1. 01

    トリップ・トラップ TRIP TRAP

  2. 02

    ケ・セラ・セラ QUE SERA SERA

  3. 03

    7-T'S 7-T'S

  4. 04

    サブリミティ・バニーズ・ドリーム SUBLIIMITY 'BUNNY'S DREAM'

  5. 05

    アンテイムッド UNTAMED

  6. 06

    ノー・リミット NO LIMIT

  7. 07

    コンヴァージェンス CONVERGENCE

  8. 08

    サムワン・トゥ・ラヴ SOMEONE TO LOVE

  9. 09

    キープ・エム・ランニン KEEP 'EM RUNNIN

  10. 10

    プリーチャーズ・キッド PREACHER'S KID

ジャズをルーツに持ちながらブラック・ミュージックの可能性を追求する、スーパー・ベーシスト、マーカス・ミラー約3年ぶりのアルバム。
卓越したベース・プレイはもとより優れたプロデュース・ワークによってレギュラー・バンドの魅力を引き出しながら、多数のゲストとのコラボレーションが彩りを添えた快作。

ゲスト:セラ・スー (vo) / トロンボーン・ショーティ (tb) / ジョナサン・バトラー (g, vo) / TAKE6 (vo) / カーク・ウェイラム (fl, ts)


ゲスト参加の注目トラック:

M-2:ハスキーなシャウトや、ささやき呻く(うめく)ようなウィスパー・ヴォイスで自らの世界を創り、プリンスがベルギー公演でオープニング・アクトに大抜擢したセラ・スーが歌う「ケ・セラ・セラ」

M-3:19歳でレニー・クラヴィッツのバンドメンバーに選ばれて以降、U2、グリーン・デイ、フー・ファイターズとの共演し、昨年はレッド・ホット・チリ・ペッパーズの北米ツアーにオープニング・アクトを務めた、トロンボーン・プレイヤー、トロンボーン・ショーティが参加する「7-T'S」

M-4:南アフリア出身でグラミー賞も受賞する、スムース・ジャズ・ギタリスト、ヴォーカリスト、ジョナサン・バトラーが参加した「サブリミティ・バニーズ・ドリーム」。

M-9:グラミー賞を多数受賞するジャズ・ゴスペル・コーラスグループ、TAKE6とグラミー賞に何度もノミネートされたスムース・ジャズ・サックス・プレイヤー、カーク・ウェイラムが参加し、亡き父に捧げた「プリーチャーズ・キッド」。

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

SHARE

VICTOR’S INFORMATION
ビクターエンタテインメント情報

NEW RELEASE ニューリリース

TOPICS トピックス

PLAYLIST プレイリスト

SNS ビクターエンタテインメント公式SNS

Twitterアカウント
Facebookアカウント
  • LINE
  • LIVE
  • LINE

VIDEO ビデオ


星野源

Pop Virus【Music Video】


斉藤和義

カラー [MUSIC VIDEO Short]