プロフィール

≪重実 徹 プロフィール≫

1959年1月6日 東京生まれ AB型
 
居間に置かれた古いピアノ、父親のクラシック・ギター、兄のロックのレコードに囲まれて育つ。大学在学中よりミュージシャン活動を開始し、最初のバンドは「Chaos」というファンク/R&B系のグループだった。その後、山下達郎のバンドに加入、スタジオのキーボードプレイヤーとしてCHAGE&ASKAの「SAY YES」、アレンジャ―としてはkiroroの「長い間」などのヒット作がある。更に「ペンタの空」(サントラ盤「Flying Penta」:ヴァージン)、「リスキー・ゲーム」(サントラ盤「River」:キャニオン)などの映画音楽も手掛けている。
また、バンド「Nob Caine」のメンバーとして3枚のアルバムをリリース。JAZZ/R&Bのオルガンプレイをアイデンティティーとし、現代的なサウンドとミックスさせた新しいスタイルを展開させていこうとしている。