プロフィール

1969年、沖縄県石垣島白保生まれ。幼少の頃から、うた、三絃の好きな家族に囲まれて育つ。1988年、八重山高校郷土芸能部の仲間と「ゆらてぃく組」を結成、八重山のうたや踊り、村遊びなどの公演活動を行う。1989年、上京。
1993年、ソロ・アーチストとしての道を歩み始める。ファースト・アルバム『北風南風(にしかじはいかじ)』(ポリスター PSCR-5066)リリース。1997年、大島保克&オルケスタ・ボレとして、移民をテーマとしたアルバム『今どぅ別り(なまどぅわかり)』(ディスクアカバナー SKA-3001)をリリース。以後、1999年に自らのプロデュース作『東ぬ渡(あーりぬとぅ)』(ビクター VICG-60204)、2000年に全編八重山民謡による『我が島ぬうた(ばがすぃまぬうた)』(ビクター VICG-60418)、2002年にバンド・アンサンブルでオリジナル曲を多数収録した『島時間〜Island Time〜』(ビクター VICG-60505)、2005年にUAやKiroroの金城綾乃、サックスの坂田明、アイルランドのバンド・アルタンなどを迎えた『島めぐり〜Island Journey〜』(ビクター VICL-61626)、2007年にアメリカ人ピアニスト、ジェフリー・キーザーとのコラボレーションによるアルバム『大島保克 with ジェフリー・キーザー』(ビクター VICL-61953)と、これまでに5枚のソロ・アルバムと2枚のコラボレーション・アルバムをリリースしている。
日本国内での演奏活動はもとより、2001年にはイギリス、ベルギー、アイルランドで、2003年には平良とみらと共にブラジルで、2006年にはアメリカ5都市で公演するなど、海外でも活動。また2006年には吉永小百合による朗読CD『第二楽章 沖縄から『ウミガメと少年』(野坂昭如作)』(ビクター VICL-61974)の音楽を担当し、同内容のコンサートでも共演している。

古くから伝わる沖縄島唄を丹念に掘り下げ唄い継ぐ“伝統島唄の新しい継承者”としての一面と、積極的にオリジナル楽曲を歌い様々なアーティストとのコラボレーションや楽曲提供を行う“新たな島唄の作り手”としての一面を、どちらも同時に“自身の島唄”として今に唄う。三絃とうたによるソロ演奏スタイルを基本に、常にその活動を広げ続けている。

●大島保克公式ウェブサイト http://www.oshimayasukatsu.com/

QRコード

大島 保克の着うた®etc.の配信、最新情報は携帯サイトでチェック!