雪村 いづみ

スーパー・シック ~雪村いづみ オールタイム・ベストアルバム

2014.02.12
その他 / VIZL-604
¥6,600(税込)
Victor

デビュー60周年記念!初めてレーベルの枠を超えて選曲!
10代から現在までをたどるスペシャルDVD付!!
企画監修:佐野元春

CD1:モノラル時代=全盛期のヒット曲&代表曲を網羅
CD2:ステレオ時代=1960年代~現在まで、BIGシンガーとしての軌跡
DVDには新東宝映画とNHKにおける貴重な歌唱シーンが26曲(45分)

[全84P豪華解説書封入]
雪村いづみ×佐野元春スペシャル対談、ディスコグラフィー付
解説:北中正和、佐藤利明、出口一也

#1-CD

  1. 01

    想い出のワルツ (Live)

  2. 02

    ジャンバラヤ  Jambalaya

  3. 03

    私にだけは言わないで  Keep It a Secret

  4. 04

    はるかなる山の呼び声  The Call of the Far-Away Hills

  5. 05

    アイズ・オブ・ブルー  Eyes of Blue

  6. 06

    オー・マイ・パパ

  7. 07

    青いカナリヤ  Blue Canary

  8. 08

    シークレット・ラブ  Secret Love

  9. 09

    麗しのサブリナ  Sabrina

  10. 10

    マンボ・イタリアーノ  Mambo italiano

  11. 11

    スィート・アンド・ジェントル  Sweet and gentle

  12. 12

    チャチャチャは素晴らしい  Milagros del cha cha cha

  13. 13

    セブンティーン  Seventeen

  14. 14

    スマイル  Smile

  15. 15

    マンボ・バカン  Mambo Bacan  

  16. 16

    ペーパー・キッス  Paper Kisses

  17. 17

    チャチャチャはいかが  Ain't Cha-Cha Comin' Out T-Tonight?

  18. 18

    恋人になって  I WANT YOU TO BE MY BABY

  19. 19

    ケ・セラ・セラ  QUE SERA SERA

  20. 20

    いとしのシンディ  Cindy Oh Cindy

  21. 21

    ビバップ・ルーラ  Be-Bop-A-Lula

  22. 22

    サヨナラ  Sayonara

  23. 23

    フジヤマ・ママ  Fujiyama Mama

  24. 24

    シュガー・キャンデー  Sugar Candy

  25. 25

    火の玉ロック  GREAT BALLS OF FIRE

  26. 26

    恋の片道切符  One Way Ticket

#2-CD

  1. 01

    アイ・ゲット・キック・アウト・オブ・ユー  I GET A KICK OUT OF YOU

  2. 02

    サンディ  SUNDAY

  3. 03

    アイ・エンジョイ・ビーイング・ア・ガール  I ENJOY BEING A GIRL

  4. 04

    天使のハンマー

  5. 05

    フーテナニー・ママ

  6. 06

    ハロー・ドーリー

  7. 07

    ノー・ストリングス

  8. 08

    甘い調べ

  9. 09

    踊りあかそう

  10. 10

    ショウ・ミー

  11. 11

    ひこうき雲

  12. 12

    昔のあなた

  13. 13

    銀座カンカン娘

  14. 14

    東京の屋根の下

  15. 15

    スワニー

  16. 16

    はるかなる未来

  17. 17

    マイ・ウェイ

  18. 18

    時の過ぎゆくままに

  19. 19

    恋に恋して

  20. 20

    サンジャンの恋人 (Live)

  21. 21

    私はスノッブ(Live)

  22. 22

    ラ・ジャヴァネーズ (Live)

  23. 23

    もう憎しみはない

  24. 24

    トーキョー・シック

#3-DVD

  1. 想い出のワルツ(新東宝映画『娘十六ジャズ祭』1954年1月9日公開)

  2. ガイ・イズ・ア・ガイ(新東宝映画『娘十六ジャズ祭』1954年1月9日公開)

  3. はるかなる山の呼び声(新東宝映画『娘十六ジャズ祭』1954年1月9日公開)

  4. オー・マイ・パパ(新東宝映画『東京シンデレラ娘』1954年4月26日公開)

  5. 青いカナリヤ(新東宝映画『東京シンデレラ娘』1954年4月26日公開)

  6. ザッツ・アモーレ(新東宝映画『東京シンデレラ娘』1954年4月26日公開)

  7. タブー(新東宝映画『東京シンデレラ娘』1954年4月26日公開)

  8. セントルイス・ブルース(新東宝映画『東京シンデレラ娘』1954年4月26日公開)

  9. サイド・バイ・サイド(新東宝映画『乾杯!女学生』1954年6月29日公開)

  10. ベルボトム・ブルース(新東宝映画『乾杯!女学生』1954年6月29日公開)

  11. 恋して頂戴(新東宝映画『乾杯!女学生』1954年6月29日公開)

  12. トラン・ブーラン(マレー語)(新東宝映画『トラン・ブーラン 月の光』1954年9月21日公開)

  13. 南の花えくぼ(マレー語)(新東宝映画『トラン・ブーラン 月の光』1954年9月21日公開)

  14. 南の花えくぼ(新東宝映画『トラン・ブーラン 月の光』1954年9月21日公開)

  15. ウシュカ・ダラ(新東宝映画『浮かれ狐千本桜』1954年12月28日公開)

  16. コンコン・コンガ(新東宝映画『浮かれ狐千本桜』1954年12月28日公開)

  17. 想い出のサンフランシスコ(NHK『第14回 NHK紅白歌合戦』1963年12月31日放送)

  18. 東京ブギウギ(NHK『ビッグショー 服部良一』1974年9月8日放送)

  19. ヘイヘイ・ブギ(NHK『ビッグショー 服部良一』1974年9月8日放送)

  20. 銀座カンカン娘(NHK『ビッグショー 服部良一』1974年9月8日放送)

  21. 青いカナリヤ(NHK『ビッグショー 雪村いづみ』1977年9月4日放送)

  22. オー・マイ・パパ(NHK『ビッグショー 雪村いづみ』1977年9月4日放送)

  23. 私の人生(NHK『ビッグショー 雪村いづみ』1977年9月4日放送)

  24. はるかなる山の呼び声(NHK『ビッグショー 雪村いづみ』1977年9月4日放送)

  25. 想い出のワルツ(NHK『第17回 思い出のメロディー』1985年8月17日放送)

  26. スワニー(NHK『SONGS』2012年11月3日放送)

 キャラメル・ママと共演した名盤「スーパー・ジェネレイション」から服部良一の名曲(3曲)を収録。荒井由実が当初いづみのために書き下ろした「ひこうき雲」、佐野元春と共演した新曲「トーキョー・シック」「もう憎しみはない」も収録したオールタイム・ベスト。
(Disc 2) Licensed by ALFA MUSIC, INC (11), NIPPON COLUMBIA CO., LTD. (12~14), Sony Music Direct(Japan)Inc. (17~19), USM JAPAN, A UNIVERSAL MUSIC COMPANY (20~22), M's Factory Music Publishers (23,24)


 雪村いづみは、1953(昭和28)年に16才でデビューして以来、62(昭和37)年までの10年間、専属であった日本ビクターに、洋楽ポップス、和製流行歌など、130曲余りの録音を残している。それ以降は、日本ビクターに加えて、アルファ、CBSソニー、東芝EMIなどのレコード会社からシングル盤やアルバムを発表したり、他のアーティストの録音にゲスト参加したりしている。いづみは、洋楽・邦楽の両方に広く取り組んでいるが、このCDセットは、洋楽を中心とした選曲となっている。
 DISC 1「MONO Years」は、53年から60年までの間に日本ビクターから発表された音源から選曲されている。「想い出のワルツ」「はるかなる山の呼び声」「オー・マイ・パパ」「青いカナリヤ」など、いづみ初期の代表作を含め、アメリカンポップスや映画主題歌、マンボやチャチャチャなどのラテン・リズムもの、さらにはロックンロールと、若き日のいづみが取り組んだ様々な種類の音楽が収められている。
 DISC 2「STEREO Years」は、日本ビクター以外の録音も含め、61年以降に吹き込まれた音源の中から、幅広く取り上げられている。得意とするミュージカル・ナンバーはもちろん、ジャズ、ミュゼット、そして荒井由実や服部良一の作品まで、歌唱力と表現力に一層の磨きをかけたいづみが楽しめる。中でも、佐野元春がプロデュースした最新作2曲は要注目。楽曲の素晴らしさもさることながら、デビューから60年を迎えてもなお、若々しくチャーミングないづみの歌声には感動をおぼえる。 (出口一也/ライナーより)


「これぞザッツ・エンタテインメント!」
 佐藤利明(オトナの歌謡曲・娯楽映画研究家)

 この映像アンソロジーには、雪村いづみがデビューしたばかりの1954(昭和29)年の新東宝映画の時代、そして1960年代から2012年にかけてNHKテレビでオンエアされた数々の貴重なパフォーマンスが収録されている。映像は時代を映す鏡というが、リアルタイム世代だけでなく、遅れてきた世代にとっても、その時代へと誘ってくれるタイムトンネルの入り口でもある。
 雪村いづみがデビューした1953(昭和28)年は、戦後映画黄金時代のまっただ中。ステージやレコードで発揮していた天才少女ぶりは、映画出演により、一気に全国へと伝わり、彼女をさらにスターダムへと伸し上げることとなる。その立役者の一人が、『娘十六ジャズ祭り』『東京シンデレラ娘』の井上梅次監督。戦後ジャズ・ブームの最終コーナーに登場した雪村いづみが、「想い出のワルツ」「ガイ・イズ・ア・ガイ」「はるかなる山の呼び声」「オー・マイパパ」「青いカナリヤ」といったヒット曲を、次々歌う姿が、これらの映画の中に記録されている。ビクター・オールスターズを指揮する多忠修の姿や、舞台の袖で、彼女を見つめる古川緑波、フランキー堺、清水金一、そして伴淳三郎などの共演者の姿も、貴重な時代の記録となっている。
 同じ井上梅次監督の『乾杯!女学生』で「Make Love To Me(恋して頂戴)」を歌うシーンは、その抜群の歌唱力とスイング感だけでなく、遅れて来た世代にもジャズ・コンサート・ブームの雰囲気を味わうことが出来る。
 また、デビュー10周年を迎えた1963(昭和38)年12月31日の「第14回 NHK紅白歌合戦」での「想い出のサンフランシスコ」の熱唱には、渡米、そして日本でのミュージカル・アクトレスとして活躍していた頃の熱気が伝わってくる。さらに1974(昭和49)年のNHK「ビッグショー 服部良一」からのブギウギメドレーが圧巻。細野晴臣、鈴木茂、林立夫、松任谷正隆らが参加した、伝説のキャラメル・ママとのセッションで、最高のパフォーマンスが堪能できる。
 そして最後に収録されている2012(平成24)年のNHK「SONGS」からの「スワニー」の圧倒的な歌唱! かつてジュディ・ガーランドが映画『スタア誕生』(1954年)でこの歌を歌ったときのように、粋なタキシード・スタイル!もさることながら、前田憲男とウィンド・ブレイカーズとの息の会ったセッションが、雪村いづみファン、そしてジャズ・ファンへのこの上ないプレゼントとなっている。テナーサックスの稲垣次郎は、昭和20年代のジャズ・ブームから活躍してきた名プレイヤーであり、雪村いづみの60年の歴史と、日本のジャズの歴史を目の当たりにすることが出来るのだ。

SHARE

VICTOR’S INFORMATION
ビクターエンタテインメント情報

NEW RELEASE ニューリリース

TOPICS トピックス

PLAYLIST プレイリスト

SNS ビクターエンタテインメント公式SNS

Xアカウント
Facebookアカウント
  • LINE
  • LINE

VIDEO ビデオ


木村拓哉

Stay Safe(Music Video Short ver.)


ヤングスキニー

不純愛ラブストーリー(Official Music Video)