PROFILE プロフィール

1929年(昭和4年) 5月6日、北海道の小樽市に9人兄弟の末っ子として生まれる。
終戦後、兄が進駐軍の通訳をしていた関係で多くの米兵が彼女の実家を訪れるようになり、その米兵達を通じてアメリカン・ポピュラーソングに興味を持つようになる。
1948年初めに上京。同年4月、角田孝(g)シックスの専属ヴォーカリストとしてデビューし東京での活動を開始。
1950年1月には角田孝とともにレイモンド・コンデ(cl)がリーダーのゲイ・セプテットに参加。日本最高のジャズバンドの花形ヴォーカリストとなる。以降『スイング・ジャーナル・オールスターズ選出記念コンサート』(52年6月、東京日比谷公会堂)、『ジャズ・アット・ザ・アサヒ(JATA)』(大阪朝日講堂、53年6月)、『トニー谷ボードビルとジャズ』(東京日比谷公会堂、53年7月)、『後楽園ジャズの祭典』(東京後楽園競輪場、53年8月)をはじめとするコンサートに出演。
米軍に知合いが多く、米軍クラブにも出演。
ラジオ東京の『味の素ミュージックレストラン』のほか、NHKの『リズムパレード』『食後の音楽』『日曜のリズム』といったラジオ番組にも盛んに出演する。この時期日本ビクターにレコーディングを行う。
1955年7月25日、浅草の国際劇場にて渡米記念ショウを行った後、2日後の27日、羽田空港からアメリカに向けて旅立つ。ハワイ経由でロスアンジェルスに到着。クラブで歌うかたわら、『ジョセフィン・ベイカー・ショウ』やユニヴァーサル映画『インターナショナル・レヴュー』に出演。『テネシー・アーニー・フォード・ショウ』、アーサー・ゴッドフリーの『タレント・スカウト・ショウ』、『アーサー・ゴッドフリー・アンド・ヒズ・フレンズ』などを通じて有名になっていく。
1957年のワーナー・ブラザーズ映画『サヨナラ』(ジョシュア・ローガン監督、マーロン・ブランド主演)に出演。“かつみ”という役を演じ、見事アカデミー助演女優賞を受賞。東洋人としては初のオスカーを手にする。
遂にはジェリー・ルイスが主演映画の『ゲイシャ・ボーイ』に5万ドルの報酬で迎え入れるなど、成功への道を歩んでいく。
ブロードウェイ・ミュージカル『フラワー・ドラム・ソング』の主役メイ・リーの役も獲得。タイム誌等で絶讃され、1961年に映画化される際にも、主役を務める。
その後は10数本以上の映画に出演するとともに、テレビのゴールデン番組や多くの雑誌で紹介されるなど一流スターとしての道を歩んだ。

SHARE

VICTOR’S INFORMATION
ビクターエンタテインメント情報

NEW RELEASE ニューリリース

TOPICS トピックス

PLAYLIST プレイリスト

SNS ビクターエンタテインメント公式SNS

Twitterアカウント
Facebookアカウント
  • LINE
  • LIVE
  • LINE

VIDEO ビデオ


桑田佳祐 & The Pin Boys

レッツゴーボウリング(Full ver.)


山内惠介

唇スカーレット MUSIC VIDEO