フィーダー
FEEDER

ジェネレイション・フリークショウ GENERATION FREAKSHOW

2012.04.18
アルバム / VICP-65040
¥2,500+税
Victor

ニュー・チャプターの幕開けとなる通算8作目のオリジナル・アルバム完成!これまでの歴史を凝縮し前へと押し進めた≪新化したクラシック・アルバム≫の誕生!日本盤のみ、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)、細美武士(the HIATUS)参加のコラボレーション曲を含むボーナス・トラック3曲収録!

  1. 01

    オー・マイ OH MY

  2. 02

    ボーダーズ BORDERS

  3. 03

    アイダホ IDAHO

  4. 04

    ヘイ・ジョニー HEY JOHNNY

  5. 05

    クワイエット QUIET

  6. 06

    サンライズ SUNRISE

  7. 07

    ジェネレイション・フリークショウ GENERATION FREAKSHOW

  8. 08

    タイニー・マインド TINY MINDS

  9. 09

    イン・オール・オネスティ IN ALL HONESTY

  10. 10

    ヘッドストロング HEADSTRONG

  11. 11

    フールズ・キャント・スリープ FOOLS CAN'T SLEEP

  12. 12

    チルドレン・オブ・ザ・サン CHILDREN OF THE SUN

  13. 13

    サイド・バイ・サイド SIDE BY SIDE

  14. 14

    アイダホ / 後藤 正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)ヴォーカル・ヴァージョン IDAHO / MASAFUMI GOTOH (ASIAN KUNG-FU GENERATION) VOCAL VERSION

  15. 15

    ジェネレイション・フリークショウ / 細美 武士(the HIATUS)ヴォーカル・ヴァージョン GENERATION FREAKSHOW / TAKESHI HOSOMI (the HIATUS) VOCAL VERSION

■最新作『ジェネレイション・フリークショウ』とは!?
前作「レネゲイズ」発売後、変わらず曲作りを続けていたVo.グラント。その間に彼が経験、感じた事がそのままタイトルになったという。「今の時代、UKももちろん世界中そうだと思うけど、ここ数年実に色々な事があった。ロンドンでの暴動もそうだし、あんなことは生まれてこのかた見た事がなかった。そんな不思議な時代に僕達はレコードを作って、歌っている。そんな今の‘世代’のことを考えてこのタイトルになったんだ。そういう意味ではタイトル自体非常に痛々しく感じるんだ…。」(グラント)
■日本盤のみ後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)、細美武士(the HIATUS)が参加した
コラボレーション曲の収録が実現!
かねてより親交のあったASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文がアルバム本編に収録されている楽曲<アイダホ>の日本語詞バージョン、the HIATUSの細美武士が<ジェネレイション・フリークショウ>の英語詞カヴァー・バージョンという形でそれぞれ制作に参加しており、フィーダーとしては他アーティストとのコラボレーション曲を作品として発表することはバンド史上今回が初となる。グラントいわく「どちらももクールで大好きなバンドなんだ。今回のコラボレーションは心から感謝しているし、将来的にもまた何か一緒にやってみたいと思っている」と語っている。

SHARE マイアーティスト
メール登録

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

NEWS ニュース

RSS
RSS

VIDEO ビデオ