若林 美智子

MICHIKO WAKABAYASHI

プロフィール

東京生まれ。病弱だったため幼少の頃から母方の祖父母の住む富山県八尾町で育てられた。祖父の若林久義(平成4年10月、83歳で没)は「越中おわら節」の胡弓の名手で、特にその個性的で独特な音色は聴く人を唸らせた。祖父の演奏を子守歌代りに聴いて育つうちに胡弓に興味を持ち始めたが、「女・子供がやるものじゃない。」と楽器に触ることすら許されなかった。小学校の夏休みの宿題で作った鱒鮨の折箱にゴムを張った三味線を熱心に弾くのを見た祖父は根負けし、祖父を師に7歳で三味線を習い始める。中学校に入ると学校が郷土民謡クラブを発足させることになり、同師に15歳で胡弓を学び始めた。“若林流”と言われる師独特の奏法を受け継ぎ、現在は「越中おわら節」を中心に後進の指導に携わっている。