ニューリリース

ビッグ・ティンズ

BIG TINGS

2018.04.25

アルバム / VICP-65483

¥2,500+税

オンラインショップで購入アルバム一括ダウンロード

Victor

このサウンドは飼いならせない!
ベンジー・ウェッブ率いる天下無双のUKメタル・バンド、通算7作目をドロップ!
メロディアスに跳ねるヴォーカルが生々しいロック・グルーヴに乗り、唯一無二の音が炸裂する!

ゲスト: フィル・キャンベル(MOTORHEAD)

●日本先行発売
●日本盤ボーナス・トラック1曲収録

01

ビッグ・ティンズ

ダウンロード購入
BIG TINGS
02

ザッツ・マイ・ジャム

ダウンロード購入
THAT'S MY JAM
03

マシーン(ft. ゲイリー・ストリンガー)

ダウンロード購入
MACHINE (FT. GARY STRINGER)
04

ラスト・チャンス

ダウンロード購入
LAST CHANCE
05

テル・ミー

ダウンロード購入
TELL ME
06

ラウド・アンド・クリアー

ダウンロード購入
LOUD AND CLEAR
07

アライヴ

ダウンロード購入
ALIVE
08

オール・ディス・タイム

ダウンロード購入
ALL THIS TIME
09

ブロークン・グラス

ダウンロード購入
BROKEN GLASS
10

セイイング・イット・ナウ

ダウンロード購入
SAYING IT NOW
11

悪魔払い

CHASE THE DEVIL

Tr.11: 日本盤ボーナス・トラック


ドレッドヘアーと巨漢が一際目立つ黒人シンガー、ベンジー・ウェッブを中心に結成された、メタルとパンク、そしてレゲエをミックスさせたメタルの絶対的王者SKINDREDが、通算7作目「BIG TINGS」をドロップ。

■フィル・キャンベルがゲスト参加
リード・トラックの“Machine (ft. Gary Stringer)”には、MOTORHEADのフィル・キャンベルがギター・ソロで参加している。また、同曲のタイトルにもあるとおり、人気UKロック・バンドREEFのゲイリー・ストリンガー(vo)をフィーチュアし、ベンジーとヴォーカルを分け合っている。なお、この曲は、英国のQuest TVで放映されているAC/DCのブライアン・ジョンソン(vo)が司会を務めるテレビ番組『Cars That Rock』の3rdシリーズのイントロ/アウトロ・テーマとしても使用されている。

■ピーター・ガブリエルのスタジオで録音
本作のレコーディングは、英国はウィルトシャー州にある元GENESISのピーター・ガブリエル(vo)により設立されたReal World Studiosにて行なわれた。ピーターが、水辺が近くにあることを重要な条件のひとつとして探した場所なだけに、バイブルック川のそばにある自然に囲まれたのどかな土地という、喧騒から離れた環境でのレコーディングとなった。

■5人組から4人組に
前作「VOLUME」では、ライヴやアルバムでバンドをサポートしてきたダン・ステージェス(DJ/Programming)が正式加入したが、2017年にダンが脱退。バンドは4人編成に戻った。DJやプログラミング担当のダンの脱退もあってか、“Machine (ft. Gary Stringer)”にも表れているように、本作は生のロック・サウンドの要素が前作にも増して盛り込まれている。

■ボーナス・トラックはレゲエの名曲
日本盤のみ、“Chase The Devil”なる曲がボーナス・トラックとして収録されている。この曲は、1976年にジャマイカ出身のレゲエ歌手、マックス・ロメオが発表した有名曲のカヴァーだ。

■前作発表後、2度来日
『SUMMER SONIC 08』での初めて日本の地を踏んで以来、実に頻繁に来日しているSKINDRED。『PUNKSPRING 2015』へも出演してきた彼らだが、前作「VOLUME」(2015年)発表後、2度も日本にやってきている。1度目は、親交のある日本のCROSSFAITHが主催するイベント『ACROSS THE FUTURE』で2016年2月に。そして2度目は、2017年10月にメタル・フェスティヴァル『LOUD PARK 17』で。こうして、様々なタイプのイベントやフェスティヴァルに出演できる音楽性のふり幅の広さがも、SKINDREDの強みである。

PAGE TOP

最近の作品

ビッグ・ティンズ

アルバム

2018.04.25

ヴォリューム

アルバム

2015.11.25

-0:00