キコ・ルーレイロ
KIKO LOUREIRO

オープン・ソース OPEN SOURCE

2020.07.22
アルバム / VICP-65566
¥2,600+税
Victor

ブラジルが生んだギター・ヒーロー、最新ソロ・アルバム。
コンテンポラリー、ブラジリアン、フュージョンなどを飲み込んだ超絶技巧メタル・ギター・インストゥルメンタル。

日本盤ボーナス・トラック3曲収録

レコーディング・ミュージシャン:フェリッペ・アンドレオーリ(b) / ブルーノ・ヴァウヴェルデ(ds) ※どちらも現ANGRA
ゲスト:マーティ・フリードマン(g)

  1. 01

    オーヴァーフロウ OVERFLOW

  2. 02

    EDM(Eディペンデント・マインド) EDM (E-DEPENDENT MIND)

  3. 03

    イミネント・スレット IMMINENT THREAT

  4. 04

    リキッド・タイムズ LIQUID TIMES

  5. 05

    セルタオ SERTAO

  6. 06

    ヴァイタル・サインズ VITAL SIGNS

  7. 07

    ドリームライク DREAMLIKE

  8. 08

    ブラック・アイス BLACK ICE

  9. 09

    イン・モーション IN MOTION

  10. 10

    ランニング・ウィズ・ザ・ブルズ RUNNING WITH THE BULLS

  11. 11

    デュ・モンド DU MONDE

  12. 12

    オーヴァーフロウ〔バッキング・トラック〕 OVERFLOW [BACKING TRACK]

  13. 13

    イミネント・スレット〔バッキング・トラック〕 IMMINENT THREAT [BACKING TRACK]

  14. 14

    デュ・モンド〔バッキング・トラック〕 DU MONDE [BACKING TRACK]

Tr.12~14: 日本盤ボーナス・トラック


ブラジルが生んだギター・ヒーロー=キコ・ルーレイロが、前作『SOUNDS OF INNOCENCE』以来、8年ぶりのソロ・アルバムを完成させた。ANGRAを脱退して2015年にMEGADETHに加入後、初のソロ作品である。

■マーティ・フリードマンがゲスト参加
収録曲のひとつ、”Imminent Threat”では、ゲスト・ギタリストとしてマーティ・フリードマンがソロを弾いている。

■リズム隊は現ANGRA
前作『SOUNDS OF INNOCENCE』では、ベーシストに現ANGRAのフェリッペ・アンドレオーリ、ドラマーに名手ヴァージル・ドナティ(ds)をリズム隊に迎えてレコーディングに臨んだが、本作ではフェリッペはそのままに、ドラマーは現ANGRAの若手実力派ブルーノ・ヴァウヴェルデにチェンジ。コンテンポラリー、ブラジリアン、フュージョンなどを飲み込んだ超絶技巧ヘヴィ・メタル・ギター・インストゥルメンタル。

■ミックスは才能ある若手
本作のミックスは、アダム・‟ノリ―”・ゲットグッドが担当。ジェントの人気を世界に広めたPERIPHERYの元ベーシスト/ギタリストで、エンジニアとしても、PERIPHERYの作品はもちろん、DEVIN TOWNSENDやSIKTH、ANIMALS AS LEADERSといったテクニカルなギターを擁するサウンドが魅力のバンドの作品で、その力を発揮している。

SHARE マイアーティスト
メール登録

DISCOGRAPHY ディスコグラフィー