PROFILE プロフィール

(L to R)
トニー・ガンビーノ / Tony Gambino (vo)
タイラー・ホア / Tyler Hoare (b)
シュレッド・ショーン / Shred Sean (g)
ケイシー・ジョーンズ / Casey Jones (g)
レックス・クルーガー / Rex Krueger (key)
イアン・スレイター / Ian Slater (ds)

03年、カナダはモントリオールにて結成されたクリスチャンのメタル・バンドBLESSED BY A BROKEN HEART(以下、BBABH)。事の始まりは、単純にみんなで集まってプレイして楽しみたいという強い願望からだった。音楽をプレイし、音楽を創り、自分たちの気持ちに正直でいることに必要性を感じたのだという。当初のラインナップは、ヒュー・シャロン(vo)、タイラー・ホア(当時はサード・ギタリスト)、サイモン・フォックス(当時はリズム・ギタリスト)、ロビー・ハート(g)、ジョエル・ソーベ(b)、そしてダ・バード(ds)のトリプル・ギター編成であった。

翌04年、インディーズのBLOOD & INK RECORDSというレーベルから、アルバム「ALL IS FAIR IN LOVE AND WAR」を発表。その後バンドは更なる進化を求め、複雑なメンバー・チェンジ、並びにパート・チェンジを行なう。ヴォーカルのヒューが脱退し、マット・カークなるヴォーカリストが加入。ジョエルが抜け、サード・ギタリストであったタイラーがベーシストに転向。そして、サイモンがキーボーディストになる。更にバンドはよりテクニカルなサウンドを求め、ポール・ギルバートやイングヴェイ・マルムスティーンのような速弾きギタリストをMySpace上で探し出す。結果、ニューヨークに住む、シュレッド・ショーン(g)という凄腕リード・ギタリストが加入。格段のパワー・アップを果たし、80年代ヘアー・メタルの要素と、メタルコアにルーツを置くヴォーカル・スタイルやブレイクダウンを盛り込んだソング・ライティングを始める。06年には、ポスト・ハードコア・バンドであるENTER SHIKARIとのU.K.ヘッドライン・ツアーを行い、全公演がソールドアウト。その後MySpace上で急激に話題を呼ぶ。同年後半には、マット・カーク(vo)の後任のジョン・コリン(vo)が脱退。

07年1月、トニー・ガンビーノ(vo)という華のある最高のフロントマンが加入。そしてバンドはCentury Mediaとの契約を獲得する。4月にはヴァンクーヴァーにある『The Farm』というスタジオに、RED HOT CHILI PEPPERS、RAGE AGAINST THE MACHINEらも手掛けてきた名手GGGarthことガース・リチャードソンと一緒に入り、デビュー・アルバム「PEDAL TO THE METAL」のデモをレコーディング。07年の残りは、A DAY TO REMEMBERやMY CHILDREN MY BRIDEとの全米ツアーに費やし、同年の別のツアーでは、KITTIE、IT DIES TODAY、BRING ME THE HORIZONとも一緒にアメリカをまわった。このツアーの最後に、彼らが大切にしていたツアー・バス、通称『パーティ・バス』が、アリゾナの砂漠で悲しみの死を遂げたという…

BRING ME THE HORIZONとは08年初頭にもヨーロッパを回った。このときのツアーには、レーベルメイトのMAROONやARCHITECTSも参戦。このヘッドライナー・ツアーは、イギリスが最終地であった。(英国のみAZRIELも参加) しかし、このヨーロピアン・ツアーを終えると、結成当初からのメンバーであるサイモン・フォックス(key)とロビー・ハート(g)が脱退する。それでもバンドは歩みを止めることなく同年夏、『Scream The Prayer』と銘打った、WAR OF AGESやIMPENDING DOOM、WITH BLOOD COMES CLEANSINGといった同じクリスチャン・メタル・バンドとのU.S.ツアーを、サポート・メンバーによる協力もあって敢行。

「PEDAL TO THE METAL」は、マイク・シップリーやIT DIES TODAYのギタリストでもあるマイク・ハタラクの手で再度ミックスを施され、ついにヨーロッパにて8月、日本では10月にリリースを迎える。そして11月、12月はI AM GHOSTやDEVILS GIFTをサポートに従え、欧州ツアーを行った。

2009年5月には、マキシマム ザ ホルモン主宰の『鎖国~えのん~ vol.1』でBRING ME THE HORIZONと共に初来日を果たし、『ニューブラッド vol.76』では単独公演も敢行。さらに同年10月の『LOUD PARK 09』にも出演し、一年に2度の来日を果たすまで成長した。

SHARE マイアーティスト
メール登録

VICTOR’S INFORMATION
ビクターエンタテインメント情報

NEW RELEASE ニューリリース

TOPICS トピックス

PLAYLIST プレイリスト

SNS ビクターエンタテインメント公式SNS

Twitterアカウント
Facebookアカウント
  • LINE
  • LIVE
  • LINE

VIDEO ビデオ


星野源

創造 (Official Video)


空音

SPLASH -Official Music Video-