に師事。高校1年でビクターエンタテインメントのオーディションに合格し、作曲家・吉田正師の薫陶を受け、1960年、「潮来笠」でデビュー。同曲の爆発的ヒットで、日本レコード大賞新人賞の第1回受賞者となる。 更に「いつでも夢を」「霧氷」で2度のレコード大賞を受賞し、舟木一夫氏、西郷輝彦氏らと共に「御三家」として人気を集める。また、モンゴル親善大使や各地の観光大使、介助犬サポート大使など多岐に渡る活動の他、認知症の実母の介護生活を綴った「お母さんは宇宙人」など数多くの著書を出版。2019年からはデビュー60周年を迎え、持ち前のチャレンジ精神で、老若男女問わず幅広い世代の支持を得続けている。

林よしこ プロフィール
兵庫県川西市出身。代役でカラオケ大会に出場し優勝したことがきっかけで、1994年、島津ゆたかとのデュエット曲「いい男!いい女!」でデビュー、70万枚のセールスを記録する大ヒットとなる。その後数年間の休養を経て、奈良テレビ・JCOM関西の人気歌謡番組「演歌JACKS(ジャックス)」への出演をきっかけに復帰し、2013年、「春を抱いて眠りたい」を発売、第46回日本作詩大賞最優秀新人賞を受賞。その翌年、最愛の夫を亡くし失意の底を迎えるが、実母との二人三脚で、兵庫県川西市にカラオケラウンジ「ほっこり酒場」を開店。2016年、ビクター移籍第一弾シングル「淀川みれん」を発売、オリコン初週演歌歌謡曲チャート7位を記録。現在はテレビやラジオ番組出演他、地元を中心に心潤おす歌声を届けている。

SHARE

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

NEWS ニュース

RSS
RSS

VIDEO ビデオ