輝&輝(KIKI)
KIKI

NEWS
ニュース

2019.02.21

アルバム「LOOP LOOP LOOP」:輝&輝(KIKI)による全曲解説

アルバム「LOOP LOOP LOOP」:輝&輝(KIKI)による全曲解説

--------------------

01.彩生 /作曲:輝&輝(KIKI) 編曲:山田淳平

一つの楽器から様々な音色を生み出す津軽三味線。迫力がある音、優しい音、粒の細かい音、どっしりと厚みのある音など、津軽三味線の魅力を彩豊かに表現しています。アレンジとバンドサウンドでとても壮大に仕上がりました。このCDを再生した時に皆さんの中にワクワクした気持ちが広がったら嬉しいです。

01.SAISEI

Tsugaru shamisen which produces various timbres from one instrument. Expressing the charm of the Tsugaru shamisen rich in colors,such as powerful sounds, gentle sounds, fine grain sounds, massive and thick sounds.It was very magnificent with band sound arrangements. We’d be happy if the excited feelings spread among you when playing this CD.

----------

02.Volcano /作曲:輝&輝(KIKI) 編曲:伊藤辰哉

Volcanoとは火山や噴火口という意味から、一触即発や爆発しそうな気持ちと意味することもあります。この曲は、そんな抑えきれない爆発しそうな感情を表しています。それは喜びであったり、時には怒りであったり、悲しみであったり。ラテン調のリズムに乗せて熱く演奏しております!

02.Volcano

From the meaning of the word “Volcano”, it can mean a feeling of strained to the breakingpoint.This song represents emotions that are unlikely to explode like that. It was joy, sometimes anger, sorrow. We are playing hotly within a latin rhythm!

----------

03.道化 /作曲:輝&輝(KIKI) 編曲:伊藤辰哉

太宰治の人間失格をテーマに作った曲です。人間失格の主人公はいつもお調子者を演じて居るが人を信じることができず、酒や薬に溺れてしまう。そんな一見おどけている道化師の裏にある暗さを感じていただければと思います。物語の中に民謡の東雲節が一節でてくるのでこの曲の中にも入れ込んでみました。

03.DOUKE

It is a song that made the theme of Osamu Dazai's “No Longer Human” .The main character of this novel always plays a trendy figure but can not trust others and drowns in alcohol and medicine. I hope you feel the darkness behind such a clown.Because the folk song “Shinonome-Bushi”comes in this novel, I tried to put that phrase into this song.

----------

04.螺旋 /作曲:輝&輝(KIKI) 編曲:伊藤辰哉

アイリッシュ音楽にインスピレーションを受けてできた曲。アイリッシュ音楽と日本の民謡は口伝えで伝承され、地域や奏者によって演奏が変わるというのがとても似ているそうです。また、生活と結びついて路上やパブなどで演奏されたスタイルが、門付け芸や宴席で唄われる民謡と重なり、アイリッシュ音楽に思いを馳せて一曲にしてみました。今回は、バイオリン、ビオラ、チェロ、ピアノと共にクラシカルなアレンジになっています。繰り返されるメロディーの中で、アイリッシュ文化と日本文化が螺旋を描くように混ざっていく様子をイメージしています。

04.RASEN

Song inspired by Irish music. Both Irish music and Japanese folk songs are handed down by the word of mouth, and they also seem to be very similar that the performance changes by the community and the player.Moreover, the style which was played on the streets and pubs linked with the life overlapped with the folk songs sung in the banquet and the style of KADOZUKE Performing,I thought about Irish music and made this song. This time, it has become a classical arrangement with violin, viola, cello and piano. In the repeated melody, with the image that Irish culture and Japanese culture mix together like drawing a spiral.

----------

05.津軽じょんがら節 掛け合い /民謡 編曲:輝&輝(KIKI)

津軽三味線の代表曲といっても過言ではないこの曲。このアルバムでは二人の合奏、それぞれのソロ、そして最後は二人で乱れ弾きをしていますが、合奏の部分以外はすべてアドリブで同じ部屋での一発録りを行いました。同じ演奏は二度とできないのでこのアルバムならではのライブ感をお楽しみください!

05.Tsugaru Jongara Bushi Session

It is not an exaggeration to say that this song is the representative song of Tsugaru Shamisen. In this album, we played the ensemble of two, each solo, and at the end in disarrangement 乱れ弾き(like a jam session)by the two of us. All except for the ensemble part was ad lib and made a record in the same room. Same performance can never be done again so please enjoy the live feeling of this album!

----------

06.Gradation /作曲:輝&輝(KIKI) 編曲:伊藤辰哉

生きていると何度か岐路に立つ場面があります。私たちにとって、それはプロの津軽三味線奏者になる決断をすることでした。夢や憧れはあったものの、期待よりも不安の方が大きく、なかなか一歩を踏み出せないでいました。しかし、色々と悩む中で「今すぐに結果はでなくても、続ける中で少しずつ色を変えながら成長して、前に進んでいこう。」と思うようになり、その時の気持ちをメモするようにできたのがこのGradationです。
「Gradation:徐々に移りゆく様」
今の私たちは何色だろう?


06.Gradation

You will be at a crossroad several times in your life. For us, that was to make a decision to become a professional Tsugaru shamisen player. Despite my dreams and longing, I was more anxious than expected and not able to take a step. However, as I am suffering in various ways, I came to think”Even if the result is not right now, grow while gradually changing color as you continue, let's move forward” It was this song that I was able to memorize the feelings of that time.

"Gradation: Slowly moving"

What color are we now?

----------

07.Funny Street /作曲:輝&輝(KIKI) 編曲:伊藤辰哉

みんなが思わず笑顔になっちゃうような曲を作りたいと思いできた曲です。車の中で、電車の中で、お散歩中に…色々な場面でこのFunny streetをお供にしていただけたら嬉しいです。激しい印象の強い津軽三味線の、新たな一面をお楽しみください!

07.Funny Street

It was a song that I thought, I wanted to make a song that makes everyone smile unexpectedly. While in the car, on the train, on a walk ... I would be happy if you accompany this Funny street in various situations. Please enjoy a new side of the Tsugaru shamisen with an impression of "intense".

----------

08.Axel /作曲:輝&輝(KIKI) 編曲:山田淳平

アクセル、とは音楽用語でのaccel(accelerando)=次第に早くや、車のアクセルなどがありますがAxelと表記するのはフィギュアスケートのアクセルジャンプのことです。アクセルジャンプの特徴は前向きに踏み切ること。踏み切る瞬間の「行くぞ!」という表情にいつもゾクッとしてしまいます。一か八か、という気持ちで見てしまうけれどその裏には努力からくるしっかりとした自信があって。私たちも勢いだけではなく、自信をもって今よりも高いところに飛びだしたい、そんな気持ちで演奏しています。

8.Axel

“Accell” is the musical definition of accel (accelerando) = gradually faster, or car accelerator, but when writing it as “Axel” is about the accelerator jump of figure skating. The feature of accelerator jump is to step forward. I always get chill in the facial expression "Go!" at the moment of accelerator jump. I watch it with the feeling like sink or swim, but behind that there is solid confidence that comes from efforts. We are playing with such a feeling that we want to fly higher, not only momentum but also confidently!

----------

09.New Beginnings /作曲:輝&輝(KIKI) 編曲:山田淳平

新しいことを始める時には、ワクワクと、不安がつきもの。スタートを切ると決めてからはその両方が同時に心に宿って戸惑うこともしばしばです。それでも時間は待ってくれず、どうにか前に進まなくてはいけない、ということがあります。そんな時は、この曲を聴いて一緒に手を叩いて踊ってみませんか?不安な気持ちも楽しくなって、気づいたら新しい何かが始まっているかも…!

09.New beginnings

When you start a new thing, there is both hopes and fears. After deciding to start, it is often confusing that both of them simultaneously stay in your heart. Nevertheless, time waits for no one.

You have to proceed anyway. In such a case, why don't you clap your hand and dance with this song? Anxious feelings turned intofun, and when you noticed something new may have …begun?

----------

10.また明日 /作曲:輝&輝(KIKI) 編曲:伊藤辰哉

一日の終わりに、今日は疲れたなあとか楽しかったなあと思いながらほっと一息ついたときに夕焼けを見てまた明日がんばろう、としみじみ思う、そんな曲であってほしいなと思います。三味線2丁と鍵盤ハーモニカというシンプルな編成でしっとりと演奏しています。

10.Mata Ashita

At the end of the day, breathe a sigh of relief while thinking of tired and things that were fun.Like looking forward to the next day by seeing beautiful sunset. I wish it to be such a song. I am playing moistly with a simple organization composed of 2 shamisen and keyboard harmonica.

----------

【Bonus track】

11.UFO /作詞:阿久悠 作曲:都倉俊一 編曲:輝&輝(KIKI)

輝&輝(KIKI)が女性デュオということで、国民的女性二人組ユニットのピンクレディーさんのUFOをカバーさせていただきました。老若男女みなさん知っているこの曲をライブで盛り上がるアレンジに仕上げました。


11.UFO

Because KIKI is a female duo, we covered UFO of national female duounit “PINK LADY”. The song which everyone knows, I finished it to arrange as lively.

----------

2019年4月17日発売
津軽三味線女性デュオ 輝&輝(KIKI)

メジャー1st Album「LOOP LOOP LOOP」

価格3,000円+税 VICL-65161

SHARE

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

NEWS ニュース

RSS
RSS