PROFILE プロフィール

1995年、アル・グリーンを70年代の大スターへと仕立てた傑物、ウイリー・ミッチェルのプロデュース、メンフィスは「ローヤル・レコーディング・スタジオ」録音によるアルバム「SOUL JOINT」で逆輸入デビュー。このアルバムは日本に続いて、アメリカ、イギリスでも矢継ぎ早に発売され、メンフィスで行われたデビュー・ショウケイスの模様は日本人としては初めてメンフィスの「名誉市民」の栄を浴すというトピックもあって、CNNで全世界に配信される。日本でもテレビ朝日の「ニュース・ステーション」が特集枠を組み、この模様は「大型国際派シンガーのデビュー」と大々的に放映される。

1997年には全編日本語詞によるセカンド・アルバム「SOUL FOOD」を発表、国内での活動を軌道に乗せる。これを機に、リアルなドメスティックなソウル・サウンドというものを独自に追求し始めたORITOは某雑誌の対談でK DUB SHINEと邂逅、そこでブラック・ミュージックに浸かったパフォーマーがどう日本語に取り組んでいくべきかという点で意気投合、1997年にK DUB SHINEが発表したソロ・アルバム「現在時刻」に収録された「独り言」で共演を果たす。ここで彼と共有されたアーティスト・マインドがその後のORITOの歩みに決定的なヒントをもたらす。

サード・アルバムの制作もこれとほぼ同時期にスタートを切り、T.KURA、ゴンザレス鈴木といったプロデューサーとのコラボレートにより、日本人R&Bシンガーとしての前例のない新たな地平を切り開いていく。その中から、98年の10月にはゴンザレス鈴木&ハウス・ファンデーションのプロデュースによるボズ・スキャッグスのカヴァ「Low Down」のディープ・ハウス・リメイクをリリース。これはクラブで即刻人気の盤となり、限定でプレスされた12インチ・シングルは発売後約1週間で品切れとなる。その人気のほどを裏付けるように、「Low Down」 はN.Y.のハウスDJ、トニー・ハンフリーズのプレイ・リストにもピック・アップされるという栄誉も掴む。加え、アルバムの目玉となるDJ HASEBEとのプロジェクトも発進、そうして生まれたのが「Dj. Feelgood」、「Forever Close To You」の2曲である。ハードエッジなビートに日本語とは思えないリズミカルなリリックの乗る「Dj. Feelgood」は、更にK DUB SHINEのゲスト・ラップが加わったヴァージョンも誕生し、寺を舞台にしたビデオも話題を集めて、来たるべき男性R&Bシンガー時代の象徴的アーティストとしてその名を一挙に広めていく。

SHARE マイアーティスト
メール登録

VICTOR’S INFORMATION
ビクターエンタテインメント情報

NEW RELEASE ニューリリース

TOPICS トピックス

PLAYLIST プレイリスト

SNS ビクターエンタテインメント公式SNS

Twitterアカウント
Facebookアカウント
  • LINE
  • LIVE
  • LINE

VIDEO ビデオ


星野源

Pop Virus【Music Video】


斉藤和義

カラー [MUSIC VIDEO Short]