トム・トム・クラブ

TOM TOM CLUB

トム・トム・クラブ
トム・トム・クラブ
  1. トップページ
  2. アーティスト | 洋楽
  3. トム・トム・クラブ

ファンキー、ポップ、カラフル!クリスとティナの最強リズム・ドライビング・フォースに乗って21世紀のトムトム・ダウンタウン・ロック・ワールド全開!★★★★★  ― 中西俊夫

  1. 01

    ダウンタウン・ロッカーズ DOWNTOWN ROCKERS

  2. 02

    ウォント・ギヴ・ユー・アップ WON'T GIVE YOU UP

  3. 03

    あなたはロックンロール YOU MAKE ME ROCK AND ROLL

  4. 04

    アントニオにキッス! KISSIN' ANTONIO

  5. 05

    スウィーツ・トゥ・ザ・スウィート SWEETS TO THE SWEET

  6. 06

    ダウンタウン・ロッカーズ〔エド・ステイサム・イー・ダブ・ミックス〕 DOWNTOWN ROCKERS [ED STASIUM E-DUB MIX]

  7. 07

    ダウンタウン・ロッカーズ〔アーサー・ベイカー・スーパースターDJ・ミックス〕 DOWNTOWN ROCKERS [ARTHUR BAKER SUPERSTAR DJ MIX]

  8. 08

    アントニオにキッス!〔エントロ&ジンセン・ショート・ミックス〕 KISSIN' ANTONIO [ENTRO & GINSENG SHORT MIX]

  9. 09

    アントニオにキッス!〔DJラテン・ビットマン・ミックス〕 KISSIN' ANTONIO [DJ LATIN BITMAN MIX]

  10. 10

    恋のカセット・テープ LOVE TAPE

  11. 11

    ウォント・ギヴ・ユー・アップ〔インストゥルメンタル〕 WON'T GIVE YOU UP [INSTRUMENTAL]

  12. 12

    あなたはロックンロール〔インストゥルメンタル〕 YOU MAKE ME ROCK AND ROLL [INSTRUMENTAL]

  13. 13

    アントニオにキッス!〔インストゥルメンタル〕 KISSIN' ANTONIO [INSTRUMENTAL]

  14. 14

    スウィーツ・トゥ・ザ・スウィート〔インストゥルメンタル〕 SWEETS TO THE SWEET [INSTRUMENTAL]

  15. 15

    ダウンタウン・ロッカーズ〔インストゥルメンタル〕 DOWNTOWN ROCKERS [INSTRUMENTAL]

------------------------------------------------------------------
トーキング・ヘッズの音楽を強烈に特徴づけていたのは、クリスのシンプルなようで奥の深いドラム・プレイと、ちょっと他に例をみないティナの奇妙なベースラインだった。
彼ら率いるトム・トム・クラブの素晴らしさは「遊びに本気になれる」こと。実に気持ちよく身軽なのだ。そんな彼らの真骨頂が存分に味わえる、見事な新作!

伊藤英嗣
クッキーシーン編集長
------------------------------------------------------------------


【Special Japan Edition】
・日本盤ライナー・ノーツ 中西俊夫
・日本盤ボーナス・トラック 6トラック収録
・紙ジャケット ・ ポスター仕様ブックレット
・初回生産分のみオリジナルTシャツが当たる応募券付

■ロック、ファンク、ラテン、ディスコ、エレクトロなど、トーキング・ヘッズ~トム・トム・クラブのさまざまな音楽要素がごった煮となった、まさにゴッドファーザー・オブ・EDM、ゴッドマザー・オブ・踊るロックともいうべきダンス・ロック・アルバム。
音数の少ないシンプルなトラックとポップでキャッチーなメロディーが聴けば聴くほどクセになる、味のある作品。

■クリス・フランツいわく、「今回は、バンドでジャム・セッションしながら曲を仕上げていったんだ。トーキング・ヘッズの「Remain In Light」の時と同じようにね。他のメンバーにはこれだけ伝えたんだ。「シンプルに、音のすき間をいっぱい入れてやろう。ブッカーT&ザ・MGズみたいに。」ってね」

■タイトル・トラック「ダウンタウン・ロッカーズ」は、歌詞の中にヴェルヴェット・アンダーグラウンドやラモーンズ、ニューヨーク・ドールズ、パティ・スミス、テレヴィジョン、ブロンディーなど、ニューヨークを拠点に活動したバンドが多数登場。ニューヨーク・アンダーグラウンド・シーンへの愛を高らかに歌い上げたダウンタウン・ロッカーズ讃歌。
当時の映像を多数使用し、デボラ・ハリー(ブロンディー)とリチャード・ヘルがゲスト出演したミュージック・ビデオは必見!

■トーキング・ヘッズをプロデュースしたエド・ステイサムと、トム・トム・クラブをプロデュースしたアーサー・ベイカーの両巨匠によるまったく異なるアプローチの「ダウンタウン・ロッカーズ」リミックス競演は必聴!

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー

VIDEO ビデオ

SHARE